時短レシピ!今季最終“マロンドール”で冷製パンプキンスープ

先日、お気に入りのかぼちゃ『マロンドール』をリピ買いしました。

コストコの野菜“ニュージーランド産 マロンドール”で簡単グリル

2019-03-16

メキシコ産 マロンドール(AOZORA) 2個 399円(税込)

ゴロンとしたかぼちゃが2個セット!! 多そうに思いますが、あっという間になくなります(笑)。本当に甘くてホクホクしていておいしいんですよねー。すっかりファンになっています。

みなさんご存知のように、かぼちゃの旬は夏なので、日本であまり生産されないシーズンは輸入ものが出回ります。つまり、海外でしっかりと成長する夏に生産されたおいしいかぼちゃが食べられるわけです。

で、今のシーズンは国産ものが多く出回り始めるため、海外産のマロンドールは今季最終ものがコストコで残りわずかな状態となっているのです。今週のはじめにコストコに行った時は、まだいくつか残っていました(神戸倉庫店)が、もしかしたらもう完売しているところも多いかも知れませんね。

ところで、前回ご紹介したマロンドールはBOSTOCKのニュージーランド産でしたが、今回購入したものはメキシコ産なんですよ。メキシコ産はBOSTOCKが生産しているわけではないのですが、どちらもBOSTOCKの関連会社『AOZORA』社が輸出入をしています。

  • ニュージーランド産マロンドール・・・AOZORA NewZealand社が日本へ輸出
  • メキシコ産マロンドール・・・AOZORA JAPAN社が輸入

ちなみに、AOZORA JAPAN社は神戸にあるんですよー! 我が家と近ーーい(笑)。

実はこの度、ニュージーランドにある『AOZORA NewZealand』社の方からメッセージを頂いたことがきっかけで、少し今後のマロンドールについてご質問させて頂く機会に恵まれました。上記の輸出入についても教えて頂いたんですよ。

とにかく、とても気に入っているマロンドール。個人的には今後もずっとコストコで取り扱って欲しいと思っているので、気になったことを確認させて頂きました。

マロンドールについて
  • マロンドールは今年の3月からコストコで販売をスタートしたばかり。
  • ニュージーランド産の販売は2〜6月、メキシコ産は6〜7月。基本的に同時に販売されることはない。
  • メキシコでの生産は1年に2シーズンあるため、もうひとつのシーズン(11〜12月)のものも、今後入荷の可能性あり。
  • 現在はまだ国内で生産されていないが、今後は国内産も誕生予定。生産されるようになると、夏に国産マロンドールが販売される可能性あり。

いや〜〜、もしかしたら私の希望通り『年中』マロンドールが購入できるようになるかも知れませんね! 今後の動きに注目したいと思います。

レシピ

さて、今日はおいしいマロンドールを使った、暑い日にぴったり『冷製パンプキンスープ』レシピのご紹介です。じゃがいもで作るヴィシソワーズも好きですが、どちらかと言えばパンプキンスープの方が好きです。

それでは、レシピをどうぞ。今日はレンジを利用して時間短縮! あっという間に完成しますよ。

材料(4人分)

マロンドール・・・皮と種を取り除いたもの350g

たまねぎ・・・大1/2個

バター・・・10g

水・・・200ml

牛乳・・・300ml

固形ブイヨン・・・1と1/2個

塩・・・適量

生クリームやパセリなど・・・今回はローストアマニパウダー使用

  1. かぼちゃは2〜3cm角くらいに切って耐熱容器に入れ、柔らかくなるまで加熱しておきます。
  2. たまねぎは縦に薄切りにしておきます。
  3. 鍋に水と固形ブイヨンとたまねぎを入れ、火にかけます。沸騰したら弱火にして蓋をし、たまねぎがある程度柔らかくなるまで煮込みます。
  4. 柔らかくなったら牛乳とかぼちゃも加え、さらに5分ほど煮込み火を止めます。
  5. ブレンダーもしくはミキサーを使って混ぜ、スープ状にします。
  6. 味をみて、薄ければ塩で調整します。
  7. 粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やし、食べる直前に器に盛り付け、生クリームやパセリなどお好みでトッピングしてください。

マロンドールの味が濃くておいしいので、シンプルレシピで作ったパンプキンスープもおいしーーいですよ(笑)。

冷えたスープなら、夏バテ気味で食欲がない日も飲めるかも。もしまだコストコにマロンドールが残っていればマロンドールで、もしなければ市販のかぼちゃで、ぜひ作ってみてください。

それにしても、連日暑いですねー。熱中症に要注意ですね!