コストコのお菓子“亀田製菓 亀田のバラエティセット”

先日、かなり久しぶりに亀田製菓の『柿の種』を購入しました。コストコでは以前から大きな箱に入った『柿の種』が販売されているのですが、1種類だと食べ飽きるかなーと思い買い控えていました。

ところが、今回購入したものはバラエティセット

『柿の種』3種類と『つまみ種』の合わせて4種類が、それぞれ5袋ずつ入ったミックスタイプで登場したのです。これなら飽きずに食べられるって思いますよね(笑)。

亀田製菓おつまみ

亀田製菓 亀田のバラエティセット 20パック(4種×5袋) 1,398円(税込・2020年6月)

実は、この中の『売上げNo.1』と書かれている『つまみ種』を食べたことがない私。どんなものなのか興味津々食べてみたら、どれもおいしくてビックリ!! さすがは亀田と言うべきか、封を開けたら全部一気に食べてしまうほど色々な味がミックスされていました。

もちろん、柿の種もおいしいのですが、個人的には『つまみ種』に一票(笑)!

どんなもの?

まずは、簡単に亀田製菓について。

1946年に創業した亀田製菓(亀田郷農民組合委託加工所・新潟県)は、1950年に『柿の種』の製造を開始。後の1966年、現在定番となっている『ピーナッツ入りの柿の種』の販売をスタートさせました。



ちょくちょく話題になる柿の種とピーナッツの割合、これには亀田独自のこだわりがあり、ずっと『6:4』の割合がキープされてきたのは有名な話。

ところがつい最近、昨年実施した『国民投票』で1番支持の多かった『7:3』に移行が決定したんですよ! みなさん、知っていました?

200g/6袋=33.3g の場合
  • 柿の種の数・・・およそ4.6粒増える
  • ピーナッツの数・・・およそ1.8粒減る

現在「さいごの6:4」と「はじまりの7:3」というキャンペーンが実施されていて、既に割合『6:4』での製造は終了、『7:3』の『柿の種』が製造されているとのこと。

ちなみに、今回購入したものは変更前のものなので、割合は6:4(のはず)。恐らく最後になるだろう過去の黄金比率が楽しめるものとなっています(笑)。

箱の中身柿の種

箱を開けてちょっと驚いたのは、1袋のサイズが大きかったこと。勝手にもう少し小さいものだと思い込んでいました(笑)。



『柿の種』の75g入りって、結構大きなサイズなんですね〜(20cm×9cm)。これは、食べ切れる人とそうでない人に分かれそうな気がするなぁ。

4種類亀田製菓

セットになった4種類を並べてみました。左から『柿の種 梅しそ』『柿の種』『柿の種 わさび』『つまみ種』です。

それぞれの特徴
  • 柿の種 梅しお・・・紀州産南高梅から作った乾燥梅肉を使用
  • 柿の種・・・柿の種とピーナッツがバランス良くミックスされている
  • 柿の種 わさび・・・爽やかな辛さの安曇野産本わさびから作った粉末わさびを使用
  • つまみ種・・・1993年の発売当初から10種類の米菓がミックスされている

折角なので、全種の中身を見てみましょう。

柿の種中身

こうして見ると、柿の種のフレーバーは違えど見た目は一緒(笑)!! 一見では区別はつかないですね。

柿の種アップ



近くで見ても、ほぼ同じに見える〜〜(笑)。若干手前の梅だけ表面に粒が見えるくらいでしょうか。

原材料
  • 柿の種 梅しお・・・ピーナッツ(ピーナッツ・植物油脂(大豆を含む)・食塩)・うるち米粉(国産)・でん粉・しょうゆ(小麦・大豆を含む)・梅しそシーズニング(小麦・大豆を含む)・砂糖・カツオ節エキス・たんぱく加水分解物(卵・鶏肉・豚肉を含む)・こんぶエキス・乾燥梅肉/調味料(アミノ酸等)・加工でん粉・酸味料・ソルビトール・香料・パプリカ色素・カラメル色素・香辛料抽出物・甘味料(スクラロース・ネオテーム)・ムラサキトウモロコシ色素・乳化剤
  • 柿の種・・・ピーナッツ(ピーナッツ・植物油脂(大豆を含む)・うるち米粉(国産)・でん粉・食塩)・しょうゆ(小麦・大豆を含む)・砂糖・カツオ節エキス・たんぱく加水分解物(卵・小麦・大豆・鶏肉・豚肉を含む)・食塩・こんぶエキス/加工でん粉・調味料(アミノ酸等)・ソルビトール・パプリカ色素・カラメル色素・香辛料抽出物・乳化剤
  • 柿の種 わさび・・・ピーナッツ(ピーナッツ・植物油脂(大豆を含む)・食塩)・うるち米粉(国産)・でん粉・しょうゆ(小麦・大豆を含む)・わさび風味シーズニング(小麦・大豆を含む)・砂糖・カツオ節エキス・たんぱく加水分解物(卵・鶏肉・豚肉を含む)・こんぶエキス・粉末わさび/調味料(アミノ酸等)・加工でん粉・香辛料抽出物・ソルビトール・香料・パプリカ色素・カラメル色素・乳化剤
  • つまみ種・・・植物油脂・でん粉・もち米(タイ産)・うるち米(国産・米国産)・コーンフラワー・うるち米粉(国産)・もち米粉(タイ産)・片口いわし・えだ豆・砂糖・小麦粉・加工黒大豆・ピーナッツ・えび・しょうゆ(小麦・大豆を含む)・食塩・いか・大豆・魚肉すり身・海苔・水あめ・寒梅粉(中国産)・みりん・植物たんぱく・あおさ・はちみつ・魚介エキス調味料(さば・鶏肉を含む)・デキストリン・チキンエキス調味料・ぶどう糖果糖液糖・ごま・香辛料・卵白粉末(卵を含む)・たんぱく加水分解物・粉末しょうゆ/加工でん粉・調味料(アミノ酸等)・トレハロース・乳化剤・紅麹色素・貝カルシウム・香料(ゼラチン由来)・パプリカ色素・膨張剤・カラメル色素・香辛料抽出物・酸味料

どんな味?

さて、まずは今回個人的に1番気になっていた『つまみ種』を詳しくご紹介したいと思います。



この『つまみ種』は1993年に販売がスタート。その後何度かリニューアルをしつつ、現在の内容になっているようです。

つまみ種全部

1袋の中身は全部でこれだけ。『柿の種』よりは少ない 48g入りですが、結構な量ですよね。

つまみ種 個別

どんな割合で入っているのか気になり、種類ごとに分けてみました。

左上の1番量が多いものから時計回りに、

  • ピー揚げ・・・ソフトな食感で香ばしく、食べ出すと止まらない
  • はちみつ揚げ・・・食べてはちみつだ! とはわからないけれど、甘さは十分ある
  • 枝豆スナック・・・枝豆の風味十分、カリッとした食感
  • 焼海老スナック・・・海老の香ばしさがおいしい
  • 海老せん・・・昔ながらの独特食感
  • 味付け片口いわし・・・甘辛い味付けで、硬すぎず食べやすい
  • いか天・・・いかの風味がしっかりあるが、少し油っこい
  • うまくち豆・・・カリカリとした食感
  • 黒豆あられ・・・黒豆の風味豊かで塩が効いていいる
  • のり巻き・・・海苔の風味と醤油味、定番のおかき

です。

中には単品で食べたことがあるものもありますが、この10種類を同時に食べたことはなく、本当に「パッとつまんで口に入れたら、これだった」みたいな楽しみがあって、とても魅力的な商品だと思いました。

これなら、売上げNo.1も頷けます(笑)。



次に『柿の種』3種。

柿の種3本

左から

  • 柿の種 梅しお・・・口に入れた瞬間フワッと梅味がやって来る。辛さと甘酸っぱさが絶妙なバランス
  • 柿の種・・・香ばしい醤油が効いた定番の味
  • 柿の種 わさび・・・つんとした辛さはあるものの、鼻に来るほど強くはないので食べやすい

です。どれも安定のおいしさです!

まとめ

亀田製菓を代表する『柿の種』が入ったバラエティセットは、あられ特有のカリッとした食感とピーナッツのまた違うカリッとした食感、『つまみ種』にミックスされた10種類の味が楽しめる、どれも文句なくおいしいものでした。

そのままおやつとして食べるのも良し、もちろんおつまみとしてもGOOD。1袋の量もそれなりに多いので、小腹が空いた時にもちょうど良いのではないかと思います。

先にも書いたように、個人的には『つまみ種』がすごく気に入ったので、珍しく5袋中2袋を私用にキープさせてもらいました(笑)。2袋めはまだ食べていませんが、後日ゆっくり味わいながら食べたいと思います。

ということで、誰もが知っている定番『柿の種とつまみ種』、コストコでは市場価格よりもお得に購入できるので、好きな人はぜひどうぞ〜。

おすすめ度:★★★☆☆

 

亀田製菓おつまみ