そろそろクリスマス準備!今年の“ミニパネトーネ”はアソートタイプ

今年は11月29日が待降節の最初の日。我が家はカトリックでもなんでもないけれど、毎年この最初の日にクリスマスツリーを出しています。

昨年は『タワーオブトリート』をコストコで購入して、空き箱をツリーの下に置いていました。片付ける時、案の定ラメがパラパラと落ちていたので、今年は先に振り落としてから置こうかと思っています(笑)。

みなさんは、いつ頃ツリーを出されますか?

これぞコストコのクリスマス!?“Devon Ceramics タワーオブトリート ギフトセット ”

2019-11-26
パネトーネ

Chiostro di Saronno(カストロ・ディ・サロンノ)ミニパネトーネアソート 100g×4箱 998円(税込)

さて、今年も『シュトーレン』『パネトーネ』などが既にコストコに出揃っていますが、昨年と違うものと言えばこの『ミニパネトーネ』! クラシック5箱セットだったものが、今年はアソート4箱セットに変わっています。

今年はミニサイズで登場!コストコ“KUCHEN MEISTER(クーヘンマイスター)シュトーレンアソート”

2019-10-31

ギフトに最適!イタリア産“Chiostro di Saronno ミニパネトーネ”

2019-10-08

セットになっているのは、クラシック2箱以外にリモンチェッロチョコレートがそれぞれ1箱ずつでした。リモンチェッロって何? と思ったら、イタリアのレモンリキュールのことでした(笑)。

どんなもの?

ミニパネトーネ

こうして並べるだけでかわいい〜(笑)。1箱ずつギフトにしてもいいですよね。

この『ミニパネトーネ』については、昨年レビューでも書きましたが、とにかく伝統的なレシピで作られているのが特徴です。



サロンノブランドの商品を製造してる会社、パオロ・ラッツァローニ&フィグリ社は、元々蒸留酒を製造している歴史ある会社なので、今回セットに入っているリキュールを使った『リモンチェッロ』に期待大(笑)!

リモンチェッロ

ちなみに、現在もラッツァローニの『アマレット』は有名で、パネトーネ以外の製品『アマレットクッキー』も人気があるようです。

では、まずは原材料から。

1. クラシック

プレーン

中の『ミニパネトーネ』は、一見カップケーキに見えてしまう出立ち(笑)。でもよく見ると明らかにパンだとわかります。

原材料

小麦粉・レーズン・卵・バター・砂糖・砂糖漬けオレンジピール(オレンジピール・ぶどう糖果糖液糖・砂糖)・全粉乳・卵黄・イースト・ぶどう糖シロップ・ココアバター・食塩/乳化剤・香料・pH調整剤

2. リモンチェッロ

リモンチェッロ

見た目はクラシックとほぼ変わりませんが、フルーツが入っていないので表面はツルッとしています。

パッケージ

どうやら、『リモンチェッロクリーム』は、こんな感じに入っているよう。

リモンチェッロ

レモンの皮とウォッカで作られる、甘味と爽やかな味が特徴のリキュール。南イタリアでよく飲まれているマンマ(おふくろ)の味。

パッケージのようにたっぷりとクリームが入っていたら、濃厚なレモン味が楽しめそうです。

原材料

小麦粉・リモンチェッロクリーム(砂糖・ぶどう糖シロップ・全粉乳・レモンリキュール)・卵・バター・砂糖・全粉乳・卵黄・イースト・ぶどう糖シロップ・食塩・ココアバター/乳化剤・香料・安定剤(ペクチン・オレンジ由来を含む)

3. チョコレート

チョコレート

チョコレートパネトーネは、昨年の『タワーオブトリート』にも入っていたし、国産のコモズ『チョコパネトーネ』でも味わっているので、なんとなく味の想像はつきます。

チョコパネトーネ

あのロングライフパンのCOMO’S BAKERYから備蓄用“チョコパネトーネ”がコストコに登場!

2020-09-02

チョコレートとフルーティな香りのするパネトーネ生地は、相性抜群なんですよね。

原材料

小麦粉・チョコチップ(砂糖・カカオマス・ココアバター)・卵・砂糖・バター・全粉乳・卵黄・イースト・ぶどう糖シロップ・食塩/乳化剤・香料

どんな味?

今回は、『リモンチェッロ』にスポットを当ててご紹介したいと思います。

箱の底

取り出した『リモンチェッロ』は、めちゃくちゃレモンの香りがするという訳ではありません。

リモン

やはり、パネトーネらしい香りがします。早速カットしてみると・・・

カットリモン

 

あれ? クリームは?
リモンチェッロクリームが見当たらない!!

 

割ったリモン

割ってみたけれど、やっぱり見当たらない(苦笑)。もしや、うっすらレモン色になった部分がクリームなの?



いやいや、それはないでしょう? パッケージ画像とあまりにも違い過ぎる!! ということで、もうワンカットしてみたら・・・

 

ありました!

 

リモンクリーム

底の方にクリーム発見!

クリームアップ

更にその分を割ってみたら、結構たっぷり入っていました(笑)。何だろう、クリームと言うよりペーストみたいな感じですよ。

若干パッケージイラストに偽り有りじゃないかと思ってしまいますが、HPの通常サイズ『リモンチェッロパネトーネ』は、縦にクリームが入っているわけではなく、同じようにクリームの塊が点在しているので、きっとこれが正解なんでしょう。

リモン画像出典:https://www.chiostrodisaronno.it/

実際に食べてみると、濃厚なリモンチェッロクリームがおいしい! 食感はクリームと言うよりペーストの方が近く、少しザラっとした舌触りのジャムのような感じです。

 

爽やかー!

 

という言葉がピッタリな味です。最初はさほど量が多くないリモンチェッロクリームに少し不満がありましたが、食べるとこの点在した入り方だからこそ、爽やかな味のパネトーネが楽しめるんだとわかりました。

これ、

 

おいしーい!

 

結構好きな味です。いつものパネトーネとはまた違った味わいで、もっと食べたくなる感じ(笑)。アルコール成分もほぼ感じられないので、きっとお子さんでも大丈夫でしょう。柑橘系、特にレモンが好きな人は間違いなく好きな味だと思いますよ。


まとめ

昨年に引き続き登場した『ミニパネトーネ』は、3種類の味が楽しめるおいしいパネトーネでした。

ただ、今年の『ミニパネトーネ』は、昨年のものよりも生地が少し乾燥しているかなーという印象を受けたので、もしかしたら気になる人もいるかも知れません。

それでもしっかりとパネトーネらしい味が楽しめるのでOK。家族で「今日はチョコレート!」「今日はクラシック!」と気分でフレーバーが選べるのも魅力だし、食べ切りやすいミニサイズという点も魅力。

クリスマスシーズンにしかコストコに登場しない商品なので、嫌いでなければぜひ味わってみてください。

おすすめ度:★★★☆☆

 

パネトーネ