コストコ店頭入荷前に買っちゃった!“チョコデリス ベルギーチョコレートボックス”

今月最初のコストコからのメルマガで見かけた『チョコレートボックス』、実は早々にオンラインで注文していました。店頭入荷を待ちきれなかったーー(笑)。

チョコボックス

chocolaterie Ickx(イクス・チョコデリス) ベルギーチョコレートボックス 3段(490g) 2,498円(税込・オンライン価格・20201年2月)

この『チョコレートボックス』は、我が家で大好評だったイクス(チョコデリス)の商品です! あのキュートな『カップケーキチョコレート』と同じものですよ〜。

箱を開ける前から、テンション上がります(笑)。

どんなもの?

ボックス3段には、それぞれ違う種類のチョコレートが入っています。『タワー オブ トリート』のように、それぞれ違った種類のお菓子が入っているというわけではありません。

three boxes

 

セットの内容

  • デザートチョコレート・・・4個
  • チーズケーキチョコレート・・・10個
  • カップケーキチョコレート・・・16個

 

入っている総数は30個。単純に計算すると1個83円なので、『カップケーキチョコレート』の1個単価よりもお高めとなっています。

デリスチョコ全て

恐らく原因はギフト仕様になっているからだと思いますが、食べ終わってからも箱をリユースできることを考えると妥当なところかと思います。

1. デザートチョコレート

デザートチョコ

上段の小さいボックスには、4個の『デザートチョコレート』が入っています。

フレーバーは右上から時計回りに、チョコレートムース・ティラミス・クレームブリュレ・クッキードウです。

1段目チョコ

イクス(チョコデリス)のチョコレートは、どれもトッピングしているものが多いんですけど、これもそれぞれ違うものがトッピングされていますよね。

1番奥の『チョコレートムース』には、恐らくカカオニブがトッピングされていると思います。

残念ながら、このボックスは家族が独占したため断面及び味についての感想は書けません〜(苦笑)。クッキードウが気になっていたのになぁ、やっぱりあの『クッキードウ』のように生のクッキー生地が入っているんだろうか??

 

原材料(デザートチョコレート)

砂糖・ココアバター・カカオマス・全粉乳・植物油脂・ぶどう糖シロップ・脱脂粉乳・クリーム・転化糖・メープルシロップ・サトウキビ・転化糖シロップ・乳脂肪・カカオニブ・ホエイパウダー・小麦粉・乳糖・コーヒー抽出物・食塩・卵黄粉末(卵を含む)・カラメルシュガーシロップ・ブランデー・ヘーゼルナッツ・濃縮バター・ぶどう糖果糖液糖・大麦麦芽・バニラエキス/安定剤(グリセリン)・酒精・乳化剤(大豆由来)・香料・膨張剤・pH調整剤

 

2. チーズケーキチョコレート

チーズケーキチョコ

見るからにケーキとわかる形をしていますよね。とってもかわいいです。

フレーバーは、上段左からラズベリー・バニラチーズケーキ。下段左からレモン・ストロベリーチーズケーキです。

ケーキチョコアップ

薄いケーキ型のチョコレートカップに、たっぷりとフィリングが入れられいるチョコレート。どれも凝っていますよね〜。

断面

断面はこんな感じ。それぞれフレーバーの特徴が出ている色となっています。レモンは薄らレモン色だし、バニラはバニラらしく真っ白です(笑)。

 

原材料

砂糖・ココアバター・植物油脂・全粉乳・カカオマス・乳脂肪・いちご・脱脂粉乳・小麦でん粉・オレンジピール顆粒/香料・乳化剤(大豆由来)・着色料(濃縮にんじん・濃縮ビーツ・濃縮赤唐辛子)

 

3. カップケーキチョコレート

カップケーキチョコ

何度見てもかわいい!! リアル過ぎるカップケーキチョコレートは、前回ご紹介した時の6種類のうちの4種類がセットになっています。

フレーバーは左から、ソルテッドキャラメル・カプチーノガナッシュ・ファッジクリーム・ストロベリーフォンダンです。

カップケーキチョコアップ

こちらについては、既に詳細レビュー済みなので割愛しますが、気になる人はこちらでチェックしてください。

4種の断面

 

原材料

砂糖・植物油脂・ココアバター・全粉乳・ぶどう糖シロップ・脱脂粉乳・乳糖・カカオマス・転化糖・ぶどう糖果糖液糖・濃縮バター・クリーム・練乳・ペカンナッツ・転化糖シロップ・いちご・食塩・ぶどう糖・小麦でん粉・卵白粉末(卵を含む)・カラメルシュガーシロップ・バターファット・コーヒー・キャラメル・乳脂肪・濃縮ストロベリージュース・とうもろこしでん粉/安定剤(グリセリン)・乳化剤(大豆由来)・酒精・香料・着色料(濃縮にんじん・濃縮ビーツ・濃縮黒にんじん・濃縮赤唐辛子)・増粘剤(加工でん粉・アルギン酸Na)・pH調整剤

 

どんな味?

カップケーキチョコ

一言で言うと、

 

どれも甘くて濃厚。

 

そして、

 

おいしいです。

 

食べる度に思うんですけど、フィリングが独特のクリーミーさを持ったチョコレートクリームなんですよね。口に入れた瞬間溶け出す感じで、ホイップされたクリームが本当にふわふわとしているのです。

食感も味も文句なし!

但し、続けて食べるとキツイです(苦笑)。甘くて濃厚なので、口の中はダブルパンチを食らったような感じになってしまう。コーヒーや紅茶などと一緒に食べるのがベターです。

先にも書きましたが、今回『デザートチョコレート』のレビューはできませんでしたが、概ね同じ感じのチョコレートだと思います(笑)。

まとめ

バレンタイン直前に登場したイクス(チョコデリス)の『ベルギー チョコレートボックス』は、16種類のフレーバーチョコレートが楽しめるセットです。

リボンがかけられたギフト仕様なのでそのまま誰かにプレゼントすることができ、しかもなかなかの迫力。まだバレンタイン用の準備ができていない人には特におすすめです。

また、3段のボックスはそれぞれデザインが違い、比較的落ち着いた色合いなので、食べ終わった後に小物入れなどにリユースできるのも魅力(しばらく甘い香りは取れないと思いますけど・苦笑)。

かわいいものが好きな人は、きっとこれをプレゼントされたら私のようにテンション上がるはず(笑)。気になる人は店頭もしくはオンラインでチェックしてみてください。

おすすめ度:★★★★☆

チョコボックス