コストコの数量限定販売品!“帝国ホテル クッキー詰め合わせ”

ギフトにちょうど良いなーと思った『帝国ホテルクッキー』、実際に食べてみたので今日は詳しくご紹介したいと思います。3月3回目のコストコショッピングで買ったものです。

hoteru cookies

帝国ホテル 帝国ホテルクッキー詰め合わせ 150g 1,358円(税込・2021年3月)
コストコオンライン価格:1,548円(税込・2021年3月)

帝国ホテルのクッキーには色々な種類の詰め合わせがあるんですけど、今回購入したものは一般販売されていないものなので、恐らくコストコ専用の詰め合わせなんだと思います。

ボックスの中には違ったタイプの5種類のクッキーが詰め合わせられていて、最後まで飽きることなく食べることができます。全て個包装という点も魅力。

ただ実際に食べたクッキーは、どれも流石は帝国ホテルと言わんばかりのお上品な味だったものの、ごく平均的。好みもありますが、我が家では全員が「普通」評価で『無難においしいクッキー』という感想でした。

どんなもの?

teikoku cookies

セットになっているのは、以下の5種類。

 

セット内容

  • イチジククッキー
  • ココナッツクッキー
  • マカロン
  • チョコレートクッキー
  • ヘーゼルナッツクッキー

 

どれもがクリアなパッケージで個包装されているので、中身は確認しやすくなっています。

name

これらのクッキーを製造しているのは、帝国ホテルではなく北海道のD&Nコンフェクショナリー社です。

ドトール・日レスホールディングスのグループ会社である D&Nコンフェクショナリー社は、自社ブランドの商品(東京駅のお土産として有名な『ぼーの』など)だけでなく、グループ間及び外部取引先(今回の場合で言うと帝国ホテル)の高品質な商品を開発し、卸販売を行っています。

つまり、今回購入したクッキーは、帝国ホテルのために開発されたクッキーなのです。

1. イチジククッキー

ichijiku

外側にグラニュー糖がまぶしつけられた、いわゆるディアマンタイプのクッキーです。勝手にドライフィグが混ぜ込まれているものだと思っていましたが、実際はイチジクペーストでした。

 

原材料

小麦粉(国内製造)・バター・砂糖・イチジクペースト・ショートニング・食塩/香料・(一部に乳成分・小麦を含む)

 

2. ココナッツクッキー

coconuts

クッキー生地にココナッツファイン(粗挽きタイプ)が混ぜ込まれているクッキー。いや、むしろココナッツファインに少量のクッキー生地が混ぜ込まれているのかも!?

それくらいココナッツ度が高いクッキーとなっています。香ばしく焼かれたクッキーは、ココナッツの甘い香りがします。

 

原材料

ココナッツ(フィリピン)・砂糖・液卵白・バター・小麦粉・水飴/香料・(一部に乳成分・小麦を含む)

 

3. マカロン

macaron

マカロンという名前だけれど、ガナッシュやジャムをサンドしたいわゆるマカロンとは違い、生地にアーモンドとヘーゼルナッツを使用したサクッと軽いクッキーとなっています。

フランスを代表する洋菓子のマカロンは、発祥については諸説あるものの、実は様々な種類のものが存在します。

日本にも地方によって同じものでも違うものってありますよね? そんな感じで、マカロンにもサクサクとしたものからねっとりとしたものまで、色々とあるのです。

原材料の基本が、卵白・砂糖・アーモンドというのは変わらないようですけどね。

 

原材料

粉糖(砂糖・コーンスターチ)(国内製造)・アーモンドぱうだー(国内製造)・液卵白・砂糖・ヘーゼルナッツ・小麦粉・乾燥卵白・食塩/ベーキングパウダー・香料・(一部に卵・小麦・アーモンドを含む)

 

4. チョコレートクッキー

choco

イチジククッキーとほぼ同じサイズで、アイスボックスタイプ。混ぜ込まれたナッツは、少し粗めのようです。

表面や断面をよく見ると、キメの細かなクッキーだということがわかります。恐らくそれは、粉糖が使用されているから。粉糖を使うと、普通の砂糖やグラニュー糖で焼いたクッキーとは違う、かなり優しい食感に仕上がるんですよ。我が家の定番アイスボックスクッキーも、粉糖を使います。

 

原材料

小麦粉(国内製造)・バター・粉糖(砂糖・コーンスターチ)・液卵・ショートニング・ヘーゼルナッツ・ココアパウダー・チョコレート・くるみ・食塩/増粘剤(加工デンプン)・香料・乳化剤・(一部に卵・乳成分・小麦・アーモンド・くるみ・小麦を含む)

 

5. ヘーゼルナッツクッキー

nuts cookie

こちらも粉糖が使われているので、手で割った感じは軽いものでした。

クッキー表面には、トッピングのナッツを接着させるために薄く卵黄が塗られ、5種類の中で唯一光沢があります。

 

原材料

小麦粉(国内製造)・バター・粉糖(砂糖・コーンスターチ)・クリーム・ヘーゼルナッツ・ショートニング・液卵黄・ヘーゼルナッツパウダー・ヘーゼルナッツペースト・食塩/増粘剤(加工デンプン)・香料・(一部に卵・乳成分・小麦・アーモンドを含む)

 

どんな味?

どれも、

 

おいしい。

 

ケルセンの『バタークッキー』のように、見た目は違うけれど味はほぼ同じ味という衝撃的なものではなく(笑)、それぞれ違った個性があります。

 

  • イチジククッキー・・・バターの良い香り。食べている途中は特にイチジクを感じないけれど、後味に少しつぶつぶとした食感と味が残る。
  • ココナッツクッキー・・・ほんのりココナッツの香り。食感はかなりハードでガリっとしている。思ったほどココナッツの繊維質は感じられず、あと口に残る程度。香ばしさは強く、でもあっさりとした味。
  • マカロン・・・香りはマカロンらしいナッツ感。メレンゲクッキーほど軽くない食感で甘過ぎない。しっかりと焼かれているので、カリッとした食感になっている。
  • チョコレートクッキー・・・サクホロっとした食感で、口の中ですぐに溶ける。ヘーゼルナッツよりもウォールナッツ(くるみ)の味が強め。ビターチョコがアクセントになっていて甘さはかなり控えめ。ココアパウダー感が強い。
  • ヘーゼルナッツクッキー・・・チョコレートクッキーと同様、ホロっと崩れる食感。甘さは控えめで、ヘーゼルナッツとバターの味がしっかりと感じられる。どことなく鳩サブレを彷彿する味。

特に味にインパクトはないけれど、優しい味わいなのは間違いありません。まさに帝国ホテルのイメージにピッタリなクッキーだと思います。

まとめ

数量限定でコストコに入荷した『帝国ホテル クッキー詰め合わせ』は、どれも違った味と食感が楽しめるものです。

全体的な印象は、お上品で繊細。特に目上の人や年配の方へのギフトには最適じゃないかと思います。ネームバリューもありますしね。

ただ残念ながら、我が家では普通評価だったので自宅用のリピ買いはありませんが、ギフト用としては追加で買っておくつもり。

昨年入荷した時は瞬く間に完売していたので、気になる人は早めにチェックしてみてください。現在、コストコオンラインでも販売されています。

おすすめ度:

*Twitter では、リアルタイム情報をつぶやいたり、最新記事更新のお知らせなどをしています!
follow me, please
* 紹介しきれなかった商品は、Instagramで!
follow me, please

star1
mask logo
mark logo
costco logo
hoteru cookies
\follow me!/