コストコ新商品!“メゾン ジャックマール フレンチミニケーキ”

cake

Maison Jacquemart(メゾン ジャックマール)
ミニケーキアソートボックス
480g 1,488円(税込・2022年2月)

先日購入した『ミニケーキアソート』、早速食べてみました!

缶センターに描かれたロゴを見て、どこかで見たような? と記憶を辿ると、ありました! 数年前からコストコで販売されるようになった(多分)『フィナンシェ』のブランドですよ〜!!

同じく白い袋に入って販売されていて、なかなか機会がなく購入したことはなかったので、すぐには気付きませんでした(苦笑)。きっと『ホワイト』が、ブランドカラーなんでしょうね。

アソートには 4種類の焼菓子が入っていて、どれもおいしかった! パサつくことなくしっとりとしていて、またサイズ感もいい!

ちょっと食べたいという欲求を満たしてくれる、魅力的なお菓子だと思います。

商品について

まずは、Maison Jacquemart(メゾン ジャックマール)について。

コストコでの表記はジャックマートとなっていますが、フランスのメーカーなので、恐らく発音はジャックマールだと思います。

『メゾン ジャックマール』は、1989年に創業したフランス ドローム県にある焼菓子メーカー。

古くからその地方(ロマン・シュル・イーゼル)に伝わるイタリア由来のビスケット『Lunettes de Romans(ルネット・ド・ロマン)』を、伝統的な製法で製造しています。

cookie up

出典:https://maisonjacquemart.com/

こういうのです。見たことありますか?

また『ジャックマール』という名称は、12世紀〜19世紀にかけてヨーロッパで作られていた『鐘を打って時を知らせる機械人形』のことで、現存する最古のジャックマールは、ノートルダム大聖堂(ディジョン・1383年)のものだと言われています。

ドローム県のロマン・シュル・イーゼルにも、かつて城壁の門だったジャックマールの塔にジャックマール(Le bonhomme Jacquemart)がいて、1429年からずっと鐘を鳴らし続けています(*幾度も修復されていて、最近では 2017年〜2021年春まで修復中でした)。

jacquemart
jack2

出典:https://www.francebleu.fr/

『メゾン ジャックマール』という社名は、このリアル『ジャックマール』に因んでつけられたようです。

jac open

中には 4種類の焼菓子が入っていて、それぞれ個包装となっています。

jac 4

左から、『アプリコットケーキ・シトラスケーキ・チョコレートソフトケーキ・アーモンドソフトケーキ』です。

入数はどれも同じで 8個ずつ、サイズは 4cm×4cm と 5cm×2.5cmほどの食べやすいサイズとなっています。

大きな特徴は、パーム油が使用されていないこと。フランス産の厳選素材だけで作られた、ナチュラルなケーキです。

 

原材料

チョコレート・・・卵白・砂糖・バター・アーモンドパウダー・小麦粉・チョコレート(カカオマス・砂糖・低脂肪ココアパウダー)・異性化液糖・ココアパウダー・卵/グリセリン・膨張剤・香料・乳化剤(大豆由来)
シトラス・・・卵白・砂糖・バター・アーモンドパウダー・クレメンタインペースト(クレミンタイン・異性化液糖)・小麦粉・濃縮レモン果汁・マンダリンエキス・卵・食塩/グリセリン・膨張剤・香料・pH調整剤・保存料(亜流塩酸)
アーモンド・・・砂糖・卵白・バター・アーモンドパウダー・小麦粉・異性化液糖・卵・食塩/グリセリン・香料・膨張剤
アプリコット・・・卵白・砂糖・アプリコットじゃむ(異性化液糖・アプリコット・ショ糖)・小麦粉・バター・植物油・アーモンドパウダー・アプリコット加工品(乾燥アプリコット・米粉)・異性化液糖・濃縮レモン果汁・卵・食塩/グリセリン・香料・膨張剤・糊料(キサンタン・ペクチン:りんご・オレンジ由来を含む)・酸味料・pH調整剤・酸化防止剤(亜硫酸塩)

賞味期限

2022年5月14日

栄養成分表示
(1個15g当たり)

チョコレート・・・熱量 66kcal・たんぱく質 1.3g・脂質 3.9g・炭水化物 6.5g・食塩相当量 0.03g
シトラス・・・熱量 64kcal・たんぱく質 1.0g・脂質 3.6g・炭水化物 7.1g・食塩相当量 0.08g
アーモンド・・熱量 68kcal・たんぱく質 1.4g・脂質 4.1g・炭水化物 6.5g・食塩相当量 0.06g
アプリコット・・・熱量 61kcal・たんぱく質 0.9g・脂質 2.9g・炭水化物 8.0g・食塩相当量 0.15g

 

缶は上下にシールが付いていて、それを取り除くとシンプルな白い缶になります。

jac

アプリコットケーキ

cut jac1

甘くて爽やかな香りがしています。焼菓子らしいバターの香りもあります。

手で持つと、見た目ほどペタつくことはないけれど、かなりしっとりとしていることがわかります。カットすると、それは間違いなかったと確信。すごく柔らか(笑)!

所々に、アプリコットの固形も見られます。

シトラスケーキ

cut jac3

紛れもないオレンジの香り(笑)。

こちらも、かなりしっとりとしています。アプリコットケーキとはまた違ったソフトさで、恐らくペーストが使用されているため、重めの質感になっているんだと思います。

チョコレート

cut jac4

香りは甘いけれど、それほどチョコレート感はありません。

きっとジャックマール製品の特徴なんでしょうね、こちらもかなりしっとりとしています。

少しブラウニーを彷彿するような質感なので、どれくらいのしっとりさか想像してみてください(笑)。

アーモンドミニケーキ

cut jac2

1番しっとりとしていないケーキです(笑)。

手で触って割ってみた感じは、フィナンシェそのもの! アーモンドの香りもしっかりとあります。

但し、香ばしいアーモンドの香りではなく、『リンドールのアーモンドチョコ』と同じく、アーモンドエッセンスの香り。

そう、杏仁豆腐の香りです(笑)。

どんな味?

cut2

どれも

 

おいしいです!

 

微妙に 4種類ともしっとり加減が違うし、でも共通してソフトで甘過ぎない!

コーヒーや紅茶との相性は抜群です!

cut1

  • アプリコット・・・スーッと噛めるソフトさで、4種の中で 1番甘い。少しもちっとした食感です。ただ、アプリコットと言われなければ気付かないかも!?
  • シトラス・・・しっとりだけれどホロッと崩れることもあり、遠くに苦味を感じるオレンジ風味。適度な酸味があっておいしい。
  • チョコレート・・・甘過ぎずダーク寄り。ブラウニーが好きなら間違いなく好きな味だと思います。
  • アーモンド・・・遠くに杏仁風アーモンドの香りがしていて、4種の中では 1番硬め。アーモンドパウダー特有の固形感もあります(ココナッツパウダーの繊維のようなもの)。バター風味はしっかりとあるけれど、フィナンシェらしい味になる『焦がしバター』が使われているかというと、そうでもない感じ(笑)。

元々パサついたケーキが苦手なので、全てにパサつきなしだったことが嬉しい(笑)。これは常備しておきたくなるケーキですよ〜。

ただ、『アーモンドソフトケーキ』のみ好みがわかれる味だと思うので、それが問題なければおすすめです。

まとめ

コストコに新登場した缶入りケーキ『ミニケーキアソートボックス』は、フランス産の本格的な焼菓子がセットになったものです。

どれも違ったフレーバーなので、最後まで飽きることなく食べられるはず。また個包装なので保管もしやすく、ちょっとしたギフトにも使えると思います。

お菓子作りをしている人はわかると思いますが、ミニサイズのケーキをしっとりさせるのは意外と難しく、更にこれだけの種類を自分で作ろうなんて滅多なことでは思わないので(笑)、これだけの品質のものを手軽に購入できるのは嬉しい限りです!

ちなみに、4種の中では『アプリコット』が 1番好みの味でした。

リユースできそうな缶入りです。気になる人は是非食べてみてください。

おすすめ度:

*Twitter では、リアルタイム情報をつぶやいたり、最新記事更新のお知らせなどをしています!
follow me, please
* Pick Upした商品は、Instagramで!
follow me, please

logo1
logo
new logo 4
new coupon
mask logo
pharmacy
cake
\follow me!/