おやつの定番!?グリコの“ポッキー”

私が小さい頃からずーっとロングセラーを続けているグリコの『ポッキー』。今でこそ色々な種類が販売されていますが、昔はチョコレートアーモンドポッキーの2種類だったんですよね。確かその後しばらく経ってから、いちごポッキーが登場したような気がします。

当時は断然チョコレートの方が好きだったのですが、今なら「アーモンドも好き!」と言えるくらいアーモンドが好き(笑)。また復刻版が出ないかな〜。

さて、先日久しぶりに業務用ポッキーがコストコに入荷していたので買いました。イメージカラーの真っ赤な箱は、遠くからでも「あ、ポッキーが並んでいる」と気付きます(笑)。

江崎グリコ ポッキー チョコレート 36g×28袋入 1,498円(税込)

一般市場でも小袋入りのファミリーパックが販売されていますが、あちらは1袋に14.8gしか入っておらず、およそ半分。業務用は箱入りポッキーと同じ(箱入りは2袋入っています)でボリュームがあるのです!


ポッキーって?

ポッキーは東京オリンピック開催後の1966年に発売開始、50年以上に渡り様々な種類のポッキーが販売されてきました。現在は、ご当地ポッキーをはじめお酒に会う大人のポッキーなど魅力的な商品がたくさん販売されています。

何と言ってもポッキーの魅力は、そのおいしさだけでなく、やはり手で持って食べても手が汚れないこと! PC作業のように両手を使う場合はともかく、片手にペン、片手にポッキーは可能ですからね。息子達の受験時にも本当にお世話になりましたよ(笑)。

ところで、今まで特にパッケージデザインを意識したことはなかったのですが(いつも赤たし・笑)、今回調べてみたら過去に6回も変更され、合計7種類のデザインがありました。

出典:https://www.pocky.jp

こうして見ると、個人的には2番目のデザインから4番目のデザインに馴染みがあり、特に3番目のデザインは1番記憶に残っています。1976年〜1991年と言えば、まさに私の青春時代ですからね〜(笑)。

みなさんは、どのデザインが印象に残っていますか?

業務用ポッキー





先にも書きましたが、コストコで販売されている業務用ポッキーは、通常の箱入りポッキーと同じもので1袋に36g(17本)入っています。1度に食べる量としては多からず少なからずといったところでしょうか。

それが28袋入っているので、14箱分のポッキーということになります。つまり、1箱107円(税込)ということに!!

 

やっぱり安いよ、コストコ(笑)。

 

ポッキーの夏の食べ方

さて、冬の寒い季節はチョコレートが溶ける心配もなく、おいしく食べられるポッキーですが、やはり手は汚れなくても夏は袋の中で溶けることもあり、保管には注意しなければいけません。

暑い夏は、やっぱり冷蔵庫保管が無難ですね。でも出した後に温度差でチョコレート表面がペタっとなるのが嫌なので、我が家ではこうして食べることもしばしば(笑)。

 

ポッキー版オン・ザ・ロック(笑)!

 

この食べ方を知ったのは、OL時代にどこかのBARでオシャレに登場したポッキーを見た時。氷で冷やされたポッキーがおいしくて(笑)! ステキなアイデアだと早速マネをして食べるようになりました。

ただ、この食べ方は長時間つけたままにすると氷が溶けて水になり、チョコレートもふやけて白っぽくなってしまうので、あくまでも短時間で全て食べる前提ですけとね(笑)。

まとめ

いつ食べても安定のおいしさがあるポッキー。ずっと愛され続けているには、やはり理由があります。




片手で手を汚すことなく食べられるチョコレートは、季節を問わず食べることができ、また種類の豊富さは大人から子供まで楽しめるものとなっている・・・というのがその理由かと思います。

今回久しぶりに食べてみて、やはりポキっと折れる音と食感は最高だなーなんて思いました(笑)。ポッキーは永遠ですね! 糖質制限していても、開けたら最後、全部食べてしまうほどおいしかった!

ちなみに、海外では販売国の気候や嗜好に合わせてチョコレートの味が違うようなので、旅行先でポッキーを食べてみるのも楽しいかも知れませんね。みなさんも、覚えていたらぜひ。

おすすめ度:★★★★☆