今度は栗!コストコに新しい和菓子が新登場“福べぇ 栗大福”

コストコで最近福べぇの商品を見かけなかった気がするのですが、ありましたよ!

福べぇ 栗大福 6個入り 698円(税込)

ごろごろっと栗が生地に混ざってる!!こんなの見たら、買っちゃいますよねー(笑)。

福べぇと言えば、以前ご紹介した二色団子桜餅と同じブランド。滋賀県にある有名和菓子屋『団喜』のオリジナルブランドです。

>>春は団子が食べたくなる!コストコの新商品“福べぇ 二色団子”

パッケージをよーく見ると、滋賀県産羽二重餅米使用と書いてあります。これは、人気の黒豆塩大福にも使われているので、餅生地は同じということですね。

二色団子も桜餅もおいしかったので、栗大福もきっと・・・期待が高まります。

どんな大福?

まずは、大福に使用される求肥(ぎゅうひ=外側の餅部分)について。

求肥のお菓子で有名なものと言えば、福井県の名産品『羽二重餅』。羽二重餅は、もち米を乾燥させて粉にした『もち粉』を蒸し練りという製法で仕上げた求肥です。やわらかく日持ちが良いのが特徴です。

じゃあ、福べぇに使用されている『羽二重餅米』は、この羽二重餅用のことなのかと思って調べてみたら・・・違いました(笑)!同じ羽二重という名が付きますが、福井県の羽二重餅は、肌触りが良く光沢が美しい絹織物『羽二重織』から。そして羽二重餅米は、滋賀県の高級ブランドもち米の名前だったのです。

へぇー、知らなかった。

しかも、この『羽二重餅米』は日本一のもち米と言われていて、通常のもち米よりもねばりと伸びがあり、キメが細かく甘味のある品種。しかも他のもち米に比べるとダントツに色が白いんですって!

老舗の和菓子屋さんでも人気の品種のようで、最高級もち米として評価されています。つまり、福べぇが作る大福には高品質の『羽二重餅米』が加えられ、さらにおいしく仕上がっているいうことですね!

ちなみに、羽二重餅米(滋賀羽二重糯)は昭和13年に育成がスタート。昭和27年からはお正月用の餅として、昭和天皇陛下に献上もされていたようです。

どんな味?

 

見てください!!

栗あんがたっぷりーー!

 

手で持つと、求肥特有のやわらかさが伝わります。めちゃくちゃやわらかいです。実際に食べてみると・・・

 

やさしい甘さで、おいしいっ!

 

求肥の甘さと栗あんの甘さがちょうど良い感じ。食べているときに、口の中で栗の粒の食感が楽しめるのもいい!やっぱり裏切らないですねー、福べぇの和菓子っておいしいです。

食べたあと、はるか昔の若いころに習った茶道を思い出しましたよ。先生が出してくれる和菓子が1番の楽しみだったんですよね。ああ、お抹茶が飲みたくなってきた(笑)!

とにかく、この栗大福は間違いなくお茶請けにぴったりです。上品な甘さなので、お客様にお出ししても喜ばれると思います。

コストコではおそらく期間限定商品だと思うので、気になる人は見かけたら即買いしてください(笑)。そして、いつもの小豆あんとは違った味をぜひ楽しんでみてください。

おすすめ度:★★★★☆

 

こちらの記事もどうぞ!