今年もコストコに登場!“Dearfoams (ディアフォームズ)モックトゥ クロッグスリッパ&スカッフスリッパ”

『チョコレートパラダイス』ではないけれど、コストコでは現在『秋冬物アパレルパラダイス』です(笑)!!

つい先日ご紹介した『ベスト』もそうですが、ダウンやフリースのコートやパンツなど、今はかなりの種類が豊富に揃っているんですよー!

32ベスト

コストコの冬物アウターを購入!“32 Degrees HEAT ハイロフトフリースのベスト”

2020-09-09

今年初めて見かけたフリースのコートは、シンプルでサッと羽織れそうでいいなと思ったのですが、既にサイズがなく断念(苦笑)。本格的に寒くなる前に、早々に購入される方も多いんでしょうね〜。購入を検討している人は、早めにチェックしてくださいね!

さて、今日は昨年暮れに息子達用に購入した Dearfoams (ディアフォームズ)の『メンズスリッパ』が、想像以上にくたびれず、毎日履いていたのに形崩れもしていないことから、今年は夫と私用のスリッパも購入することにしました! 早々にTwitterに入荷情報をUPしてくださったサツキさんに感謝。

dearfoamsスリッパ全体

コストコのメンズスリッパ“Dearfoams (ディアフォームズ)マイクロスエード モカシン”

2019-12-25
ディアフォーム箱

Dearfoams (ディアフォームズ) モックトゥ クロッグスリッパ メンズ Lサイズ 1,398円(税込・2020年9月)
スカッフスリッパ レディース Mサイズ 1,298円(税込・2020年9月)

昨年は『エアロソールズ』のスリッパを購入して履いていたのですが、やはりボア部分がくたびれてしまって、2年連続で履くのはちょっと辛い感じだったんですよね。暖かいし軽くて好きだったんですけど、仕方なくチェンジです。

そろそろ冬支度!?コストコのアパレル商品“AEROSOLES(エアロソールズ)レディーススリッパ”

2019-10-14

その代わりに購入した今回のディアフォームズのスリッパは、屋内外で使用できる優れもの(笑)。早速履いてみたら、履き心地は抜群! というわけではなかったけれど、暖かくてフィット感はあったので今年はお世話になるつもりです!

Dearfoams って?

昨年の記事でも触れているので、ざっくりご紹介しますね。

1947年に創業した Dearfoams は、アメリカのルームシューズ専門会社です。世界で初めてフォームクッション入りの洗えるスリッパを開発した会社で、オリジナルの低反発素材『MEMORY FOAM』を使用した履き心地の良いスリッパを製造しています。



その人気は不動で、現在もスリッパ市場全米No.1シェアを誇るブランドなのです。

スリッパの共通した特徴
  • DF Adapt・・・汗をかかない(蒸れない)スリッパ
  • メモリーフォーム・・・低反発フォームを備えたクッション付きインソール
  • アウトソール・・・屋内・屋外で使用可能
  • お手入れ・・・洗濯機使用可能(弱)。平置き自然乾燥

どんなもの?

メンズ モックトゥ クロッグスリッパ

メンズスリッパ

靴に詳しい人はわかると思いますが、このメンズスリッパは『Moc Toe(モックトゥ)』と呼ばれるタイプのもので、モカシン風のU字型にアッパーが縫い合わされているのが特徴です。また、元々は木底の靴のことだった『Clog(クロッグ)』は、今ではつっかけタイプの靴の総称となっています。

つまり、すっぽりと爪先から甲までを覆うモカシン風アッパーと浅いかかとを持つ『つっかけタイプ』のスリッパってことですね(笑)。

コストコに入荷しているものは、恐らく型落ちだと思いますが、本国では今年も同じタイプのものがいくつか販売されていて、どれも『40ドル』ほどしているんですよ!! コストコ安いよ〜〜(笑)。

素材

表地・・・アクリル54%・ポリエステル41%・ウール5%
裏地・・・ポリエステル100%
中底・・・ポリエステル93%・レーヨン7%
底材・・・合成底

ロゴ

サイドには合皮のロゴも付いていて、なかなかのおしゃれ感。

フットベッド

フットベッドにも付いていますよ。



一見洗えなさそうなのに、ちゃんと洗うことができるのは嬉しいですね。しかも洗濯機OKだし!

レディース スカッフスリッパ

スリッパ

モコモコのフェイクファーが付いたレディースのスリッパは、『Scuff(スカッフ)』タイプ。UGG(アグ)にもスカッフと呼ばれるスリッパがあって人気のようですが、要はかかとのない室内履きのことです。

このレディースタイプも恐らく型落ちだと思いますが、ほぼ同じ素材・デザインのものが32〜34ドル程度で販売されていました。やっぱり安いよコストコ(笑)!

前面スリッパ

前面の網目模様はシェニール織(フェイラーのタオルと同じ)に加工されたもので、触り心地がとてもなめらか。ちょっとベルベット風でいい感じですよ。

ファー部分

もちろん、このファー部分もソフトで暖か。でも、フッドベッドのタグはチクッとする時があるので、素足やタイツで履くと邪魔だなーと感じるかも(笑)。

アウトソール

ちなみに、アウトソール部分は分厚くてしっかりとしていて、屋外でも使用できるというのがよくわかります(笑)。

素材

表地・裏地・中底・・・全てポリエステル100%
底材・・・合成底

使用感

実際に、丸1日履いてみました。

その結果は・・・

 

まあまあです。

 

元々足の小さめの私はSサイズなのですが、タイツやソックスを履く冬場はピッタリサイズだとキツくなるのでMサイズをチョイス。

今回素足で履いても比較的ピッタリとフィットしたので、決して履き心地は悪くないんですよ。



ただ、

 

重い!!

 

スリッパにしては、

 

重いのです!!

 

やはり、そこは海外製。

外と同じように室内でも『靴』を履くのが当たり前の国では、気になる重さではないのでしょう。

でも、私には重かった(苦笑)。

おまけに、歩く度にカタカタ足音が鳴る!! これは昨年息子達が履いた時にも思ったことですが、改めて自分で履くと結構気になりました(苦笑)。

やっぱり、そこは海外製〜(笑)。

フローリングだけでなく絨毯が敷かれた家も多いので、あまり気にならないのでしょう。

とは言うものの、折角購入したので今年は履きますよ!! もしかしたら途中で玄関履きにしてしまうかも・・・なレベルですけどね〜(苦笑)。

まとめ

ヘビーに使用しても形崩れしない、しっかりと作られた『ディアフォームズのスリッパ』は、クッション性が高く暖かいスリッパです。

それぞれの素材の質感も良く、肌触りもGOOD。ただ、屋内外で兼用できるという便利な『アウトソール』は若干重めで歩く度に音がなります。



クッションフロアや絨毯では問題ありませんが、やはりフローリングだと音が響きます。慣れれば音自体は気になりませんが、階下に部屋があるマンションでの使用には向かないかも知れません。

デザイン的にスリッパとしては洗練されているので、家の中でもおしゃれに快適に過ごしたい人にはおすすめですが、実用性重視の人にはあまりおすすめしないかな。

音については、クロックスのクラシッククロッグを家の中で履いている感じをイメージしてもらうとわかりやすいかも。

ということで、現在まだ入荷して間もないためサイズもカラーも勢揃い中(笑)。気になる人は早めにチェックしてくださいね。カラーは全て覚えていないのですが、メンズはグレー・ブラック、レディースはピンク・グレーがあったと思います。

ちなみに、夫は履き心地は悪くないよと言っていたので、今回のおすすめ度評価は主にレディースということで(笑)。

おすすめ度:★★★☆☆

 

ディアフォーム箱