コストコのイチオシ野菜“マロンドール”もう食べた?オープンオムレツ&スイーツレシピ”

コストコで販売されている『マロンドール』は、私のイチオシ野菜の一つ。

本当に甘くてホクホクとしていて、栗のような味わいでおいしいんですよね。初めて食べてから2年になりますが、その間他のかぼちゃをほとんど買っていません(マジです・笑)。

「これ以外は食べたくない」と思うほど気に入っているので、まだ食べたことがない人は是非食べてみてください。

marrondor

Marron d’Or(マロンドール) かぼちゃ(ニュージーランド産) 2個 658円(税込・2021年3月)

2個も食べ切れないと思った人、大丈夫です!

かぼちゃは生のまま冷凍保存できるので、購入後すぐに食べない分の種を取り除き、使いやすいサイズにカットして冷凍庫へ。市販の冷凍かぼちゃを購入するよりも、ずっと節約になります。

さて、今日は改めて Marron d’Or(マロンドール)についての詳細と簡単レシピをご紹介したいと思います。

今回は、マロンドールの輸出入を行っている AOZORA 社の方に直接お話を伺い、ニュージーランドで育つマロンドールの画像もお借りしました!

マロンドールって?

marrondor

これはニュージーランドで収穫されたマロンドール。整った形をしていますよね。

知っている人もいるかも知れませんが、実はマロンドールは日本のタキイ種苗が開発した品種。味・サイズ・収穫量などのパフォーマンスが良いため、海外(ニュージーランドやメキシコ)で生産されることになったようです。

現在コストコでは、ニュージーランド・メキシコ・北海道産のマロンドールの取り扱いがあり、ほぼ年中購入できるようになっていますが、ニューカレドニアでも栽培されているようなので、いつの日かニューカレドニア産を見かけることがあるのかも(笑)?

marrondor2

広大な農地を見ると、すくすくと育つマロンドールが安易に想像できますね。だって、日陰がないし! 太陽の恵みをいっぱい浴びて健康的に育っているんですよ!

さて、そんなマロンドールを使った簡単レシピは、以下の2種類。どちらもあっという間に完成するので、是非作ってみてください。

  • マロンドール・オープンオムレツ
  • スイートマロンドール

オープンオムレツは、通常中に入れる具材を先に炒めますが、今回はそれを省いて作りますよ! そして『スイートマロンドール』の方は、たった3つの材料だけで作ります! マロンドールの味が堪能できるスイーツです。

マロンドール・オープンオムレツの作り方

marron1

まずは、マロンドールの種を取り除きます。

口当たりを良くするため、皮を取り除き 3cm 角くらいにカットします。次に耐熱容器に入れてレンジで加熱。今回の使用量(250g)であれば、500Wで5分ほど加熱すればOKです。

egg

ボールに卵を割り入れ泡立て器で溶いたら、粗熱を取ったマロンドールを加えます。

egg&marrondor

ここに、他の材料もどんどん加えて混ぜていきます。マロンドールは少し崩しながら混ぜると、全体に散らすことができますよ。

mix marrondor

あとは、熱したフライパンに薄くオリーブオイルをひいて、一気に流し入れるだけ!

ちなみに、今回使ったライパンは再販を願っていた『ROCKのフライパン』です。先日購入した『バッラリーニ』はまだ温存中(笑)。

rock

もう使い始めて今年の5月で2年になりますが、まだ現役!! ROCKの刻印もまだきれい! 凄くない(笑)?

フライパンをこんなに長く使ったのは初めてです。優秀なフライパンなので、くたびれて買い換える前にまた出会いたかったなぁ。

omlet1

こうして生地を投入したら、火加減は中火の弱にします。

marron7

初めはこんな状態ですが、そのまま10分ほど焼くとこうなります。

10min

ぐるりが少し焦げて固まっている状態。ここでお皿を使ってひっくり返します。

フライパンを揺すってオムレツをお皿にスライドさせて乗せ、そのお皿の上にフライパンを覆うようにしてひっくり返すとうまくできると思います。

bottom omlet

これくらいに焦げると香ばしくておいしいので、蓋をして蒸し焼きにはしないでオープン状態で焼いてくださいね。もし蓋をするなら時間は短めに、そうしないと火が通り過ぎてしまうので注意!

omlet2

焼けました〜!

cutting

カットすると、マロンドールがごろごろと。これがおいしいんですよ!

omlet3

今回冷凍していた『フレンチビーンズ』を加えていますが、お好みでブロッコリーや玉ねぎでもおいしくできると思います。色々アレンジしてみてください。

マロンドール・オープンオムレツのレシピ

材料(24cmサイズ1枚)

  • マロンドール・・・250g(種と皮を取り除いた正味量)
  • 卵・・・5個
  • モッツァレラチーズ(シュレッドタイプ)・・・30〜35g(お好みのチーズでOK)
  • ベーコン・・・25g
  • フレンチビーンズ・・・30g
  • 牛乳・・・大さじ1と1/2
  • 塩・胡椒・・・適宜

作り方

  1. マロンドールの種と皮を取り除き、3cm角にカットします。
  2. カットしたマロンドールは、レンジで加熱して火を通します。目安時間は 500Wでおよそ5分。
  3. ボールに卵を割り入れ、よく混ぜます。
  4. 混ざったところに粗熱を取ったマロンドールを投入。
  5. モッツァレラチーズ・小さめに刻んだベーコン・3〜4cm長さにカットしたフレンチビーンズ・牛乳も同時に加え、よく混ぜます。
  6. 塩・胡椒も加えますが、ベーコンの塩気があるので塩は控えめに。
  7. フライパンを熱して、薄くオリーブオイル(分量外)をひいたら、一気に卵液を流し入れます。
  8. そのまま中火の弱で10分ほど焼き、周りが固まっているのを確認したらひっくり返します。
  9. 返してから3分焼けば完成です。

スイートマロンドールの作り方

では、もう一つのレシピ『スイートマロンドール』を作ります。

こちらもまずは皮と種を取り除き、薄めにカットしてレンジで加熱。柔らかく潰せる状態になればOKです。

marron3

他の材料(粉糖・無塩バター)と一緒にボールに入れて、よく混ぜていきます。

普通の『スイートポテト』なら卵も入れますが、今回はなし。マロンドールの水分とバターの油分で、生地はぽってりと仕上がるので必要ないのです。

絞り出し

好みの口金を付けた絞り出し袋に生地を入れ、ひと口サイズに絞っていきます。

予熱したオーブントースターで、12〜13分間焼けば完成。表面が乾燥していれば、手で触っても潰れません。

marron1

焼きたての熱々もおいしいけれど、冷めてもおいしい。ただ3種類の材料でのみ作っているので、食べるのは当日中がおすすめ。時間が経つと、表面のサクッと感はなくなります。

sweet marron

中は絞り出す前とあまり変わらず、ペースト状です。

思いつきで作った『スイートマロンドール』ですが、息子達大絶賛!! 「これおいしーーい」と言ってパクパク食べていました(笑)。

スイートマロンドールのレシピ

材料(15〜20個分)

  • マロンドール・・・165〜170g(種と皮を取り除いた正味量)
  • 粉糖・・・35g
  • 無塩バター・・・25g(イズニーAOP無塩バター使用)

作り方

  1. 好みの口金を付けた絞り出し袋を準備しておきます。
  2. 天板にオーブンペーパーを敷いておきます。
  3. マロンドールの種と皮を取り除き、薄めにカットします。
  4. カットしたマロンドールは、簡単に潰せる程度までレンジで加熱し火を通します。
  5. ボールにマロンドール・粉糖・無塩バターを入れて、よく混ぜます。この時マロンドールが冷めているとバターが溶けないので、温かいうちに作業するのがポイント。
  6. 混ざったら、絞り出し袋に生地を入れ、2〜3cmサイズに絞り出します。
  7. 予熱したオーブントースターに入れ、12〜13分焼けば完成です。 

    メモ:時間が経つとしっとりとしてくるので、時間を置いて食べる場合は、直接絞り出さずにココットなどを使って焼くと食べやすいと思います。

今まで色々なかぼちゃを食べてきましたが、マロンドールは私にとって理想的なかぼちゃ。ホクホクしていて甘い! 味付けをせずにそのまま食べてもおいしいので、本当におすすめです!

 

〜おまけ〜

fried

マロンドールは、揚げてもおいしい!

fried marron2

揚げたては最高ですよ!

honey marron

はちみつを付けて食べたら、甘さ倍増(笑)。この食べ方も気に入っています。

おすすめ度:

marrondor
\follow me!/