コストコで話題のオーガニック フムスを買ってみた!

ちょくちょく耳にするフムスという言葉。

知っている人からすれば「今さら?」という感じですが・・・実は今年に入るまで知らなかった私(苦笑)。どこかのレストランで口にしていたかも知れないけれど、はじめは一体なんことやら???だったのです。

ほほほ。世の中のことに全然アンテナを張っていないもので・・・知らないことがよくあるのです。息子からも「え?知らないの?」なんてしょっちゅう言われる(笑)。

さて、そのフムスってどんなものなのか気になり調べてみたら、中東の伝統料理の名前で、しかも栄養価が高いのに低カロリーなパワーフードなんて呼ばれて人気があるお料理だったのですよ。ベジタリアンの人はよく食べられているようですね。

なるほど、さすが豆パワーだなと思いました。豆は体に良いですからねー。

で、フムスのことを知ったある日、たまたまコストコのオリジナルブランド『カークランドシグネチャー・オーガニック フムス』という商品を見かけたのです。

f:id:miocane:20170518074754j:plain

オーガニック フムス 68g×20個 1,798円(税込)

フムスだー!人気のパワーフードだー!

とテンションが上がり、豆類があまり好きではない息子達が頭に浮かんだけれど、やっぱり食べてみたいと購入しました。

フムスの原材料

そもそもフムスの原材料ってなにか知っていますか?

これがねー、私の大好きなものばっかりで作られているんですよ!!なので絶対美味しいに決まってるー!食べる前からそう決めつけていましたよ(笑)。

基本の原材料は、

ひよこ豆(=フンムス)・練りごま・オリーブオイル・レモン汁・塩・にんにく

なのですが、コストコのフムスにはオリーブオイルの代わりにひまわり油が使われ、そしてクミンパウダーも入っています。 もちろんオーガニックなので全て有機ものです。

ちなみに、クミン以外に本場ではザクロやスンマーク(赤い実で酸味がある)のパウダーが使われることもあるようです。

f:id:miocane:20170518105211j:plain f:id:miocane:20170518105248j:plain

中身はこんな感じで、1回食べきりサイズのポーションタイプになっています。 便利ですね。では、早速試食です!まずはそのままぱくり。

む・・

むむむっ・・・

なんともクミンが効いていて、おいしいけれど・・・

ちょっとクセがある味ですよー!!

ひよこ豆の風味はすごくあっておいしいのですが、ちょっともさっとくる味(?)、うまく表現できないのですが、重い感じがしました。

これは、好き嫌いがはっきり分かれるかも知れません。

次に、まずは野菜でと思いきゅうりにつけて食べてみました。

う〜〜ん。

なんだかきゅうりの味が引き立ちません。

おいしいのは間違いないものの、なんだかしっくり合いません。やっぱりフムスそのものの味が重いからかも知れません。

ということで、せっかく購入したフムスですからね、もっとおいしく食べたいと食材を追加してみました!

やっぱりフムスなのだから、オリーブオイルよね!と先日ご紹介したエキストラヴァージンオリーブオイル『フシコス』レモン汁を追加です!

>>“フシコス”って知ってる?最高品質ギリシャ産オリーブオイル

フムスをボールに移し替え、1ポーションにつきレモン汁を小さじ1加えてぐるぐる混ぜて容器に入れ、上からオリーブオイルを小さじ1/2〜1くらいをかければ完成です!(写真は半量です)

さて、お味の方は・・・

うまーーーーーい!!

レモンの酸味が強くなったことで、もわっと感がなくなりすごく食べやすくておいしいフムスに変身しましたよ!

適当に加えただけですが、これは正解でした。この味ならまずは『食べられない』と思う人はいないのでは?と思います。

f:id:miocane:20170518112007j:plain

これは、ちょっと塩気のあるクラッカーにもよく合いますよ!

というわけで、そのままのフムスだと★は2コがせいぜいかな?と思いましたが、レモン汁とオリーブオイルを追加する前提で、利用価値大となり★は増えました(笑)。

健康的だしオーガニックだし、おつまみにもピッタリなフムス、コストコで見かけたらぜひお試しを。(人気商品なのでたまに欠品になるので注意です!)

そして私のようにちょっと食べ辛い?と感じたら、レモン汁とオリーブオイルを追加してみてください。

フムスの活用レシピもどうぞ!

>>コストコ“オーガニック フムス”活用レシピ!簡単グリルチキン

おすすめ度:★★★☆☆