ふらり散歩〜秋の森林植物園〜

先日用事で出かけた午後、ふと「紅葉見たい!」と思い立ち、神戸市立森林植物園に行ってきました。

前回訪れたのは初夏だったので、随分木々の雰囲気が変化しているんだろうな・・・と思っていたら、やっぱり!

到着すると、植物園の入り口付近はすっかり秋色に変わっていました。


iPhoneにて撮影

セコイヤの木も太陽の光が当たって黄金色ですよー!きれいですねー。

では早速、秋の散歩に出発です!

到着した時間は、午後2時半ごろ。秋ということもあり太陽の光はずいぶん低い位置にありました。この分だと、きっと木陰は寒いに違いない・・なんて思いながら歩いていきました。

ところが、さほど寒くはなかったのです。風もほとんどなく歩きやすかった!そして春や夏とは違う雰囲気が、とても神秘的でした。

今回の散歩では上を見上げることが多く、どこを見ても色づいた木々がきれいで(あと1週間ほど早ければもっときれいだったはず・・)圧倒されました。

葉っぱが色づくだけで、全く雰囲気が変わるんですね。自然っておもしろいです。

さて、こちらは植物園の奥にある『青葉トンネル』。全長約90mのトンネルですが、自分の足音や声が響くのでなかなか歩くのが楽しいのですよ。

そしてこのライト!実は色が変わるLEDライトで、夏の暑い季節はブルー系の寒色、冬の寒い季節は暖色でトンネルを照らしているんですって。

ちょっと幻想的だと思いませんか?

植物園には、紅葉しない常緑樹もあります。こちらも色は緑だけれど、どことなく冬色になっていました。

訪れた日は、秋らしい空で木々との境目もきれいでした。秋の空って青が濃くていいですね。

花が咲いていたときはいい香りを放っていた『コアジサイ』も、ほとんどが枯れて落ちてしまっていましたが、少し残っているものもありましたよ。

そのまま歩き続けると、次は『秋草の小径』です。

ススキも光が当たって、とてもきれいでした。こうして季節を感じられるのは、やっぱりいいものですね。

どこを向いても、赤や黄色や緑できれい。空気もきれいで、ただ歩いているだけなのに癒されます。歩きながらなんども深呼吸してしまいましたよ(笑)。

私が歩いたところで、唯一花が咲いていたのはサザンカでした。

鮮やかなピンクがかわいいですよね。もっと寒くなると、椿も咲き出すのかな?

そして最後は、もみじ巡りです。

この森林植物園には38種類約3,000本のもみじの木があり、11月末まではライトアップ(世界の森〜もみじ散策と森のライトアップ〜開催中)もされて見応え十分なのです。

残念ながら時間がなく、ライトアップは見れませんでしたがとてもきれいでした。

もみじも終盤なので絨毯の色は少し色あせていますが、それでも歩くとシャクシャクと音が鳴っていい感じでした(笑)。

そして、駐車場そばのメタセコイヤ並木がまた美しく・・・。(人が居たので写らないように撮ってみました)

写真は並木道の左側です。右側にもメタセコイヤがずらっと奥まで並んでいます。きれいなオレンジになっていますよねー!

そして、ここも夜はライトアップされるんですよーーー!絶対きれいですよねーー!見たかった(苦笑)。

来年は、もう少し早めに出かけて見ごろを逃さないようにしたいです。そしてライトアップも実際に見てみたいな・・・なんて思いながら帰りました。

次はいつ訪れるか決めていませんが、きっとまた違う顔を見せてくれるはず。今からちょっと楽しみです。

>>春を満喫!森林植物園で過ごす午後
>>初夏の散歩日記〜写真で綴る森林植物園

 

こちらの記事もどうぞ!