手間なし!カークランドシグネチャー“チョコレートチップ”で濃厚ブラウニー

以前ご紹介した『超簡単半生チョコケーキ』のレシピのように、今日は負けず劣らず簡単に作れるブラウニーを焼いてみました。

>>コストコ“チョコレートチップ”で超簡単半生チョコケーキ

半生ケーキと違う点は、小麦粉を使うところと卵を泡立てないところ。あっという間に焼けるケーキなのです。

一般的なブラウニーはくるみ入りのイメージがありますが、家族からくるみなしでとリクエストされたので、今回は入れていません。

ブラウニーって?

ところで、ブラウニーがチョコレートケーキというのは有名ですよね。でも、同じチョコレートケーキの代表『ガトーショコラ』との違いは知らないという人も多いはず・・・というわけで、ちょっとご説明。

中でも、完全に違うところは卵の使い方です。

  • ガトーショコラ・・・卵を卵黄と卵白にわけ、卵白をメレンゲに。そのため、生地はふんわりと仕上がります。
  • ブラウニー・・・卵を全卵のまま混ぜて使用。しっとりしているけれど、どちらかと言うと生地は詰まっていて固めです。

そして、もうひとつ!ガトーショコラはフォークを使って食べるのが一般的ですが、ブラウニーは手で持って食べるのが一般的。よりカジュアルなケーキと言えますね。

>ガトーショコラの焼き方はこちら。
>>特別な日にダブルチョコケーキはいかが?

さて、そのカジュアルなブラウニーが生まれたのは、100年以上前(1890年代)のアメリカ。はじめは、トッピングにくるみとアプリコットのグレーズがかけられていたようですが、その後少しずつレシピが変化し、現在のような甘くて濃厚なチョコレートケーキとなったようです。

とにかく、ブラウニーの魅力は、ぐるぐる混ぜるだけで作ることができ、しかも平らに焼くため時間もかからないところです!!

まさにお手軽ケーキですよね(笑)。

アレンジとしては、ナッツのトッピング以外に、チョコレートチップを入れたりアイシングをしたり、食べるときにブラウニーを温めてアイスを添えたりといろいろです。

要は、好きな食べ方でOKってことです。

というわけで、今回はくるみの代わりにチョコレートチップをたっぷりトッピングして作りました(笑)。

材料(30×30cmの天板1枚分)

チョコレートチップ・・・200g

無塩バター・・・100g

薄力粉・・・80g

グラニュー糖・・・80g

牛乳・・・20g

卵2個

  1. 耐熱容器にチョコレートチップ150gと牛乳を入れて、500wレンジで約1分半加熱します。スプーンなどを使って混ぜ、チョコレートを完全に溶かします。
  2. チョコレートが熱いうちにサイコロ状にカットしたバターも加えて混ぜ、バターをしっかりと溶かします。(溶けにくい場合は、10秒ずつさらにレンジ加熱してください)
  3. オーブンを180℃に予熱開始。
  4. ボールに卵とグラニュー糖を入れてよく混ぜます。
  5. そこに、溶かしたチョコレートも加えてぐるぐると混ぜます。ここで、ブランデーなどを小さじ1くらい加えてもOK。お好みでどうぞ。
  6. 次に薄力粉を振るいながら加え、ゴムベラを使って切るように混ぜます。
  7. オーブンペーパーを敷いた天板に流し入れ、表面を平らに広げます。
  8. 残りのチョコレートチップ50gを全体にトッピングしてからオーブンに入れ、15分焼けば完成です。

生地は、天板に流し入れてもあまり広がらないくらい固めですが、ゴムベラなどを使って均一に伸ばしてください。

完全に冷めたら好みのサイズにカット、厚みが約1cmほどのブラウニーが25枚ほどできます。

ブラウニーもパウンドケーキと同様、1日置いた方が味が馴染みしっとりとしたケーキになりますよ。

ぜひ作ってみてください。

コストコに行けないひとは、楽天で購入可能です。
>>カークランド チョコレートチップ 2.04kg(要冷蔵)

 

こちらの記事もどうぞ!