コストコのナッツは種類が豊富!“Brookfarm アドベンチャーミックス”

最近ゆるーい糖質制限をしているせいか、コストコに行くと以前よりもナッツ類に目が行くようになりました。甘いクッキーなどは糖質が高いので、今はちょっと我慢です(苦笑)。

さて、コストコのナッツは定番のカークランドシグネチャーのものだけでなく、ロカボナッツなどの商品も豊富に揃っています。今日はその中から、間食用に食べてみたいと買ったこちらをご紹介します。

Brookfarm アドベンジャーミックス 475g 1,298円(税込)

このアドベンチャーミックスは、ナッツだけでなくドライフルーツもミックスされたもの。なので、ロカボナッツよりは飽きずに食べられそうです(笑)。

ブルックファームって?

ブルックファームは、オーストラリア最東端バイロンベイにあるの家族経営の農場です。1999年の設立以来、高品質のマカダミアナッツ製品を製造しています。

商品には、オーストラリアやニュージーランドではメジャーなミューズリー(穀類とナッツ・フルーツを混ぜたシリアル)やグラノーラ(混ぜたシリアルをロースト・味付けしたもの)、またミューズリーバーなどがありました。

コストコには、確かグラノーラも入荷していたと思います。




HPを確認すると、今回購入したアドベンチャーミックスはエクスプローラー ブラザーズブレンドという名称で販売されていました。

出典:https://brookfarm.com.au

これです。パッケージは違うけれど中身は同じです。

実はこれ、ブルックファーム経営者の2人の息子達が考案した商品のようで、新商品として紹介されていたんですよ!商品名のエクスプローラー ブラザーズブレンド(探検)がアドベンチャーミックス(冒険)に変わっているのは、きっとその方が分かりやすいから? もしくは、業務用と区別しているのから? などと勝手に想像していますが、実際のところはわかりません(笑)。

何がミックスされているの?

では、早速中身のチェックです。

パッケージを開けると、こんな感じ。しっかりとナッツとフルーツがミックスされていますよね。




まずは、お皿に取り出してみました。若干ナッツの破片らしきものがドライフルーツに付いていて見た目はあまり美しいとは言えませんが、ザザーっと何度お皿に出してみても、中身が偏ることはありませんでした。

マジでしっかりとミックスされています(笑)。

原材料

アーモンド・ペカンナッツ・くるみ・ヘーゼルナッツ・ココナッツ・タルトチェリー加工品(タルトチェリー・砂糖・植物油脂)・クランベリー加工品(クランベリー・砂糖・植物油脂)・レーズン・かぼちゃの種・ひまわりの種・植物油脂・食塩

原材料の記載順に並べてみました。左上から右上へ、左下から右下への順です。防腐剤や添加物なども一切使用されていないので、安心して食べることができる商品です。

どんな味?

実際に食べてみると、食塩が添加されているものの、ほとんど素材そのものの味しかしません。

 

おいしい。

 

素直に、おいしい。

 

ただタルトチェリーとクランベリーは、加工されているので甘酸っぱいというよりは結構甘いけど(笑)。でもこれがおいしさをUPさせている気もします。

つまんで食べると1度に色々なものが口の中でミックスされるのがいいのです。カリッとしたヘーゼルナッツと比較的硬めでしなしなと柔らかいココナッツ、ソフトなレーズンなど、どれも食感が違うので噛み応えがあるんですよね。噛めば噛むほどおいしさが広がる感じです。




それにしても、こういうミックスナッツ系のものは食べ辛いのが難点だと思いませんか? 何とかならないかなといつも思います(笑)。しかもアドベンチャーミックスには、かぼちゃやひまわりの種も入っているし!これはスプーンで食べるのが正解かも知れませんねぇ・・。

まとめ

間食用にお試し購入したアドベンチャーミックスでしたが、少し食べるだけで満足できるおいしいナッツ&フルーツ(しかも10種類も!)でした。

ミックスされたナッツ類は全て食感が違うものなので、一緒に食べることでおいしさが倍増(笑)。小腹が空いた時のおやつとして、またおつまみとしてもおすすめです。もちろん、私のように糖質を気にしている人にも。

ちなみに、ロカボナッツ1食分と同じ28gで炭水化物(糖質&食物繊維)は7.84g。微妙な数字ですが、ゆるーい糖質制限の私にはちょうど良いかな。

というわけで、なくなったらまたリピ買いして、いつでも食べられるようにしておこうと思います。ナッツ好きの人はぜひ。

おすすめ度:★★★☆☆