今年も登場!コストコ“アップルシュトルーデル”

前回コストコに行ったとき、昨年に引き続き今年も『アップルシュトルーデル』が新登場していたので、購入しました。

アップルシュトルーデル 8個入り 998円(税込) 

昨年はバター不足が影響してか、もう少し価格も高めだった記憶があるので、今年は安いという印象を受けました。1,000円を切っていますからね。

シュトルーデルとパイの違い

ところで、シュトルーデルってどんなものか知っていますか?

写真を見るかぎり、コストコのアップルシュトルーデルは普通のアップルパイにしか見えませんよね。でも本来のシュトルーデルは、うすーく伸ばした生地にフィリングのりんごをのせてくるくると巻いて焼き、端からカットして食べるのが一般的。

イメージとしては、クリスマスシーズンに登場するシュトーレンみたいにカットする感じです。生地の薄さは、パートフィロっぽくもあります。

じゃあなぜパイと区別しにくいのかと言うと、

  • 材料がほぼ同じ。
  • 作業過程でくるくると巻くときバターを塗りながら巻くので、焼き上がりが折り込みパイ生地のように層ができる。

だから、見た目だけでなく、食べるときにもバター風味豊かなパイを食べているような感じになるというわけです。(私の勝手な想像ではありますが・・・笑)

要するに、シュトルーデルとパイの違いは、作り方が違うということですね。

コストコのアップルシュトルーデル

さて、コストコのアップルシュトルーデルをカットしてみると、やっぱり本場シュトルーデルみたい・・・いやいや、写真で見ても食べてみてもやっぱりアップルパイじゃん!という感じです(笑)。

でも、作業過程は見た目ではわかりませんからねー。くるくる巻いてはいないものの、ちゃんと焼く段階でバターを塗っているのかも知れませんし、実際のところはわかりません(笑)。

でもですよ、

とってもおいしいのです!

写真ではわかりづらいですが、フィリングのりんごはたっぷりと入っています。一般的なアップルパイの甘さとマクドナル◯のアップルパイのとろみが合わさった感じ・・・だと思います(笑)。

うわっ、あまっ!

というほど、アメリカンな甘さではないのでご安心を。

サイズについてはやっぱりコストコ、1個まるまる食べるとお腹いっぱいになるサイズです。なので私は購入したらすぐに食べるもの以外は冷凍しています。

半分にカットしてラップに包みジップロックなどに入れて冷凍庫へ放り込むだけ!食べたいなと思ったらさっと取り出しレンジで30秒ほど温め、さらにオーブントースター(温度低め)で約3〜4分温めれば、焼きたてのようなおいしさに復活!

トースターから出したてはアツアツですが、冷めると生地の外側がサクサクになりますよ。この食べ方、とってもおいしいのでおすすめです。

この商品も季節限定なので、知らないうちに登場しなくなります(苦笑)。なので、アップルパイが好きな人や気になる人は、早めに購入してくださいね。

おすすめ度:★★★★☆