どんな味なの?コストコ新商品“ホノルルクッキー ペパーミントマカダミア”

honolulu

ホノルルクッキーカンパニー
ペパーミントマカダミア
454g 1,468円(税込・2021年12月)

12月に入り新たなブレーバーとして入荷したホノルルクッキーの『ペパーミントマカダミア』

クッキーとペパーミントの組み合わせは日本では珍しく、私が購入した時もすぐ隣に積まれていた『チョコレートチップマカダミア』を手に取る人の方が圧倒的に多かった。

それくらい、ペパーミント味のお菓子に抵抗があるということでしょうね。もちろん、私も勇気を出して買いましたー(笑)!

実はアイスのチョコレートミントが苦手なので、果たして食べられるんだろうか? とドキドキしながらカートに入れたんですよ。

でも実際に食べてみると、清涼感のあるクッキーでおいしかった。個人的には全然OKな味でした!

商品について

購入品紹介でも書きましたが、アメリカではペパーミントはホリデーシーズンの定番。毎年様々なものが、ペパーミント味になって販売されるようです。

そういった商品が開発・販売されるようになったのは、1800年代にヨーロッパからアメリカに伝わった『キャンディケーン(杖の形のキャンディ)』がきっかけのよう。元々キャンディケーンも、今のように赤白だったわけではなく真っ白だったんだとか。

その後『キャンディケーン』を装飾する人が現れ、赤いストライプとペパーミントの香りが定着することになり、お馴染みのキャンディが誕生。

candy

そもそも『キャンディケーン』の誕生にも諸説あり、どれが本当のことなのかハッキリしていない感じ。変わらない事実は、今では冬の定番キャンディになっているということ。

ちなみに、『キャンディケーン』は年間 17億本以上製造され、ほとんどがホリデーシーズンに出荷されるようです。

cookie

こうして出してみると、明らかに『チョコレートチップマカダミア』と色が違う!! と気付いたので、比べてみました。

compare with choco

ね?

『ペパーミントマカダミア』の方は、『キャンディケーン』を意識してか、より赤白のイメージですよねー。

HP には、『マカダミアショートブレッドクッキーにペパーミントを練り込んだ、甘くて爽やかなクッキー』とありました。

two cookies

並べてみると、色だけでなく微妙にサイズも違う(笑)。まぁ、これは原材料の配合の違いで『ペパーミントマカダミア』の方が、膨張しているだけだと思いますけど。

同じ型で抜いても、焼いている途中で生地が広がることはよくあることです。

 

原材料

小麦粉・バター・砂糖・ペパーミントチップ(砂糖・パーム油・無脂肪牛乳・その他)・卵・マカダミアナッツ・食塩/香料・糊料(乳たん白)・乳化剤・着色料(赤40・黄5)・(一部に小麦・卵・乳成分・大豆を含む)

賞味期限

2022年4月8日

栄養成分表示

5個(28g)当たり 140kcal・タンパク質 2g・脂質 8g・炭水化物 15g・食塩相当量 0.2g

 

cookies up

恐らくクッキー表面見える赤い粒が、ペパーミントチップ。

どんなチップなんだろうかと調べてみたら、市販品には色は赤白で、チョコレートやチョコレートとキャンディの組み合わせのものなどがありました。

そういったものを使って、ホリデーシーズンに手作りお菓子を作る人も多いんでしょうね。とにかく、手作りレシピもわんさと出てきました(笑)。

あ、カクテルなどもペパーミント味のペパーミント・マティーニやペパーミント・ホワイト・ルシアンなどがあるんですよ〜。

どれだけ、ペパーミントが好きなんだって思ってしまうけれど、それを楽しむことでホリデーを実感でるのかも知れませんね。

でも、日本ではそこまで浸透することはないと思います〜(笑)。

どんな味?

cut cookies

食べるとショートブレッドらしいザクっとサクっとした食感で

 

おいしいです。

 

香りはガンガンペパーミントだけれど、食べるとクッキー生地の甘さの中にペパーミントがあるなぁという感じで、それほど強くはありません。

よくあるミントが効いた辛さみたいなものは皆無です。もちろんペパーミントが入っているのでスースーっと清涼感はありますけど、歯磨き粉を口の中に入れているような感じではなく、しっかりバター濃厚クッキーです。

うまく表現できませんが、ザックリまとめると、噛んでいるうちはクッキーの甘さが勝っていて、その後少しずつペパーミントの爽やかさが広がり、食べた後は低刺激のリステリンを使った後の 1/10程度のミント感が残る感じ。

何となく、イメージできたでしょうか(苦笑)?

食べる前は本当に食べられるかなーと心配だったけれど、全然大丈夫でした。むしろ今は「おいしいじゃん」と思って食べています(笑)。

コーヒーとも意外と合いますよ。

まとめ

コストコで人気のホノルルクッキーに新フレーバー『ペパーミントマカダミア』が登場!シーズン限定のフレーバーで、ペパーミントらしい爽やかさが楽しめるクッキーです。

定番の『チョコレートチップマカダミア』が甘くて濃厚な味とすれば、こちらは軽くて清涼感のある味。

それほどミント感が強いわけではないので、どちらかと言えば甘いクッキーになると思います。

ただペパーミントは好みがはっきりと分かれるフレーバーではあるので、普段からミントの入ったチョコレートやアイスクリームがダメな人はよく考えてから購入した方が良さそうです。

とは言え、ペパーミント系アイスクリームがダメな私でも食べられたので、ハマる可能性もなきにしもあらず(笑)。チャレンジャー精神のある人は是非。

アメリカのホリデーシーズン限定商品なので、ミントがどうしてもダメというわけでなければ、是非食べてみてください。恐らく完売後は再入荷はなく終売だと思います。

おすすめ度:

*Twitter では、リアルタイム情報をつぶやいたり、最新記事更新のお知らせなどをしています!
follow me, please
* Pick Upした商品は、Instagramで!
follow me, please

logo1
logo
new logo 4
new coupon
mask logo
pharmacy
honolulu
\follow me!/