使いやすいと評判!コストコで買える“カット ぶなしめじ”でなめ茸風

野菜を食材宅配サービス『らでぃっしゅぼーや』でお願いしている我が家ですが、ぱれっとのしきさいだけではちょっと足りません。

>>らでぃっしゅぼーやの新ぱれっと“しきさい”が届きました

かと言って、らでぃっしゅぼーやの野菜を単品で追加購入しているかというと、そうでもない(笑)。それに、以前は大地宅配の単品野菜を頼んでいたけれど、今はそれもあまりない(笑)。

というのも、コストコに通うようになってから、海外産の野菜や国産の大量野菜などを購入するようになったからです。もちろん、らでぃっしゅぼーやと同じような採れたて有機野菜というわけではないので、すべてが『優秀野菜』とは思わないのですが、それでも十分おいしいので。それに、1度購入するとしばらくもつのが有りがたいのです(笑)。

さて、コストコの巨大冷蔵庫には、ブラウンマッシュルームやえのき茸、ぶなしめじなどのきのこ類も揃っています。その中で、我が家がなくなると必ず購入するものが『カットぶなしめじ』。バラした状態で真空パックされているので、使いやすくて気に入ってます!

長野県産 カットぶなしめじ 500g 399円(税込)

そもそもきのこの石づきって、どこまでが石づきなのかわかりにくいですよね?なので、若いころはかなりアバウトにカットしていましたよ。特に舞茸なんて全部食べられそうで・・・(笑)。

でも、だんだんわかってくるもので、触って硬い部分は石づき、やわらかければ食べられると判断し、今では何も気にせずに処理ができるようになりました。まあ、この年齢だとできて当然かも知れませんけど(笑)。

それでも、こういうすでにカットされたものは便利なので大好きです。

しめじの栄養

ところで、昔からバランスの良い食事をまごわやさしいと言うように、きのこ類には栄養がたくさん詰まっているので、しっかりと食べたい食材だと言われています。

まごわやさしい
  • ま=豆類
  • ご=ごまなどのナッツ類
  • わ=わかめなどの海藻類
  • や=野菜
  • さ=魚類
  • し=椎茸などのきのこ類
  • い=いも類

しめじに関して言えば、カルシウムの吸収率を上げるビタミンDビタミンB1・B2・ナイアシンなどを含み、また、必須アミノ酸のひとつで食品から補う必要のあるリジンまで含むすばらしいきのこなんですよ。

なので、積極的に食べなくちゃ!

ごはんのお供

というわけで、今日はカットされた便利なぶなしめじを使ったひと品『なめ茸風しめじ』を作りたいと思います。

なめ茸と言えばえのき茸が定番ですが、ぷるんとした歯応えのあるしめじで作ると、これがなかなかイケるのです(笑)。

それではレシピをどうぞ。

材料(作りやすい量)

ぶなしめじ・・・150g

酒・・・大さじ1と1/2

みりん・・・大さじ1

醤油・・・大さじ1

  1. 鍋にぶなしめじと酒を入れて火にかけ、木べらで混ぜます。
  2. 全体に酒が行き渡ったら、みりんと醤油も加えて弱めの中火で炒めます。
  3. 焦げないように注意しながら、水分がなくなり照りが出るまで炒めれば完成。

超簡単だけれど、ごはんが進むおかずですよ。

お好みでラー油を加えたり、刻み海苔を加えてもおいしいです。もう一品欲しいなと思ったときに、ぜひ。

それから、残りのぶなしめじの保存ですが、おすすめはやはり冷凍です。旨味もアップして最後までおいしく食べられるし、椎茸やえのき茸などとミックスして冷凍しておけば、さらに便利に使えますよ!

おすすめ度:★★★★☆