コストコの巨大ケーキを初購入“ハーフシート チョコレートケーキ”

今月は家族の誕生日がありまして、コストコに通いだした頃から1度は買ってみたいなと思っていた巨大ケーキ。

とうとう、購入しましたーー!

カークランドシグネチャー ハーフシートチョコレートケーキ 3,719g 2,380円(税込)

 

どどど〜〜〜ん!

 

わんこ達と比べてもらうと、どれくらいのサイズなのか分かっていただけると思いますが、かなり巨大です。なにせ3kg 超えですから(笑)、「どんだけーー」といった感じ。

でも不思議なことに、コストコで見るとさほど巨大だとは思わないんですよ! 隣にトリプルチーズケーキやノルマンディアップルタルトなどが並んでいたりすると、ごく普通サイズに見えてしまうというコストコあるある(笑)。

でも、家に持ち帰ってみると・・・

 

こんなに大きかったっけ?

 

とびっくりするわけです。我が家の夫も息子達も、流石にこのサイズには「えーー!」となっていました。「おっき過ぎるでしょ」と(苦笑)。

私としては念願が叶ったわけで、すごーく食べるのが楽しみなんですけどね。

ハーフシートって?

日本のケーキは、ホールだとラウンド型やスクエア型が多いので、あまりシート型というのは見かけませんよね。でもアメリカのパーティーでは定番のケーキ型で、映画やドラマでもよく登場しています(笑)。

シート型はシートパンと呼ばれるもので、言わば『天板』のこと。これを使って焼かれたケーキだからシートケーキと呼ばれているのです。

サイズは同じハーフでも色々あるようですが、定番は18インチ×13インチ×1インチ、つまり45cm×33cm×2.5cmといったところ。コストコのハーフシートケーキは、この1シートを2枚とフィリングを合わせて、高さが8cmほどになっています。

やっぱり、かなり巨大ですね(笑)。

どんなケーキ?

今回購入したのはチョコレートケーキですが、コストコのハーフシートケーキには2種類(正確には8種類の組み合わせが)あります。

  • スポンジ・・・ホワイト・チョコレート
  • フィリング・・・バーバリアン(ババロア)クリーム・チョコレートクリーム
  • アイシング・・・ホワイトホイップ・チョコレートホイップ
  • デコレーション・・・21種類〜(季節限定あり)
  • メッセージ

オーダーして注文する場合は、上記の中で好きなものを選び、必要な日から48時間前までに注文すればOK。注文時と受け取り時に2度行く必要はありますが、好みのケーキに仕上げたい場合は必須です。

めちゃくちゃラブリーなベア柄ですよね(笑)。今回急に思い立って購入したので、特にオーダーはしていないのですが、チョコレートを選ぼうと思っていたので、こちらをチョイス。

これ、小さいお子さんだとテンション上がりまくって喜ぶんじゃないかと思います。私だったら、飛び上がって喜んだかも(笑)。

風船の色が、いかにもアメリカンなケーキ色をしていますが、店頭に並んだ他のケーキには、これでもか!と言うくらいの鮮やかなブルーやグリーンのクリームでデコレーションされたものもありました(笑)。

着色料バリバリ感がすごいので食べるのを躊躇しそうですが、これもハーフシートケーキの楽しみのひとつ! 日本のケーキではなかなか経験できないと思うので、おいしく頂きます!

画像を見る限りで言うと、かなりクリームはしっかりとしていますね。コストコから家までの道中車で揺られているにも関わらず、しっかりと状態キープできているのはすごいです。

どんな味?

折角なので、等分せずに大きめにカットしてみました。ご覧のように、このハーフシートケーキの組み合わせは『チョコレート・チョコレートクリーム・チョコレートホイップ』のチョコレートオンリーでした。

オーダーではなく店頭で並んでいるものは、ホワイトはホワイト系、チョコレートはチョコ系で仕上がっているのかな? この辺は確認していないのでわかりませんが、もしかしたら外はチョコレートでも中がバーバリアンクリームということもあるのかも知れませんね。

では、いよいよ実食です。

 

・・・お?

 

想像していたよりも甘くない!

 

なかなか・・・

 

 

普通です(笑)。

 

 

不味くもなくすごくおいしいわけでもない感じ。でもシンプルで食べやすいのは間違いなく、コスパ的には最強じゃないかと思います。

そのまま食べ続けても・・・

 

うん、普通においしい(笑)。

 

ただ、ちょっとホイップクリームが濃厚で、段々と重くなってきますね。フィリングのクリームだけでいいよという感じです。ちなみに、家族の感想も同じでした(笑)。

 

おいしいけど、たくさんは要らない。

 

そんなケーキだけれど、実は48人分のケーキなので、その数でカットすればひとり『5〜6cm角』程度のケーキに!! それなら「おいしーーい」と食べきれるはずですよね(笑)。

まとめ

以前からずっと気になっていたハーフシートケーキは、やはり大勢が集まるパーティーや特別なイベント向けのケーキだということがわかりました。

味の方は、特別おいしいケーキというわけではありませんが、普通においしく食べられるし、切り分けて食べるにはちょうど良いと思います。

海外のハーフシートケーキの利用法としては、デコレーションが比較的重要で、大きくて広い面にメッセージが込められることから、お祝い事には定番のように使われています。日本にいて、そういったことが可能なコストコのハーフシートケーキは、本来のハーフシートケーキとしての利用価値は大きいと思います。

万が一食べきれなければ冷凍すればOKですしね。価格もお安いので、パーティーなどの『盛り上げ食材』として活用するのはアリだと思います。

我が家の場合、甘いものが大好きな夫がいることで、おそらく消費期限3日間で半分は食べられると思うので、残りはカットしてから冷凍しようと思っています。でもいつか、ホワイト×バーバリアンの組み合わせも食べてみたいなぁ(笑)。

みなさんも、お子さんの誕生日パーティーや母の日・父の日・敬老の日など、友人や家族が集まる時などに利用してみてはいかがでしょう?

おすすめ度:★★★☆☆