大地の“あたためるだけプチコロッケ”を食べてみました

今日は、先日大地食材で購入した『あたためるだけプチコロッケ』をご紹介します。

 

f:id:miocane:20160405063013j:plain

 

ジャガイモ、たまねぎ、生パン粉(小麦粉(小麦)、マーガリン(なたね油(なたね【オーストラリア】)、パーム油(あぶらやし【東南アジア諸国】、ミックストコフェロール[大豆由来]【不特定】)、パーム油(あぶらやし【マレーシア】、ビタミンE[トコフェロール大豆由来])、パーム油(あぶらやし【東南アジア諸国】)、パーム油 (パーム油、ミックストコフェロール[大豆由来])、脱脂粉乳(生乳)、再結晶塩(天日塩【メキシコ】、粗製海水塩化マグネシウム[にがり])、香料[乳由来]、大豆レシチン、ビタミンE[トコフェロール大豆由来])、グラニュー糖(てんさい)、酵母(小麦粉、米、酵母、こうじ)、脱脂粉乳(生乳)、再結晶塩(天日塩【不特定】、海水)、なたね油(なたね【オーストラリア】))、小麦粉(小麦)、ばれいしょでん粉(ジャガイモ)、牛肉、パン粉(小麦粉、酵母、食塩、砂糖)、牛脂、再結晶塩(天日塩【メキシコ】、粗製海水塩化マグネシウム[にがり]【オーストラリア】)、きび糖(さとうきび)、白こしょう(ホワイトペッパー)【インドネシア】、なたね油(なたね【オーストラリア】)

出典:大地宅配HP

 

我が家で「今夜は揚げ物にしよう!」と言うと、鶏の唐揚げやトンカツ、チキンカツのことなのですが、まだ息子達が生まれていない頃は、夫が好きでよく作っていたんですけどねー、コロッケ。

いつの間にかあまり作らなくなってしまいました・・・はて?自分でも理由がよくわかりません。というわけで久々にコロッケを食べましたー。

 

食感はクリーミィ

 

このプチコロッケは、既に揚げてから冷凍されているので、食べるときはレンジで温めればOKという便利なもの。とは言え、ひと昔前ならレンジで加熱すると衣がペタッとしてしまう悲劇がよく起こりましたよねー。

果たしてこのコロッケは大丈夫なんでしょうか?

早速、表示通りの時間でレンジ加熱してみました。すると・・・

思ったほどペッタリしていなーーい!

少し底の部分がペタッとしているくらいでした。このぐらいなら食べても問題ない感じです。最近の冷凍惣菜の技術ってすごいですねー。感心してしまいます。

 

 

外側の衣(パン粉)はきめが細かく厚みはさほどありません。中身がぎっしり詰まっている感じです。

 

f:id:miocane:20160405063021j:plain

 

割って中を見てみると、こんな感じに短角牛が見事に細かくなってじゃがいもと混ざっています(^^)

手作りのようなごろっとしたじゃがいもの粒はなく、ペースト状になっているので、食感はとてもクリーミー!舌でつぶせるほどの柔らかさです。

味は比較的しっかりとついていて、そのままでも十分おいしく食べれます。ただ普段薄味に慣れている人はちょっと濃く感じるかも知れません。

サイズはプチと言うだけあって、直径3cmほど。お弁当にちょうど良いサイズです。それに無添加なので、小さいお子さんにも安心して利用できるのがうれしいですね!

おすすめの食べ方は、コロッケの揚げたてを再現させて食べること!アツアツ、サクサクのコロッケは最高ですからねー。ちょっと面倒ですが、食べるときはレンジで少し温めてからオーブントースターでさらに焼いてみてください。

そうそう、夫に食べてもらうと「ビールのあてにピッタリだ」と言っていました。冷凍庫に常備しておくと便利に使えそうです。

このクリーミーなプチコロッケは大地宅配で購入できます。野菜がおいしいのでおすすめですよ! → 【大地宅配】とくせん定期

 

おすすめ度:★★★★☆