コストコのチョコレートを購入!今度は“キットカット スペシャルアソート”

我が家では今『キットカット』ブームが到来中、冷凍庫には常にキットカットが入っています(笑)。

そのきっかけとなったのは、以前ご紹介した季節限定『凍らせておいしいキットカット』なんですよ。家族全員が気に入ったので、無くなったらまた購入する、を繰り返していました。

夏だってチョコレートをおいしく食べたい!“凍らせておいしい キットカット アソートパック”

2019-06-24

ところが、少し前から完売してしまったのか、コストコでは見かけなくなってしまい・・・ならば別のキットカットを買おうということになりました。

で、購入したのがこちら。

ネスレ キットカット スペシャルアソート 593g 988円(税込)

これは季節に関係なくコストコに入荷している商品。購入時期によってアソート内容が変わる場合もあるようですが、4種類というのは変わらないみたい(前回買った時は違う種類だった!)。

それにしても、パッケージがかわいいと思いませんか? 1本のキットカットが巨大な箱になっているんですよね。




今回のアソートには以下の4種類が入っていました。

  • キットカットミニ
  • キットカットミニ オトナの甘さ
  • キットカットミニ オトナの甘さ 濃い抹茶
  • キットカットミニ オトナの甘さ ストロベリー

定番のキットカットは食べる機会が多いのですが、オトナの甘さシリーズはどれも滅多に食べないので、やはりアソートは有り難い(笑)。

それに、ストロベリーは定番商品ではないので、今はこのセットでしか食べられない! いちご好きの人は、要チェックですよ〜!

どんなもの?

キットカットがどんなものかというのは、もうみなさんよーくご存知のはず。クリームを挟んだウェハースをチョコレートでコーティングしたお菓子ですよね。

サクッとした食感と、チョコレート&クリームの甘さが絶妙で、ロングセラーなのもうなずけます。

さて、今回購入したアソートパックにはミニサイズのキットカットがどっさりと52枚も入っていました!

このサイズって、ちょっと小腹が空いた時や勉強などのお供にピッタリなんですよねー。片手でつまんで食べられるし。




ただ、今の季節はチョコレートが溶けて手がべたべたになってしまうので、食べる前に冷蔵庫で冷やすか、冷凍庫に入れてキンキンに冷やすのが得策。我が家は冷凍庫に入れて冷やしています。

それぞれの味

では、それぞれの味をまとめたいと思います。

1. キットカットミニ

バランスのとれたミルクチョコレートと、サクサクとしたウエハースの食感が特長です。2014年春、美味しさのさらなる追求でカカオ感アップを実現。

HPには5年も前にカカオ感がアップしたとありました。知らなかったーー! ずっと前のキットカットよりもおいしくなっていたんですねー! いつ食べてもおいしいから、意識もしていなかったし気付かなかった(笑)。

個人的には、ミルクチョコレートの味が好きなんですよね。口の中で溶けた時のまろやかな味とキメの細かさが気に入っています。

原材料

砂糖・全粉乳・植物油脂・乳糖・カカオマス・小麦粉・ココアバター・ココアパウダー・イースト/乳化剤・重曹・イーストフード・香料

2. オトナの甘さ

より深く、濃くなったオトナの味わい。
チョコレートに黒ビスケットを練り込み、控えめな甘さを実現、「深い、濃い」味わいを実現しました。

確かに周りのチョコレートがサックリとしていて苦味があります。これはクッキー&クリームと共通する点で、独特の食感がありますね。

これくらいの味なら、甘いものが苦手な人でも食べられるんじゃないかと思います。

原材料

植物油脂・砂糖・ビスケット(小麦粉・砂糖・ショートニング・ココアパウダー・食塩)・カカオマス・小麦粉・乳糖・全粉乳・ココアバター・ココアパウダー・イースト/乳化剤・膨張剤・香料・重曹・イーストフード




3. 濃い抹茶

宇治抹茶を2倍(*)使用することで、「濃く深く、本格的な」オトナの宇治抹茶の味わいを実現。
ひかえめな甘さ、深い苦味、そしてキレのある後味をお愉しみください。(*)当社「オトナの甘さ 抹茶」との比較

通常版の抹茶味を食べた記憶がないので、どれくらい抹茶感がアップしているのかわからないのですが、食べると確かに濃い抹茶味でおいしい。我が家では1番人気でした。

原材料

チョコレートコーチング(植物油脂・砂糖・乳糖・全粉乳・ココアバター)・ビスケット(小麦粉・砂糖・ショートニング・食塩)・小麦粉・植物油脂・乳糖・砂糖・抹茶・ココアパウダー・緑茶・全粉乳・カカオマス・イースト・ココアバター/乳化剤・膨張剤・重曹・香料・イーストフード

4. ストロベリー

ストロベリー風味の生地にビスケットと苺の粒を練り込み、大人にぴったりなストロベリーの味わいを実現しました。

爽やかなストロベリーの酸味と甘過ぎないチョコレートの味が大人向けという感じ。いわゆるいちごチョコとは一線を画す味だと思います。

個人的には濃い抹茶より好きかも(笑)。

原材料

チョコレートコーチング(植物油脂・砂糖・乳糖・全粉乳・ココアバター)・ビスケット(小麦粉・砂糖・ショートニング・食塩)・小麦粉・乳糖・植物油脂・砂糖・いちご果汁パウダー・乾燥いちご加工品・ココアパウダー・イースト・全粉乳・カカオマス・ココアバター/乳化剤・酸味料・膨張剤・香料・着色料(赤ビート・紅麹)・重曹・イーストフード

まとめ

いつ食べても安定のおいしさがある『キットカット』。今回購入した4種類のスペシャルアソートも全ておいしく、とても満足できるものでした。

また定番のミルクチョコレートはさておき、他の3種類がオトナ向けということで、お子さんのおやつにというよりは、やはり大人が楽しみたいチョコレートだなという印象です。

サイズ感も味も、ちょっとひと息つきたい時にピッタリ!

そう思います。まぁ我が家の場合はおやつとして息子達がガンガン食べるので、ひと息つきたい時には「ないじゃん!」という可能性も高いんですけどね(苦笑)。

とにかく、限定の味が気になる人や色々な種類を食べたい人にとっては、かなりおすすめの商品だと思うので、気になる人はぜひ。

おすすめ度:★★★★☆

 

costco

コストコで何を買おうか迷った時は、定番商品を買ってみよう!

コストコには、本当に様々な種類の商品があります。ヘビーユーザーではない人は、やはりどれを買えば良いのか迷うことも多いはず。そんな時は、1年中ほぼ店頭に並んでいる定番商品を選んでみましょう!

 

コストコのチョコレートを詳しく知りたい時は?

1年中買うことができるチョコレートですが、やはりクリスマスやバレンタインシーズンは『チョコレートパラダイス』状態になります。たくさんあり過ぎて迷ってしまった! そんな時はレビューをチェックしてみてください。

 

ロゴ


このブログの管理人、とにかく手抜き&簡単レシピが大好きな marronroy(マロンロイ) です。

チョコレートをこよなく愛しているけれど、加齢と共に増えた体脂肪を減らすべくゆるい糖質制限実行中。それでも食べたいものはどんどんコストコで購入し、しっかり食べたり使ったりしてレビューを書いています。

決して若くはないけれど、気持ちだけは息子達よりも若いのが自慢(笑)。時々、家のことやわんこ達の話題も登場します。

お仕事の依頼や取材・ご質問なども受付中。お問い合わせフォームよりお願い致します。