冬に食べたいはちみつ!マヌカハニーを買ってみました

殺菌作用があるはちみつとして有名な『マヌカハニー』ですが、味にクセがあるということで今まで購入したことはありませんでした。

でも、「ちょっと喉が痛くなってきた」とか「口内炎ができたかな」というときに、わざわざ風邪薬を飲まなくても治るという噂も聞いたことがあって、もし、本当に治るなら副作用もないしいいかもー!

ということで、今回お試しサイズを購入してみました。

さまざまなサイトで「◯◯に効く!』と書かれていたりしますが、本当にそうなのか?疑問に思いますよね。そこでちょっと調べてみました。

 

マヌカハニーの殺菌作用

 

マヌカハニーにはいくつかブランドがあり、そのどれにも20+や100+などの表示があります。これはマヌカハニーに抗菌活性力がどのくらいあるのかということを表わしています。

 

MGOはドイツのドレスデン工科大学のトーマス・ヘンレ教授が2008年に発見した抗菌性物質で、MGO(食品メチルグリオキサール)と名づけられ、長年マヌカハニーの特別な抗菌活性力と考えられていたユニーク・マヌカ・ファクターと呼ばれていた抗菌成分が、この食品メチルグリオキサールだということも分かりました。
出典:All About マヌカハニー

 

とあるように、マヌカハニーには特有の抗菌成分が含まれているんですね。

 

f:id:miocane:20160408234215j:plain

 

また、UMF・NPA・MGS・MGOなどのブランドマークについては、検査方法は違えど共通しているのが、どれもきちんと検査がなされているということ、またどのくらい抗菌力があるのかを表示していることです。(つまり、表示があるものを購入した方が安心ということですね)

 

MGOマークは1kgのマヌカハニーに何mgの食品メチルグリオキサールが含まれているかを示す規格です。
出典:All About マヌカハニー

 

上記のことから、私が今回TOMIZ(富澤商店)オンラインショップで購入したニュージーランド産のマヌカハニーはMGO100+ということなので、『100mg/1kgの食品メチルグリオキサールを含んでいる』ということになります。(MGOはニュージーランドマヌカヘルス社の登録商標です)

でも、いったいどのくらい食べれば殺菌効果が得られるんでしょう?

数字が高いほど含有量が多いわけですが、どうやら特にその数値を気にせず、1日数回(小さじ1〜3程度)食べれば良いようです(笑)。

また、食べるだけでなく歯磨きに使ったり傷口の手当にも使えるんですって!

 

マヌカハニーの味は?

 

では実際に、マヌカハニーを食べてみますよ。

まず蓋を開けて中を見てみると、よく見かけるレンゲやアカシアのはちみつとは違いちょっと濁った感じです。

 

 

固さはあまり変わらず、スプーンですくうとトロッとたれてきますが、透明感はやはりなくざらっとした感じです。そして何より香りがきつめ!花と言うかむしろ草っぽい香りがします。(もしかしたらこの香りが苦手な人がいるのかも知れません)

さて、口に入れてみると・・・ハニーコーム(蜂の巣)の味っぽくて(わかり辛くてすみません)『全然嫌いな味じゃないしむしろ好きな味!おいしい!』というのが第一印象。

クセがあると聞いていたので、もっと苦みがあるんじゃないかと勝手に想像していたのですが、そんなことはなく全然おいしいはちみつでした。

変に甘ったるさがなく、そのまま食べられる味です。ただ、ザラッとした食感と独特の香りは好き嫌いが出るかも知れません。普通のはちみつのようにたっぷりパンにかけたり、ヨーグルトにかけても合うと思います。

あくまで味に関しては個人的なものなので、参考程度にしてください。ただ、決してクセが強過ぎて食べられないという人はいないんじゃないかと思います。

 

冬にぴったり

 

このマヌカハニーの殺菌作用を考えると、風邪が流行る冬の季節にひと瓶家にあると安心できると思います。

それに、常温保存でき賞味期限も長く、整腸作用などいろんな効能もあるので、健康食品として年中食べられるように常備しておくと良いかも知れませんね。

今回購入したお試しサイズのMGO100+マヌカハニーの価格は1,036円(税込)でした。初めて購入するなら、この小さめサイズがおすすめです。

ちなみに、夫が喉が痛いと言うので食べてもらいましたが、普通においしいと言ってました。そして次の日すっかり痛みがなくなっていたんですよ!!
やっぱりよく効くみたいです。インフルエンザの流行する季節、気になる人は試してみてください。

おすすめ度:★★★★☆