コストコのさくらどり活用レシピ“大葉チーズチキンカツ”

コストコで人気の『さくらどり』。その中でもむね肉もも肉は、我が家の定番鶏肉です。

以前『手羽中ハーフ』の記事でご紹介しましたが、さくらどりは管理体制の整った工場で生産・飼育・処理がなされているので、新鮮な上に臭みがないのが特徴です。

なので、どんな料理に使ってもおいしい!! 本当に、このさくらどりを食べだしてから、他の鶏肉を食べなくなりました。

さて、今日はそのさくらどりのむね肉を使ったレシピ、大葉チーズチキンカツを作りたいと思います。我が家では豚肉で作る時もありますが、あっさりと仕上がる鶏肉の方が人気。これを作ると息子達は喜びます(笑)。

よく大葉チーズを使うカツは、くるくると巻いたものをイメージする人が多いのですが、我が家ではサンドして作ります。なぜかと言うと、

火が通りやすいから(笑)。

多少形が整っていなくても、揚げてしまえば気になりません。豪快に作るだけでOKです!

レシピ

材料(4人分)

  • さくらどりむね肉・・・2枚
  • 大葉・・・8枚
  • モッツァレラチーズ・・・適量
  • 塩・胡椒・・・適量
  • フライ用衣・・・薄力粉・パン粉を適量
  • 添え野菜・・・適量
  • 揚げ油・・・適量

フライパンに多めの油を入れて、揚げ焼きにします。

チキンの上下を返してしばらくすると、油はねが強くなるので、私はニトリの油はね防止ネットを使っています。

作り方

  1. むね肉は、厚さが同じになるように1枚を4等分に切ります。多少大きさが違っても気にしない。
  2. まな板などに広げて置き、ラップをかけてめん棒などで叩いて少し伸ばします。ここで強く叩きすぎるとむね肉がちぎれてしまうので注意。
  3. 茶漉しなどを使って、全体に薄力粉(分量外)を振りかけます。
  4. 4枚に大葉を1枚ずつのせ、チーズものせます。さらに大葉を上にのせ、残したむね肉で蓋をするようにのせます。この時、薄力粉を振った方を内側にします。しっかりとくっつくように、上から手で押して仕上げます。
  5. 両面に軽く塩・胡椒を振り、フライ衣をつけます。我が家はバッター風液を使いますが、お好みで卵を使ってももちろんOK。
  6. フライパンに油を1cmほど入れ、火にかけます。温度が170度程度になったらチキンカツを入れ、両面色好く揚げ焼きにします。完全に火が通ったら完成。

食べる時は、そのままでもおいしいのですが、レモンを絞ったり、お好みのソースをかけてどうぞ!

多少手間はかかりますが、いつ食べてもやっぱりおいしいので大好きです(笑)。時間がある時に、まとめて作って冷凍も可能。おいしい鶏肉でぜひ作ってみてください。

*Twitter では、リアルタイム情報をつぶやいたり、最新記事更新のお知らせなどをしています!
follow me, please
* 紹介しきれなかった商品は、Instagramで!
follow me, please

star1
mask logo
mark logo
costco logo
\follow me!/