野菜の下処理どうしてる?私の野菜保存法

我が家の野菜は、道の駅のような直売所とコストコで調達しています。基本はまとめ買いなので、購入した日は帰ってからが結構忙しい〜(苦笑)。

みなさんも、コロナ禍で色々と家に持ち帰った商品の除菌など大変じゃないですか? まだまだ油断大敵。収束するまでは除菌作業を頑張りましょう。

さて、今日はよく購入する野菜の保存法をご紹介します。

とにかくすぐにくたびれる野菜なので、なるべく日持ちがするようにしたいもの。新聞紙に包んで保存、吊るして保存など色々な方法があると思いますが、私の場合はそれプラス調理開始時に手間がかからないように下処理をする、というのがポイント(笑)。

まぁ、先に下処理するという手間はかかっているんですけどね〜。調理する段階でのひと手間がないのは、意外とストレスにならないのです(笑)。

私の野菜保存法

根菜や葉物など、種類によって保存法が変わるのは当然。よく言われるように、野菜が育つ状態で保存するのがベターです。

今日は、今家にある野菜と果物を6つピックアップしてご紹介しますよ。

ベビーリーフ

コストコで販売されているベビーリーフは、巨大(笑)。家族4人でも1度に食べ切れる量ではありません。

コストコで必ず買う野菜ってなんですか?私のお気に入りはスプリングミックス!

2018-01-15

なので、きれいに洗って軽く水分を拭き取り、元入っていた容器に入れて保存しています。この時、湿らせたキッチンペーパーで上下とも覆うようにすればより長持ち。

ベビーリーフ

この画像で3日目です。少し色が変わったものもありますが、概ね変化なし。洗ってあるので、食べる時はそのままお皿に盛り付けるだけ!

トマト

料理に彩を添えてくれる赤いトマトは、しっかりと洗ってヘタを取り、水気を拭き取って保存します。

洗っているトマト

保存する時は、保存容器にキッチンペーパーを敷き、ヘタを下にして並べ入れます。

トマト

これは購入した時の状態ですが、こんな風になるべく重ならないように並べて保存すると傷みにくく長持ちします。

ただそうは言っても、コストコの『グレープトマト』なんて重ねず保存なんて無理ですから(笑)。その場合は普通に入れちゃいます〜。

コストコのトマトメドレー“SUNSET ワイルドワンダーズ”

2019-07-24

こうして保存しておくと、洗うひと手間がないのですぐに食べられ便利なんですよ!

かぼちゃ

コストコで『マロンドール』という品種のかぼちゃに出会ってから、すっかりファンになりリピ買いし続けています(笑)。

初めはニュージーランド産とメキシコ産のみの販売でしたが、今は北海道産も登場しほぼ年中購入できるようになっています。

以前紹介した『マロンドール』を取り扱うAOZORA社の方が言われていた通り、国内産の販売がスタートしたのは嬉しい限りです。

>>マロンドール詳細はこちらで。

時短レシピ!今季最終“マロンドール”で冷製パンプキンスープ

2019-08-02
マロンドール

かぼちゃはホールで購入すると意外と日持ちはしますが、やはり新鮮なうちに処理しておくとおいしさ長持ち!

レンジで丸ごと加熱すれば切りやすくなると聞き、チャレンジもしたけれど、先に熱が入るとその後の調理で扱いにくく私には不向きでした。

で、今は上下のヘタを取ってからザクザクとカットして、ジップロックに入れて冷凍保存しています。

南瓜

煮物や炒め物など、凍ったまま放り込んで使えるのですごく便利ですよ。

ここで余談。

むかーし昔、硬いかぼちゃをカットする時に包丁で怪我をしたのがトラウマになり、未だにかぼちゃのカットは苦手なんですよね(ドキドキする・苦笑)。というか、包丁の扱いが全般的にヘタなのかも知れません。

流石に何十年も使っているので普通には使えていますが、飾り切りや薄ーくカットしたりと気を遣うものはダメ(笑)。お味噌汁に入れる豆腐のカットも得意ではありません。

レンコン

レンコンは傷みが早い野菜。スーパーなどでは、変色して中が黒ずんでいるものもちょくちょく見かけます。

有難いことに、今通っている直売所は朝採りなど新鮮なものしか扱っていないので、店頭に並んでいるレンコンも新鮮。ほぼ色が変わったものはないのです。

でも!

そのまま冷蔵庫に入れてしまうと、あっという間に変色してしまうので、すぐに使わないものは冷凍保存が鉄則(笑)。

冷凍レンコン

シャキシャキとしたレンコン特有の歯応えを楽しみたい場合には、冷凍レンコンはあまりおすすめできませんが、煮物やきんぴらなどの炒め物には問題なく使えますよ。

歯応えを楽しむ明太子×レンコンのサラダ

2016-03-01

使う時は常温で15〜20分程度置いてからカットすると切りやすく、好みの厚さに切ることも簡単です。

カットレンコン

ピーマン(パプリカ)

ピーマンやパプリカは意外と日持ちがしますが、見た目は変わっていないのに、カットしたら中が傷んでいたなんてことも。やはり、購入後にすぐに下処理をして冷凍するのがベターです。

サラダやピーマンの肉詰めに使う分以外は、中の種を取り除いてカットして冷凍する、が我が家の基本。

カラーピーマン

炒め物に彩りを添えてくれるので、あるとすごく便利です。

ぶどう

コストコで販売されている種無しぶどうは、量が多いとわかっていても買ってしまう魔のぶどう(笑)。

この品種はそろそろシーズン終了です。コストコ“グリーンシードレスグレープ”

2018-11-15

我が家では種無しぶどうが圧倒的人気を誇るので、コストコで購入せず直売所で購入するぶどうも基本は種無し。

先日は規格外のシャインマスカットが破格の値段で販売されていたので、思わず購入しちゃいました〜。

シャインマスカット

これで250円って安すぎない(笑)?

ぶどうは房から丁寧に外し、水を変えながら3〜5回洗います。

ぶどう

水気を切って、水分を拭き取ったらキッチンペーパーを敷いた保存容器へ。1週間はほぼ変わらず新鮮な状態で食べることができます。

もちろん、すぐに食べない分はジップロックに入れて冷凍保存をしますよ。ただ、冷凍保存をしたぶどうは解凍すると若干食感が変わってしまうので、なるべくフレッシュなうちに食べるようにしています。

まとめ

いかがでしたか?

そんなの当然、知っているよ!

ってことが多かったでしょうか(笑)?

下処理なんて面倒だと、一時期全くしなかった時もありますが、やっぱりしておくと持ちが良いだけでなく、調理作業がグンと楽になります。

普段忙しいからこそ、やっておきたい下処理。あまりやっていないよ、という人はぜひ頑張ってみてください。

以上、野菜の保存法紹介でした!

 

南瓜