春は待ち遠しいのにうれしくない!?今年も予防シーズン到来です

昨年も確か同じころに『ノミ・ダニ・フィラリア』予防をしましょうねー!と記事を書いたのですが、あれから1年が経ち、今年も予防シーズンがやって来ました!

>>もうすぐ春!ノミ・ダニ・フィラリアシーズンの準備は万全ですか?おすすめ予防薬ランキング

毎年年末が近づくと、「もう1年経ったの?」と思うけれど、春になると同じように「もう1年経ったの?」と思ってしまう・・・。それは、わんこ達の予防シーズンだけでなく、花粉シーズンに突入するからです(苦笑)。

 

マジで嫌だー!

 

ひどい人に比べると、きっと全然マシな方かなとも思うけれど、それでも起きた瞬間から鼻がムズムズするのは嫌なもので、一昨年の暮れの最悪なアレルギー性鼻炎を思い出すし、やっぱり憂鬱になってしまうのです(泣)。

そうは言っても、来るものは来る(笑)。自分で対策を立てるしかありません。

まぁ、私の場合は『ルイボスティー』『乳酸菌』で少しずつ体質を変える努力をしているため随分マシにはなっているんですけどね。

さて、今年も絶対に対策を取らなければいけない『わんこ達の予防薬』、今日はいろいろとご紹介したいと思います。

>>花粉症の季節がやって来る!アレルギー対策に“オーガニックルイボスティー”を買う

ノミ・ダニ対策

ノミやダニが活発に活動する季節は春から秋、気温が13〜15℃以上です。

我が家の場合、兵庫県の気温が10℃を超えるのは3〜12月の10ヶ月間なので、その期間にしっかり投与して予防をしています。

予防薬の特徴は、ただノミやダニに噛まれることを予防するだけでなく、皮膚炎や感染症なども予防できること。また人に感染させないために必要不可欠な薬でもあります。

最近は温暖化の影響もあり、地域によっては1年を通して投与した方が良いところもあるので、その辺りはかかりつけの獣医師に確認してくださいね。

それでは、おすすめのノミ・ダニ薬をタイプ別にご紹介したいと思います。

スポットオン(滴下タイプ)

首の後ろなど、犬が舐めることができない場所に滴下する薬。皮膚トラブルがなく、飲み薬が苦手な子におすすめ。

フロントライン スポットオン

誰もが知っている定番中の定番薬。滴下すると成虫をほぼ完全に駆除してくれます。ノミに対しては約1~3ヶ月間、ダニに対しては約1ヶ月間効果を発揮するので、投与は1ヶ月に1度のペースで。

チュアブル(経口タイプ)

犬が好むフレーバー付きなので、飲ませやすさはピカイチ! royのような皮膚炎の子にも安心して使えます。

ネクスガード

フロントラインシリーズ唯一のチュアブルタイプ。牛肉風味なのでおやつ代わりに投与でき、植物由来(大豆)のため低カロリーです。royの食いつきは抜群です(笑)。投与後の即効性が高い。

スプレー

散歩など、外に出かける前にシュッとスプレーできる手軽さが魅力。

Vet’s+Best(犬用ノミダニスプレー)

天然成分のペパーミントオイルとチョウジエキスが、ノミやダニを殺します。殺虫剤が一切含まれていないので、パピーでも安心して使用できます。

フィラリア対策

蚊を媒介して感染するフィラリア症。初期症状はわかりにくく、気付いたときには治療不可能の場合もあるので注意が必要です。日本では狂犬病と同じように予防が定着している病気ですが、うっかり投与を忘れてしまうことも・・・。基本的に薬を投与すれば感染予防ができるため、毎月忘れないようにしたいものです。

そこで、忘れっぽい人におすすめしたいのが、フィラリア・ノミ・ダニ予防がまとめてできる薬です。

スポットオン(滴下タイプ)

レボリューション

フィラリア・ノミの予防とミミヒゼンダニの駆除が同時にできる薬。速乾性・吸収性高い。

チュアブル(経口タイプ)

ハートガードプラス

日本で販売のカルドメックチュワブルPと全く同一商品の海外仕様パッケージ。おやつ感覚で投与するだけでフィラリア予防プラス回虫や鉤虫などのお腹の虫も同時に駆除する万能薬です。

ネクスガードスペクトラ

「ネクスガード」にフィラリアの予防効果がプラス!1回の投薬で手軽に予防できます。

錠剤

コンフォティスプラス

2つの有効成分を配合するコンフォティスプラスは、ノミ・マダニの駆除だけでなく、フィラリア症の予防や内部寄生虫の駆除ができる薬剤です。

まとめ

いろいろピックアップしてみましたが、気になる薬はありましたか? どれも評判が良く予防効果の高いものばかりなので、試してみたいものがあればチェックしてみてください。

我が家は『ネクスガード』と病院で処方されるフィラリア薬を投与しているのですが、アポキル錠の製造元『ゾエティス社』のレボリューションがちょっと気になっています。

どの薬を使用するにせよ、私達飼い主が注意することは『投与を忘れない』こと!みなさん、今年も気をつけましょうね!

余談ですが、国内で販売されているアポキル錠の価格が上がりました! 残念ながら今まで安く購入できていた病院のアポキル錠も値上がり(苦笑)。さすがに毎回100錠以上をまとめて購入するので差額が大きくて・・・。これからはペット医薬品輸入代行のうさパラのお世話になることになりそうです(笑)。

以前、うさパラで不足分を購入しているので、間違いなく正規品が届きますしね。ずっと続ける薬は、安いと助かりますよね〜。

>>royの今〜白内障とアトピー性皮膚炎〜

 

こちらの記事もどうぞ!