お正月の準備を少しずつ

 

息子達が成長すると、だんだんクリスマスのプレゼントで悩むこともなくなりちょっぴり静かな年末を過ごすようになりました。

一応クリスマスにプレゼントは贈りますが、本人達の希望するものを準備するので『サンタのふり』をする必要がなくあっさりしたものです。

それでも小さい頃の習慣は息子達には当たり前のこととなっているので、クリスマスツリーを出したり、リースをかけたり、クリスマス当日にはケーキを食べたりということは「絶対しよう」と言います。

今年はツリーを出さなくちゃと思いつつぐずぐずしていると、息子が出したら飾り付けするからと。なので、ツリー本体だけ出してあとはお任せしました。

毎年成長する息子達、背も高くなるのは当然で、「むかし抱っこしてもらって1番上のスターをつけたのにー!」と懐かしがっていました。

そのうち自分の子供ができたら、「昔やったー」とさらに懐かしがるんでしょうね(笑)。

 

手作りポチ袋

 

クリスマスのお祝いもそうだけど、「あと何回お年玉あげるのかなー?」と最近思うんですよね。

社会人になったらさすがに必要ないだろうし・・・。そう思ったら何でも手をかけたくなってきて(子供が小さい頃は楽しようと努力していたのに!)、今年はポチ袋を手作りしました。

と言っても、なんてことはない何十年も前に買った便箋で折っただけの袋なんですけど。

 

f:id:miocane:20160407101025j:plain

 

市販の干支がついたポチ袋もかわいくて好きなんですけど、今年はシンプルで行きます。

自分の子供や親戚の子達に渡す『お年玉』。中の金額もだんだん上がってきて大変になってきますが、子供達がすごく楽しみにしていることなので、私達大人も渡すことを一緒に楽しみたいものです。

そうそう、今年のクリスマスは19年に1度の満月クリスマスらしいですね。見えるといいなー。