コストコで“ニッスイ シーフードミックス”を購入して食べてみた感想

コストコの冷凍庫には、魚介類もいろいろと並んでいます。今まで冷凍ものと言えば、エビをメインに購入していたのですが、久しぶりにシーフードミックスでチャーハンもいいなと思い買ってみました。

ニッスイ シーフードミックス 1kg(内容量800g) 1,198円(税込)

このシーフードミックスを購入したのは、今回がはじめて。パッと見た感じは、小ぶりのミックスだなという印象ですが、今回はパエリアなどに使いたいわけではないので、これで十分。旨味が出るのは間違いないですからね。

シーフードミックスもメーカーによっていろいろな組み合わせがあり、好みに合わせて購入できるようになりました。エビとイカだけだったり、アサリやタコが入っていたり、貝柱が入っていたりね。でも、どれもエビだけは入っているのがお約束(笑)?

シーフードミックスの中身
  • えび(インド産)
  • いか(チリ産)
  • いたや貝(中国産)

それにしても、さすがはコストコ価格ですよね!通常一般的なものは 200gで300円〜400円程度するので、やはりお買い得感があります。まあ、国産ではないという点も価格に反映されているのかとは思いますけど。

ちなみに内容総量内容量の重さが違うのは、パッケージやグレーズ(シーフード表面の氷の皮膜=品質保持のための処理)の重さが加わっているかどうかです。つまり、この商品の可食部は800gということになります。

実際に調理すると?

では早速使ってみたいと思います。

チャーハンにと思ったにも関わらず、今日は芽キャベツを加えたシーフードグラタンにして食べてみました(笑)。

やはり想像通り旨味がたっぷりで、おいしくできましたよ!

 

が、

 

えびといたや貝はかなり小さくなってしまい食べ応えはあまりありませんでした。食べていると「あ、いたんだ」という感じで存在する程度(笑)。でも、しっかりと火を通しても3種類とも固くはならず食べやすい点は魅力だなと思いました。せっかく旨味があっても、必死で噛まないといけないイカとか嫌ですもんねー(笑)。

魚介類は新鮮さが命。でもフレッシュなものを毎回購入して揃えるのは大変です。こうして冷凍食品を使うことができるのは、本当にありがたいなと思います。

最後に、シーフードミックスの調理法について。

先にも書きましたが、基本的にシーフードミックスなどの魚介類の冷凍食品は、グレーズという処理をされたものがほとんどです。なので、調理するときは袋から出してそのまま使うのはあまりおすすめできません。

まずは、以下のどちらかの方法でグレーズ取りをしましょう。

  • 流水にさらして半解凍し、水気を切る
  • 酒や白ワインと一緒に火にかけ、蓋をして軽く蒸してから水気を切る

こうして周りについた氷の皮膜を取ってから調理をすると、臭みもなく、水っぽくならずにおいしく食べることができます。ちょっと面倒かも知れませんが、味に格段の差が出るのでぜひやってくださいね。

久しぶりに食べてみて、やっぱり魚介類の旨味っておいしいなと思いました。でも我が家は頻繁に使うわけではないので常時ストックすることはありませんが、冷凍庫にあると便利だとは思うので、また期間をあけて購入したいと思います。

次は、チャーハンはもちろん(笑)、お好み焼きや焼きそばにも入れてみようかと考えています。

おすすめ度:★★★☆☆

 

こちらの記事もどうぞ!