コストコに“ボンヌママン マロンクリーム”が新登場!

コストコのジャム類がズラッと並んでいるところを通ると、ふと目に止まったボンヌママンの瓶。あれ?色が違う?と思い、近づいてみると・・・

マロンクリームでした!

ボンヌママン マロンクリーム 750g 899円(税込)

マロン好きとしては、買わずにはいられない(笑)。

今までは、確かコストコで見かけるボンヌママンのジャムは、ストロベリー・ブルーベリー・マーマレードだけだったと思うんですよね。なので、マロンクリームは初めてじゃないかと思います。

ボンヌママンって?

誰もが知っている赤白チェックが有名すぎるボンヌママンですが、私がはじめて知ったころは、今のようにご近所スーパーで見かけることはほとんどありませんでした。でも、1度見たら忘れられないチェック模様は、旅行先のホテルの朝食で見かけたりすると、なんだかうれしかった記憶があります。

ところで、ボンヌママンが誕生したのは、かれこれ45年ほど前の1971年。Andros社(フランス)のオリジナルブランドとして世に送り出されました。今では世界中で愛されるフランスを代表するジャムブランドとなっています。

ボンヌママンの製品は、すべて100%天然成分グルテンフリー。原材料には防腐剤・添加物・コーンシロップ・亜硫酸塩を含まず、いたってシンプルに作れれています。またHACCP(ハサップ)を導入して製造施設を管理し、コーシャ認証(ユダヤ教適正食事規定認定製品)も受けています。つまり、安心して口にすることができる製品なのです。

HACCPについてはこちらで。
>>コストコ“クリストファーランチのにんにく”を無駄なく使う。フライドガーリック作り

どんな味?

まずは、どんなクリームなのかをチェックです。私がいつもモンブラン作りに使っているサバトンと違うんでしょうか?

>>秋はやっぱり栗スイーツ!“簡単モンブラン”の作り方

いい色ーー(笑)!

このマロンクリームの原材料は砂糖・栗・バニラ香料のみ。海外産は渋皮を使ったものが多いですよね。だから茶色い。

すくってみるとこんな感じ。つやっつやですよねー!当然クリームなので、固まることなくソフトな状態なので、寒い季節でも問題なくパンに塗ることができます。

お味の方は・・・

 

適度な甘さなのに濃厚でおいしい! 

 

余計なものが入っていないので、シンプルに栗の味が楽しめます。サバトンと変らないおいしさです(サバトンもおいしいの)。

ということで、これでモンブランクリームを作ったらおいしいに違いない!!と、早速作ってみました。

ケーキ用ではないので、生クリームとマロンクリームを1:1で。たーーっぷりとパンケーキに添えてアクセントにシナモンを少々ふりかけてみました。

ああ、見ているだけで幸せな気分になる(笑)。

でも!今は糖質をなるべく控えたいので、ひと口だけ食べたあとは家族にバトンタッチしましたよ。でもやっぱり自分で作ってあまり食べられないのは辛いことで、脂質も糖質制限も早々に挫折しそうです・・・(苦笑)。

>>毎日のごはんを手軽にカロリーOFF!“こんにゃく米”を食べてみた

この1:1で混ぜたクリームは、見た目はほんのり色がついたくらいですが、味はしっかり『栗』でおいしく食べられました。なので、クリスマスのケーキ作りに少し隠し味として使っても、モンブランケーキとして利用しても、おいしいケーキに仕上がると思います。

いろいろと活躍してくれそうなので、ビッグサイズでも使い切れると思いますよ!みなさんもぜひ。

 

おすすめ度:★★★★☆

 

こちらの記事もどうぞ!