らでぃっしゅぼーやで届いた春の味覚!うすいえんどうのポタージュ

暖かくなり、らでぃっしゅぼーやのぱれっと『しきさい』の中身も春らしくなってきました。届く野菜で季節を感じるのも良いものです。

これは、うすいえんどう

日本の約半分のうすいえんどうは、和歌山県で生産されているんですよね。なので、関西で豆ごはんと言えば、グリーンピースではなく、このうすいえんどうで作るのが定番です。

小さいころは、これが食卓に並ぶと「イヤだな・・・」なんて思っていましたが、今じゃ「そんなことあった?」と思うほど豆類が好きにな私(笑)。味覚は変わるものですね。

ところが!

夫は未だにうすいえんどうは苦手だし、息子達も豆類はあまり好きじゃない!!なので、よっぽどのことがない限り豆ごはんを家で作ることはありません。おいしいのに・・・(苦笑)。

というわけで、我が家では豆が届くとポタージュにすることが多いのです。

>>ただ今、春野菜が勢揃い中!


届いた豆はさやから出すと鮮度落ちが早いので、早めに食べるようにしています。毎年そら豆でもポタージュを作りますが、どちらも豆の甘みがたまらなーーい(笑)。

>>さわやか初夏の色!旬のそら豆スープを作ろう

もし、我が家のように『豆苦手人間』が身近にいたら、ぜひポタージュにしてみてください。きっと食べてくれると思いますよ。



それでは、うすいえんどうのポタージュレシピをどうぞ。

ここにタイトル

うすいえんどう・・・200g(さやつき)

じゃがいも・・・中サイズ1個

たまねぎ・・・1/2個

コンソメキューブ・・・1個

バター・・・5g

水・・・200ml

牛乳・・・200ml

生クリーム・・・適量

塩・・・適量

  1. うすいえんどうはさやから出します。たまねぎは薄めのスライス・じゃがいもは皮をむいて2cm角くらいに切ります。
  2. 鍋にバターを入れて火にかけ、うすいえんどう・たまねぎを入れて炒めます。
  3. 全体にバターが馴染んだらじゃがいもも加えて、さらに炒めます。
  4. じゃがいもにもバターが馴染んだら、水とコンソメキューブを加えます。
  5. 弱火にして蓋をし、10分ほど煮込みます。
  6. じゃがいもがやわらかくなったら、ブレンダー(ミキサー)でよく混ぜます。
  7. 混ざったら牛乳を加えます。そのまま弱火で静かに沸騰させます。
  8. 味をみて、うすければ塩を、濃ければ牛乳を加えて調整してください。
  9. 器に盛りつけ、生クリームをかけてどうぞ。

今回は、とろっと濃厚スープにしたくてじゃがいもを加えていますが、さらっとしたポタージュがお好きなら、加えなくてもOKです。その場合の分量は、そら豆のレシピを参考にしてください。

旨味と栄養がそろったうすいえんどうは、今の季節しか楽しめません。ぜひ、作ってみてください。

 

こちらの記事もどうぞ!