わかりやすいマニュアルと手軽さが魅力!DIDYCO(ディディコ)の“国産熟成ぬか床セット”

以前ご紹介した大地宅配『ウエダ家のにおわないぬか床』も、すごーく手間のかからないぬか床だったのですが、今日はさ・ら・に手軽に作れるぬか床と出会ったのでご紹介したいと思います!

DIDYCO(ディディコ) 国産熟成ぬか床セット(ぬか床一年生パック) 500g入り 1,980円(税込)

実は、今回 DIDYCOさんとご縁がありまして、私が気になるものをいくつかお試しさせていただくことになりました。

ということで、第1弾『ぬか床作り』にチャレンジです!

DIDYCOって?

まずは、DIDYCOってなに?という人のためにご紹介しますね。

DIDYCOは、いわゆる普通のEC(インターネット通販)サイトではなく『体験型ECサイト』です。ECコンサルティング事業を展開しているmode株式会社(レイスグループ)が運営しています。

少し前からさまざまな体験型ECサイトが誕生していますが、その多くは旅行やグルメ・習い事の教室など外で体験するものなんですよね。

でも、DIDYCOが提供する商品は違います!

ただ購入したものを使ったり食べたりするだけでなく、手軽に楽しい体験が自宅で実現できるような

『アイデアの詰まった商品』

を提供しているのです。

たとえば、

などなど、おもしろい商品がてんこ盛り(笑)。

またうれしいことに、体験型商品のマニュアルは、すべて学習教材のプロ『学研プラス』の編集者が監修しているのです!!

学研と言えば、私もむかーーしお世話になった科学と学習シリーズが有名ですね!!

私は特に科学の方が大好きで、毎号付録を楽しみにしていました。今は休刊しているようですが・・・みなさん、どんな雑誌か知っています?

科学も学習シリーズも小学生くらいの子どもが対象の雑誌だったので、そういう雑誌を長年作っていた会社の監修なら、きっと見やすくてわかりやすいだろうなと想像がつきますね(笑)。

そして、DIDYCO商品の最大の魅力はというと・・・

 

自分のペースで体験できる

 

ということ!これに尽きると思います(笑)。

自宅体験型なので、もちろんひとりで体験できるし、子どもと一緒に体験することだってできます。これって結構ポイント高いですよね?

自宅で丁寧な暮らしが実現!?

そんなDIDYCOの商品『国産熟成ぬか床セット』の中身をまずは見てみましょう。

ぬか床を作る材料は、これだけ!

ここでビックリしたのは、専用ジッパー袋(外袋)を開封するまでまったくニオイがなかったこと。意識していなかったのですが、開けた途端ふわっとぬかの香りがして、「あ、そう言えばニオイがしない」と気づいたくらい(笑)。

この専用ジッパー袋、最強です。

そして、こちらがマニュアルと漬けた日をメモできるシール。マニュアルは見開きになっていて、おすすめ食材なども紹介されています。さすがは学研プラス!とてもわかりやすいです。

では、実際に作ってみますよ。

作り方の基本
  1. ぬか床を作る
  2. 好みの食材を入れる
  3. 冷蔵庫で好みの時間(24時間)漬ける
  4. 完成

原材料:混合ぬか(いりぬか、塩、昆布、椎茸、唐辛子)
天然酵母(酵母、みかん、砂糖)

まずは、このぬかを専用ジッパー袋に移し替えます。

こんな風に専用ジッパー袋は倒れることなく立ってくれるので、作業は楽。ここに水を400ml加えて、外からもんで混ぜていきます。

マニュアルでは両手でもむように混ぜるとありましたが、なんとなく上部からぬかがこぼれそうな気がして、私は片手で上部を持ち、もう片方の手だけで頑張りました(笑)。

50回ほどもむと、しっとりとしてくれました。両手だともっと早く仕上がったのかも・・・(笑)。

ここに天然酵母(みかん)を加えてさらに混ぜていきます。仕上がりの目安はみその固さになるまで、もうひと頑張りです。それにしても、ほのかなみかんの香りがいい感じ。

 

できました!

 

あっという間にぬか床が完成しましたよ!いやー、ホントに簡単!!

ここに、準備した野菜やくだものを入れて(今回定番の人参ときゅうりを投入)、ぬかが密着するように軽くもみ、袋の空気を抜いて冷蔵庫へ。

あとは、24時間待つだけ!!

付属のシールに、漬けた食材や日付をメモして貼れば、おいしい食べどきを逃すこともありませんね。

すごーく簡単だーー。

こうして手作りを体験すると、なんだかいつもより丁寧な暮らしをしている気分になるから不思議。

なんだか楽しい(笑)。

ぬか漬の栄養

さて、ぬか漬完成までに、あらためてぬか漬の栄養について。

ぬか漬ってすごいんですよ。

  • 乳酸菌がたっぷり含まれているから、腸内で善玉菌が増えて腸内環境がよくなる
  • 野菜やくだものをぬか漬にするとビタミンB1の含有量がアップする。ビタミンB1はダイエットのサポートや疲労回復にもよい。
  • ぬか床に使用されている天然酵母の働きで、野菜やくだものの栄養がさらにアップする。(DIDYCO HP参照)

どうですか?

こんなに良いことづくめなら、ぜひともぬか漬を『毎日食べたい!』って思いますよね(笑)。

今までは手間がかかるし・・・と手作りぬか漬を諦めていた人も、このぬか床セットならチャレンジしやすいんじゃないかと思います。それに、すべて国産という点も安心できるし、残り野菜の消費にも活躍してくれますからね。

ただ!

残念な点もあるのです。

それは、手間なしで漬けられる使用目安が約1ヶ月と短めなところ。

1ヶ月経つと処分することになるので、なんだかもったいない気がしますよね。

でも、ぬか床は生きているので仕方がないこと。新しいぬかを足して調整する必要もなく、ぬか床の傷みを心配する必要もないのでむしろ衛生的と考えるべきでしょうか。1ヶ月使い切りのぬか床と割り切ればOKですよね。

ぬか漬の味は?

さて、いよいよ実食です。

きっちり24時間漬けた人参ときゅうりを食べてみます。

おや?

想像以上にあっさりしていますよ。ザ・浅漬けという感じ(ぬか漬は浅漬けでしたね・笑)。ぬか臭くなく食べやすいぬか漬に仕上がっています。塩加減もいい感じ。

この味なら、ぬか漬が苦手な人でも食べられるんじゃないかと思うほどです。

うん、おいしくて食べやすい。

でも、これはこれでおいしいけれど、我が家の夫はぬか臭い方が好きなので(笑)、さらに半日長め(36時間)にも漬けてみました。

 

すると・・・

 

かなりしっかりと漬かりました(笑)!

 

好みの問題ですが、個人的にはしっかりめの方がおいしく感じました。ぬか臭が強まるからかな?まあ、今回は人参ときゅうりだったので、他の食材だと漬かり具合は違ってくると思いますけどね。

なので、これからいろいろと試して『この食材は◯◯時間』と好みの漬かり具合を調べたいと思います。

まとめ

今回、DIDYCOの国産熟成ぬか床セットを試してみて1番感じたのは、『自分好みの漬かり具合で食べられるのはやっぱり良いな』ということです。お店で購入するとそういうわけにはいきませんからね。

それに、

  • 保存容器を準備する必要もなく
  • 毎日混ぜる必要もなく
  • だた専用ジッパー袋でぬか床を作るだけ(しかも基本は月に1度だけ)

という手軽さは、かなり魅力的です(笑)。

いつも冷蔵庫にぬか漬があると、お弁当にも使えるし、そのままおやつ感覚でも食べられるので便利ですよね!なにより摂っておきたい栄養が楽に摂れる!!

それと、ぬか床の難点(?)であるニオイを完全にシャットアウトしてくれる強力なジッパー袋も、私の中ではかなりポイント高いです。冷蔵庫を開けるたびに、ぬかのニオイがしたらイヤですからねーー(笑)。

というわけで、DIDYCOのぬか床セットはかなりおすすめなので、みなさんもぜひ。

DIDYCOのHPでは、このぬか床セットを監修したインナービューティープランナー(※インナービューティープランナーとは、腸を整える食事を通してキレイと幸せを作る専門家のこと。)であり、管理栄養士の木下先生おすすめの食材の他、ぬか床のトラブル(水分が多くなった・酸味が出てきたなど)のアドバイスなども紹介されているので、なにを漬けようか迷ったときや困ったときの参考にしてみてください。

DIDYCOでは、今だけ『500円分のポイント』プレゼント中です。お早めに。

今回は、専用ジッパーで作るぬか床をご紹介しましたが、本格的に足しぬかをしながら楽しみたい人用の『タッパーセット』もありますよ。

おすすめ度:★★★★☆

 

こちらの記事もどうぞ!