コストコ人気のフードコートメニュー“チキンナゲット&ポテト”

nuggets & fries whole

コストコ FOOD COURT
チキンナゲット&ポテト
780円(税込・2021年12月)

昨年 12月下旬、フードコートが空いていたこともあり『チキンナゲット&ポテト』を初めて買ってみました!

フードコートメニューの画像で大体の大きさは予想していたものの、実際の紙バケツを見て「おおっ」とちょっと圧倒されました(笑)。

デカイよ〜。

まぁ 780円(税込)なので当然の量かも知れないけれど、まるで映画館で食べるポップコーンのラージサイズのよう。ひとりで食べる量ではないことは、ほぼ確実です(笑)。

家に持ち帰って改めて見てもやっぱり大きく、一瞬買って失敗だった? と思ってしまいましたが、食べると普通においしく、小腹が空いた時につまむにはちょうど良いなと思いました!

商品について

nuggets & fries

シート状の蓋を開けると、フワッとジャンキーな香りがします(笑)。

紙バケツの中には、同じく紙製の仕切りが入っていて、チキンナゲットとポテトが別々に入れられています。

ポテトを見て、初めて「あのポテトが使われているんだ!」と気付いた私。それは、再販して欲しいな〜と思っているのに一向にその気配がない冷凍ポテト『クリスパーズ』です(笑)!

potato up

この V字になった独特のカット! ディップがしやすい形状になっているんですよね。

『クリスパーズ』は、『SureCrisp™(シュアクリスプ)』と呼ばれるクリアコーティングのおかげで、時間が経っても比較的サクッとしたクリスピーさがキープできる優秀ポテトです。

今回は持ち帰ったので、クリスピーさをキープできる時間(およそ 20〜30分)は過ぎてしまい、しんなりとなっていたのは仕方なし(苦笑)。

nuggets & fries up

一方ナゲットの方は、かの有名なマクドナルドのナゲットとほぼ同じサイズと形をしています。唯一の違いは衣でしょうか。

業務用と言うよりも、ちょっと家で作る手作りっぽい衣だなーという印象を受けました。

どんな味?

どちらも

 

普通においしいです。

 

『チキンナゲット』の方は冷めたままだと若干パサつきがあり、『ポテト』もしんなりとしているので、どちらもオーブントースターでの再加熱は避けられないかなぁという感じでしたが、一応そのまま普通に食べられました。

でも食べ続けるのは辛かったので、予熱をしたオーブントースターで 5〜6分加熱を実行。

これで、おいしく復活したはず!

と思いきや、『チキンナゲット』の方は思ったほどではなく、残念ながら家族の評価は「ごく普通」止まり。満場一致で「マクドナルドの方がおいしい」という結果になりました(苦笑)。

食べ慣れているということもあるかも知れませんが、個人的にも『チキンナゲット』のパサつきはすごく気になったので、リピ買いはないな〜と思います。

ただ『ポテト』の方は、そのまま食べてもケチャップをつけてもおいしく食べられました! やっぱり『クリスパーズ』はすごいなぁ(完全にそれだと決めつけています・笑)。

商品のボリュームも食べ応えも十分なだけに、ナゲットのパサつきのみがちょっと残念でした。

まとめ

コストコフードコートで人気の『チキンナゲット&ポテト』は、2〜4人分ほどあるかなという量でボリューム満点! 家族や友人と一緒に楽しむにはピッタリな商品だと思います。

ただ『チキンナゲット』はパサつきがあり、食べると口の中の水分が持っていかれるので、味は悪くないけれどリピ買いしたいとは思えず(苦笑)。我が家では、断然マクドナルドに軍配が上がりました。

と、ここまであまり良い評価を書いていませんが、『チキンナゲット&ポテト』はごく普通においしく食べられるので、休日のランチやお出かけ時のお供に購入するのは全然アリだと思います。

基本的においしく食べるなら、購入してそのまま温かいうちにコストコ店内で食べるのがおすすめかな。温め直すなら少しアレンジするなど工夫が必要かも知れません。

おすすめ度:

nuggets & fries
\follow me!/