サクサク感がたまらない!“カークランドシグネチャー チョコレートクレープ”

毎年パッケージが変更され、クリスマスシーズンに登場する『ロックマリア社』のチョコレートクレープ。昨年ぐらいだったか、オリジナルではなくカークランドシグネチャーブランドとして販売されるようになりました。

カークランドシグネチャー チョコレートクレープ 566g 1,398円(税込)

いかにもクリスマスにピッタリなパッケージですよね。今年はこのブルーと色違いの真っ赤なパッケージで登場しました。

きっとファンの人も多いだろうこの『チョコレートクレープ』は、もう100年以上も前からフランスのブルターニュ地方で作られている伝統菓子『ブルターニュクレープ』を受け継いだクレープ生地にベルギー産のチョコレートをかけてコーティングしたものです。

サクサクとした食感と滑らかなチョコレートが同時に楽しめるのが特徴で、日本のお菓子『ルマンド』と似ています。ただ若干クレープ生地はこちらの方が厚めかなーという印象ですが。

どんなもの?

中は2つのパッケージに分かれています。チョコレートクレープは4段重ねになっているので、全部で112個ある計算になります。かなりボリュームがありますね(笑)。

ちなみに、ロックマリア社のチョコレートクレープは、『ガボット』ブランドで販売されています。

これはおつまみ!ガボットのクレープアソート

2018-02-23

出典:https://www.biscuiterie-loc-maria.fr/

原材料

チョコレート(砂糖・ココアバター・牛乳・ココア・乳糖)・砂糖・小麦粉・無塩バター・乳糖・乳たんぱく・食塩・麦芽抽出物・マルトデキストリン/乳化剤・膨張剤・香料(一部に乳成分・小麦・大豆を含む)




幾重にも層になっているクレープは、基本的に中央部分は空洞となっていて、

噛むとすぐにサクッと割れます。これが何ともクセになる食感なんですよ。本当に食べ出すと止まらないから、困ります(笑)。

どんな味?

味については大体想像できると思いますが、コーティングに使用されているチョコレートが滑らかな口当たりのベルギー産チョコレートということもあり、とてもおいしいです。甘過ぎずちょうど良いバランス。

サイズも5cmほどと大きくはなく、大人ならひと口で食べられるサイズなのでクッキー片をこぼす心配もありません(笑)。

また先に『ルマンド』と似ていると書きましたが、やはりコーティングされているものが違う(ルマンドはココアクリーム)ので、チョコレート好きな人は、こちらの方が気に入るんじゃないかと思います。

まとめ

毎年冬になると登場する『チョコレートクレープ』は、軽い食感とチョコレートを楽しめるお菓子。少し高級感もあるので、来客があった時などのお茶請けにもピッタリだと思います。実際に、コーヒーにも紅茶にもよく合いますしね! もちろん、お子さんのおやつとしてもおすすめ。

ただ強いて言えば、もう少しチョコレート層が厚ければなーと。そうすれば、チョコレート感がアップしてより濃厚になり、食べ過ぎ防止になるんじゃないかと思ったり(笑)。

とにかく、コストコでは毎年冬に登場し、バレンタインシーズンにはほぼ完売していることが多いので、気になる人は今のうちに購入してストックしておくことをおすすめします。

おすすめ度:★★★★☆