画像に偽りあり!?コストコ冷凍野菜!“Via Emilia オーガニックレインボーカリフラワー”

cal

Via Emilia
オーガニック レインボーカリフラワー
1.8kg 1,068円(税込・2022年4月)

コストコの冷凍野菜の新商品です。

通常のホワイトだけでなく、オレンジ・グリーン・パープルのカリフラワーがミックスされたもので、手軽にサラダや料理に彩りが添えられるという便利品です。

日本でも鮮やかなグリーンのロマネスコやオレンジ色のカリフラワーなどが販売されていて、カラー的にはそれほど珍しいものというわけではありませんが、冷凍商品、しかもオーガニックでミックスされたものはかなり珍しいと思います。

早速食べてみたら、甘くておいしかったー。流石はオーガニック。

若干パッケージ画像に偽りあり? と思いましたが、概ね満足です(笑)。

商品について

open package

Via Emilia(ヴィア・エミリア)は、現在販売中の『カリフラワーライス』と同じイタリアの Emilia Foods 社のオリジナルブランドです。

このブランド商品の中には、コストコでのみ販売されているものもあり、今回購入した『レインボーカリフラワー』もその一つ。他では買えない商品となります。

他国のコストコでは、カリフラワーパウダーで作った生地のピザやイタリアンマカロンなどもあり、個人的にはマカロンが入荷して欲しい! と思っていますが、どうでしょうか(笑)。

cauli all

取り出したカリフラワーは、大小様々なサイズが揃っています(笑)。カラー的には、どれも同じくらいの割合で入っているかな〜という印象です。

商品概要

名称:有機カリフラワー
原材料名:有機カリフラワー
内容量:1.8kg
賞味期限:2024年7月31日
保存方法:-18℃以下で保存してください。
凍結前加熱の有無:加熱してありません。
熱調理の必要性:加熱してお召し上がりください。
原産国名:イタリア
栄養成分表示(100g当たり):熱量 24kcal・たんぱく質 1.9g・脂質 0g・炭水化物 3g・食塩相当量 0.08g

cauli up

カリフラワーの表面は膜が張ったような感じなので、まるでグレーズ処理がされているかのよう。でも、通常は魚介類にするものなので、恐らくカットしたカリフラワーを洗って凍結させているだけだと思います。

グレーズ

表面の氷の皮膜=品質保持のための処理

調理方法は 2種類あり、フライパンで加熱するか電子レンジで加熱するかのどちらかです。

フライパン・・・フッ素樹脂加工のフライパンに水(90ml)と 300gの製品を入れ、蓋をして中火で10分間、途中でかき混ぜながら加熱する
電子レンジ・・・耐熱皿に 300gの製品を載せ、600Wの電子レンジで 14分間加熱する
*製品の中心部が、74℃になるまで加熱すること

便利さで言えば断然電子レンジですが、実際に火を通すとレインボーカラーがどうなるのか気になり、両方試してみることに。

結論から言うと、加熱は

 

電子レンジ一択です(笑)!!

 

手軽にレンジ加熱して食べましょう〜。

フライパン加熱

pan

まずは、フライパンから。

300gのカリフラワーを入れると、これくらい。およそ 2人分くらいでしょうか。

with water

蓋をしてからしばらくすると、グツグツと沸騰してきました。

この時点で蓋を開けて確認すると、何となく予想はしていたけれど、茹で汁がパープルに変化しています(苦笑)。これは間違いなく色移りするケースですよ〜。

after 10min

10分たったカリフラワー達。

やっぱりね、白いカリフラワーどこ行った? 状態(苦笑)。ほんのり色付いて、きれいなんだか汚いんだかわからない色になりました。

どう考えても、これをサラダにしたって「彩りがきれいよね〜」とはならないと思う。しかも、茹で過ぎた感半端ないし。

plate

お皿に盛り付けても、なんだかホラーみたい。でも、毒は入れてないから〜(笑)。

paizannu

こんな風に『ペイザンヌサラダドレッシング』をたっぷりかけて誤魔化してみたけれど、誤魔化せていないですね(笑)。

これはいかん!!

気を取り直して、次は電子レンジです。

電子レンジ

range

特にラップをしてとはなかったので、そのままレンジへ GO。

ただ、14分も加熱するときっとフライパン同様、火が通り過ぎるんじゃないかと思い、11分でストップしました(笑)。

plate2

いい感じ〜〜!!

これよ、これ!!

『レインボーカリフラワー』は、こうでなくっちゃ!!

でも、やっぱり画像に偽りありですよね〜。パッケージの鮮やかなパープルとは違い、実際はどす黒いパープルだし(苦笑)。

紫系の野菜の中には、火を通すと鮮やかなグリーンになるものもあるけれど、カリフラワーは違うんですね。

どんな味?

加熱方法は電子レンジが断然おすすめですが、味はどちらの調理方法でも

 

おいしいです。

 

すごく甘くてカリフラワーらしい味。いつまでも噛み続けていたいと思うほど、おいしい。

個人的には、カリフラワーもブロッコリーも芯が少し残っている硬さが好きなので、フライパンの方は柔らか過ぎてちょっとな〜と思いましたが、電子レンジの方は短くしたので、ちょうど良い硬さになっていて食べやすかった。

芯はない方が好きという場合は、規定時間しっかり加熱すると良いと思います。

まとめ

コストコに便利な冷凍野菜『レインボーカリフラワー』が入荷しました。

グルテンフリーで人工香料不使用、もちろん食塩も無添加なので、色々な料理やサラダにそのまま使える便利品です。

ただ、加熱後の色がね〜(苦笑)。パープルだけが特に目を引く色なだけに、調理する時は気を付けないといけないな〜という感じです。

サラダなら、電子レンジ加熱する方がベターだし、煮込む場合もパープルは色が抜けてしまうのでわざと入れないという選択もありだと思います。その辺りは、お好みで判断してください。

本当は、パッケージ画像のように鮮やかなプレートができるたら最高じゃん! と思って購入したけれど、実際は・・・。

でも、味は文句なくおいしいので、多少画像を盛っていたとしてもOKです(笑)。カリフラワーはフレッシュな場合日持ちがしないので、こういった冷凍商品をストックしておくと重宝しますからね〜。

まとめると、カラー以外は文句なし(レインボーなのに〜・苦笑)!

カリフラワーが好きな人は、是非食べてみてください。

おすすめ度:

*Twitter では、リアルタイム情報をつぶやいたり、最新記事更新のお知らせなどをしています!
follow me, please
* Pick Upした商品は、Instagramで!
follow me, please

logo1
logo
new logo 4
new coupon
mask logo
pharmacy
cal
\follow me!/