コストコで見つけたソフトドリンク“J. GASCO イタリアンプレミアムドリンク”

先日コストコで夏らしい飲み物(ソーダアソート)を発見、早速買ってみました!

J. GASCO イタリアンプレミアムドリンク 200ml×12本(3種類×4本) 1,078円(税込)

ただの炭酸入りソフトドリンクと思って購入したのですが、実は1900年代、アメリカの禁酒法施行時代に出回った粗悪なアルコールをおいしく飲むために誕生したトニックだったのです。

J. GASCOって?

まずは、J. GASCOについて。

1920年、薬剤師であった父と兄弟のひとりの死をきっかけに、母親と一緒にアメリカのシカゴに移住したイタリア人ジョセッぺ・ガスコ。彼は若い頃からビジネスの才能を開花させ、家族(叔父)が経営する『スピークイージー(=アルコール飲料を密売するバーのようなもの・シカゴ近郊やニューヨークにあった)に勤め、主に商品管理や調達に携わっていました。

当時、スピークイージーで飲まれていたアルコール類は、闇市場で製造された密造酒だったので品質が悪く、特に女性が飲めるようなものではなかったよう。何とかそれらをおいしく改良しようとアルコールに混ぜる飲料を開発したのがガスコなのです。彼は、薬剤師だった父親の手伝いをしていた頃の知識を使い、現在のJ. GASCO製品の元を作りました。

こうして瞬く間に、ガスコはニューヨークの有名なバーテンダーとなりました。後にさらに品質の良いものを作るためにイタリアに戻り、イタリアの原料(天然素材)だけを使った商品を開発しました。それが、現在のJ. GASCO製品です。




ちなみに、現在J. GASCO社は北イタリアのトリノにあり、13種類のトニック&ドリンクを製造しています。どの製品も世界中のバーやホテルなどで、主に食前酒やカクテルを作るためのミキサーとして利用されています。

どんなもの?

では、気になる中身をチェックしましょう。

今回購入したセットには、『ジンジャービア・エルダーフラワー・レモネード』が入っていました。

この中で馴染みがあるものと言えばレモネードくらいで、あとは飲んだことがありません。どんな味なのか、今からすごく楽しみです(笑)。

まずは、HPで紹介されていた商品説明から。

商品説明
  • ジンジャービア・・・生姜とライムを合わせた、生姜の味が強めのソフトドリンク。モスコミュールに加えるとおいしい。
  • エルダーフラワー・・・ミクソロジースタイルに作り直されたエルダーフラワー(ハーブ)を使ったソフトドリンク。ライムとミントのさわやかな香りが特徴。プロセッコ(スパークリングワイン)やウォッカと好相性。
  • レモネード・・・シチリア産レモン果汁12%使用のソフトドリンク。そのまま飲むかライム・砂糖・カシャッサと合わせてカクテルにも。

元々アルコールと合わせるために誕生したものなので、そのまま飲んで楽しむだけでなく、色々なカクテルも作れそうですね。個人的には、モスコミュールに加えるジンジャービアがすごく気になっています(笑)。




原材料
  • ジンジャービア・・・砂糖・濃縮ライム果汁・しょうが汁・食塩/炭酸・香料・酸化防止剤(V.C)
  • エルダーフラワー・・・砂糖・エルダーフラワー抽出物・焦がし砂糖/炭酸・酸味料・香料
  • レモネード・・・濃縮レモン果汁・砂糖/炭酸・酸味料・香料・酸化防止剤(V.C)

どんな味?

では、実際に飲んでみたいと思います。

1. ジンジャービア

香りはすごーく生姜です(笑)。でもさわやかな香り。飲むと一瞬だけ甘くてシュワっと炭酸を感じるのですが、その後・・・

 

辛っ!!

 

となります(笑)。ジンジャーエールとは違い、本当に生姜の辛さが効いています。息子は喉がカーッとなると言ってました。でも結構好きな味です。

2. エルダーフラワー

こちらは色が1番濃いのですが、これは恐らく原料の焦がし砂糖の影響かと思います。一般的なエルダーフラワーティーは、うすい黄みがかった茶色をしているので。

香りは・・・

 

表現しにくい(苦笑)。

 

ちょっと薬品っぽいニオイのような気もするし、そうでもない気もする感じ。ちょっと不安になりつつ飲んでみると・・・

 

おいしーーい!

 

ライムとミントが効いていて、うまく表現できないけれどおいしいです! これは、クセになる味ですよ! ハーブ好きの人には特におすすめかも。

3. レモネード





うん、これは普通のレモネード。ちょっと酸味が強めかなー? という感じですけど。甘さ加減もちょうど良い、お子さんでも飲める味だと思います。

まとめ

パッケージデザインがとても印象的な『J. GASCOのイタリアンプレミアムドリンク』は、そのまま飲んでもおいしく、またレモネード以外は個性的な味で印象深いものでした。

また、高さおよそ18.5cmの小さな瓶は、ちょっとオシャレで飾りたくなるデザインで、しかもインパクト大(笑)。

出典:https://undesign.it

この手にシェイカーを持っている男性はきっとガスコ本人だと思いますが、どうして体が鳥なのか色々と調べてみたものの、残念ながら答えは見つからず・・。

とにかく、ごく普通の炭酸入りソフトドリンクに比べると若干割高にはなりますが、カクテルを作るためのドリンクだと思えばかなり割安(笑)。滅多にお目にかからないイタリア産なので、気になる人はコストコでどうぞ。

我が家は、次回コストコで出会えたらリピ買い予定です。というのも、息子がエルダーフラワーを気に入って全部飲んでしまったから! 最初はちょっと変わってるねと言っていたのに、ハマったようです(笑)。

個人的には、200mlというサイズも飲み切りやすくていいなと思いました。どうか、まだ残っていますように〜。

おすすめ度:★★★★☆