おいしいと評判!コストコ“もちもちじゃがまん”買ってみた

ずいぶん前から気になりつつも買う機会を逃していた商品。先日、やっと購入しました。

丸和油脂 もちもちじゃがまん 24個入り スープ付 899円(税込)

これですよ、これ!

もちもちのじゃがいもの皮で野菜と豚肉を包んだじゃがまん。きっと、以前ご紹介したじゃがいも餅(いももち)のような、お団子食感に違いない!と、団子好きな私としてはかなり期待していた商品なのです。

>>じゃがいもでおやつ作り!もちもち“じゃがいも餅”

北海道のじゃがいも料理

ところで、じゃがいもと言えば北海道の名産品。当然のごとく、生産量ダントツ1位の北海道では、よく作られるじゃがいもレシピ、いわゆる郷土料理がいろいろとあるのです。

実は、じゃがいも餅もそのひとつ。それ以外ではあげもちじゃがバターも郷土料理なんですよね。

じゃかバターですよ!

だれもが知っているレシピだけれど、最初にこの組み合わせを考えた人はすごいですよね!マジで最強だと思います(笑)。これを嫌いな人っていないんじゃないかと思ってしまう。

で、じゃがまんも郷土料理なのかと思いきや

 

違いました(笑)。

 

でも、じゃがいも入りの餃子の皮で包んだじゃが餃子や、じゃがいもから作ったもちもち皮で豚肉を包んだじゃが豚など、このじゃがまんと同じような商品はいくつかあるようなので、北海道ではさほどめずらしいものではなさそうです。

さて、じゃがまんを製造している会社『丸和油脂』ですが、てっきり北海道の会社なのかと思っていたら東京の会社でした(笑)。創業は大正12年。マーガリン工場からスタートした会社ということで、現在もマーガリンをはじめ油脂製品(業務用含む)やなぜか(?)北海道物産品をいろいろと製造しています。

コストコで扱っているものでは、ホテルマーガリン北海じゃがバターも同じ丸和油脂の商品なんですよね。我が家ではマーガリンはほぼ使わないので食べたことはないのですが、北海じゃがバターは機会があれば食べてみたいなと思っています。



中身はどんなもの?

では、じゃがまんの中身をチェックしましょう。

箱の中には、12個ずつ入ったパッケージが2つ、スープの素が4つ入っていました。外箱の写真にもあるように、6個が1人前のようです。

中身を取り出すと、こんな感じ。表面を見るとじゃがいもが入っている感がありますね。少しざらついているように見えますが、形は小籠包っぽくてお団子みたい(笑)!!

調理法はとても簡単。茹でてスープ仕立てにするか、蒸して好みの調味料をつけて食べるかの2種類です。

茹でる

450ccのお湯を沸かしてじゃがまん6個を投入。規定時間7〜8分ほど茹でて浮いてきたら、添付のスープの素を加えてひと煮立ち。

蒸す

蒸し器で7分ほど蒸す。

我が家は、せっかくスープの素がついているのでスープ仕立てにしてみました。

6個は食べきれないなと思い3個にしたのですが、このボリューム(笑)!

では、いただきます。

 

うわー!もっちもちーー!

 

本当にじゃがいも餅のようにもちもちです(笑)。そしてやわらか!

 

うん。おいしいです。

 

これは、小さいお子さんでも食べやすい味じゃないかと思います。ただ、

  • スープの味がわりと濃い。
  • 中の具材のひき肉が粒のよう(笑)

ということは気になりました。

スープに感してはお湯を足すなど調節可能ですが、具材の方は・・・。味はおいしいけれど、お肉の食感がほぼないのはちょっと残念でした。何というか、フードプロセッサーで細かくした感じ(苦笑)。また長めに茹でたり、長くスープに浸しているとじゃがまんの皮は若干ブヨブヨになりますね。

でも、じゃがいもの味はしっかり感じられる皮はおいしく、言うことなしです!もちもちさは感動ものですしね。

それに、ボリュームもあるので、休日のランチやごはん作りたくない!という日にも活躍してくれると思います(笑)。なので、私はそんな日のために買い置きしておこうかと思っています。

というわけで、私のようにお団子好きな人は好きな食感だと思うので、ぜひお試しを。

おすすめ度:★★★☆☆

>>コストコに行けないよーという人は、ネットショッピングでどうぞ。

こちらの記事もどうぞ!