コストコの定番デザート!“キャラメルフラン”

今日は 6月5回目のコストコショッピングで買った、『キャラメルフラン』をご紹介したいと思います。

caramel flan

カークランドシグネチャー キャラメルフラン 1P 1,398円(税込・2021年6月)

直径およそ 24cmもある巨大な『キャラメルフラン』は、少し硬めのカスタードデザートです。

久しぶりに食べると、やっぱりおいしかった!

1度に沢山は食べられないけれど、有難いことに消費期限が購入日を含め 4日もあるので食べ切れそう(笑)。

カスタードが好きな人には、たまらないデザートじゃないかと思います。

どんなもの?

まずは『フラン』について簡単に。

『フラン』はローマ時代に発祥したカスタード風料理で、甘くはなく、中に野菜などの様々な具材を混ぜて焼かれたものだったようです。また蜂蜜などを加えて甘くした『フラン』もありました。

その後『フラン』はスペインに伝わり、甘いカスタードデザートに。そしてコロンブスによってアメリカ大陸にも伝えら、主にメキシコで定着して『フラン』というカスタードデザートとなっています。

そう言えば、『パステル デ ナタ』もポルトガル発祥でしたが、もしかしたらこの『フラン』が伝わったことで誕生したデザートかも知れませんね。

そう考えると、世界にはカスタードの料理やデザートがいかに多いのかということがわかります。とにかく、共通しているのは『カスタード』ですよ!!

flan up

フランス発祥のクリームキャラメルやメキシコの『フラン』は、火を通したカスタードにソースをかけて食べるタイプですが、今回購入した『キャラメルフラン』は、キャラメルと一緒に焼いたカスタードデザート。いわゆる『カスタードプディング』なのです。

画像には、持ち帰り時の揺れのせいで若干ポロポロとクズのようなものが出ていますが、購入時はほとんどなく表面はきれいでした。

 

原材料

卵・加糖練乳・牛乳・砂糖・クリームチーズ・はちみつ/安定剤(ローカスト)・香料・(一部に卵・乳成分を含む)

消費期限

2021年6月24日(購入日含め4日)

 

cutting1

どれくらいの硬さなのかと言うと、

cutting2

こうしてカットしても、割れることも崩れることもないほどです(笑)。

cutting3

お皿に乗せる時だって、この通り!!

お肌で例えるなら、つるんとしていてハリがある感じかな(笑)。揺らしても、さほどプルルンとはなりません。

どんな味?

紛れもなくカスタードの味で、

 

おいしいです。

 

どこか懐かしさを感じるプリンの味でもあり、卵のコクもしっかりとあります。甘さも強くなく、すごくシンプル。底に溜まったキャラメルソースをかけて食べたくなるくらいです(笑)。

cutting4

原材料にクリームチーズが使用されていますが、食べていても特に酸味を感じることはなく、言われなければ恐らく気付かない程度。クリームチーズが苦手な息子も、気付かず食べていましたから(笑)。

ただ、硬めの質感とシンプルな味は、おいしいけれど食べ続けると飽きてくる味でもあるので、食べる時はホイップクリームやフルーツ、またナッツ類などを添えて食べると良いかも知れません。

ちなみに、溶かしたチョコレートと一緒に口に入れて食べてみたらおいしかったので、チョコレートソースやチョコスプレッドなどを合わせるのもおすすめですよ。

まとめ

コストコに年に何度か登場するデザート『キャラメルフラン』は、クラシックプリンのような硬さのあるデザートです。

濃厚なキャラメルソースと一緒に食べると、クリーミーで滑らかなタイプとは違う食感だけれど、おいしいプリンが味わえます。

特に放射線状ではなく好きな形にもカットができるので、フルーツパフェなどを作る時にも使え、ホールごと飾り付けてお祝い用としてもアレンジ可能。色々楽しめるデザートだと思います。

恐らく、今回もさほど長くは販売されないと思います。気になる人はお早めに〜。

おすすめ度:

*Twitter では、リアルタイム情報をつぶやいたり、最新記事更新のお知らせなどをしています!
follow me, please
* 紹介しきれなかった商品は、Instagramで!
follow me, please

star1
mask logo
mark logo
costco logo
caramel flan
\follow me!/