ごぼうの旬は冬!まずは定番のきんぴらごぼうを作ろう

ごぼうは食物繊維が豊富! なのでダイエットやお腹の調子を整えたいと思っている女性に人気の食材です。私も旬の冬にはよく食べています。

今日は、ごぼうの定番料理きんぴらごぼう』をご紹介します。照りよくおいしそうに仕上げるには、調味料にみりんを使いきちんと水分を飛ばすまで炒めることです。

砂糖や酒などいろんな調味料を入れても作れますが、簡単に作るには基本の配合を覚えてしまうことが大事です。

醤油:みりん:水 = 1:1:2

これを覚えておくと、色々なアレンジに使えるので忘れないでください。

野菜は健康を考えると積極的に摂りたいものです。ごぼうはきれいに洗ったり切ったりと少し手間はかかりますが、風邪を予防するポリフェノールが豊富なので、旬の冬にはしっかり食べたいですね!

>>おすすめ調味料はこちら。

レシピ

きんぴらごぼう

材料(2人分)

  • ごぼう・・・1本
  • 鷹の爪・・・1本
  • 醤油・・・大さじ1
  • みりん・・・大さじ1
  • 水・・・大さじ2
  • 炒りごま・・・小さじ1(なくてもOK)

作り方

  1. ごぼうは土を落とし、表面をきれいに洗います。無農薬の場合は皮付きのまま、そうでなければこそげ落としてください。切り方は細切りでもささがきでもどちらでもお好みで。
  2. 全て切ったらさっと水にさらしてアク抜きをします。あまりさらし過ぎると栄養分が抜けてしまうのでさっとゆすぐ感じでOKです。(きれいな色で仕上げたいなら酢水にしばらくつけます)
  3. フライパンにごま油と鷹の爪を入れて火にかけ、香りが立ったらごぼうを加えます。
  4. 全体に油が馴染んだら醤油・みりん・水を加え、水分がなくなるまで炒めます。器に盛って炒りごまをふりかければ完成です。

    メモ:皮に多くの旨味が含まれるので、なるべく皮付きでどうぞ。

きんぴらごぼう
\follow me!/