夏におすすめ!お手軽飲料“森半 宇治抹茶グリーンティー&レモングリーンティー”

少し前に、粉末タイプの『グリーンティー』を購入していました。暑くなってくると、冷たいものが飲みたくなりますよねー。 モリハン 森半 宇治抹茶グリーンティー&レモングリーンティー 36本入 998円(税込・2020年5月) 本当はコーヒーのインスタントタイプ、昨年購入した『アイスカフェ バラエティ』があればなーと探してみたけれど、季節柄まだなくて(笑)。代わりにこちらと UCC の『アイスコーヒー』を購入してみました。

夏はおうちカフェ!“ネスカフェ アイスカフェ バラエティ”

2019-07-07
ucc

暑い季節はやっぱりアイス!“UCC ブレンドアイスコーヒー き釈タイプ 無糖”

2020-06-30
パッケージを見て、てっきりレモン粉末も入っているのかと思っていたら、フレーバーのみでちょっとがっかり(苦笑)。それでも、しっかりとレモン感はありましたけど。 セットになった2種類は、どちらもストレートティーではなく砂糖が入っていて甘く、でもすっきりとした甘みなので、お子さんでもおいしく飲めると思います。

どんなもの?

モリハンスティック 関西人である私はよく知っている宇治の森半ですが(笑)、知らない人もいると思うので、ざっくりご紹介したいと思います。 森半は、江戸時代(天保7年、かの有名な大塩平八郎の乱の前年!)に創業した、宇治茶製造の老舗中の老舗。1940年、取引のあった松本軒茶舗と共同で現在の共栄製茶を設立しました。伝統ある歴史を守りつつ、時代にそった商品を数々開発しています。 昭和初期から大阪北の中心地、梅田にある阪急百貨店(当時はの名称:阪急マーケット)にも出店。現在も地下フロアにショップとティースタンドがあり、人気があるんですよ! グリーンティー2種類 さて、こちらがそれぞれの中身。見た感じは全く同じですよね。  

それもそのはず・・・

 
原材料
宇治抹茶グリーンティー・・・砂糖(てん菜(国産))・麦芽糖・抹茶 レモングリーンティー・・・砂糖(てん菜(国産))・麦芽糖・抹茶/香料
 

気付きました?

  原材料を見ると、違いは  

香料のみ!!

  レモンとはちみつの香料が添加されているだけなんですよ(笑)! なので、基本的に宇治抹茶味が楽しめるインスタントティーということになります。 飲む時は、ホットでもアイスでもOK。今回は、もちろんアイスにしましたよ。
  • ホット・・・150mlのお湯にスティック1本分を入れて混ぜる。
  • アイス・・・120mlのみずにスティック1本分を入れてまぜ、氷を入れる。
  • ミルクティ・・・150mlの牛乳や豆乳にスティック1本分を入れて混ぜる(ホット・アイスとも)。
グリーンティー淹れたところ でき上がりに違いが出るわけもなく、見た目は同じ(笑)。ちなみに、左が宇治抹茶グリーンティーで右がレモングリーンティーです。 香りは流石に違って、どちらもパウダーの時は抹茶の香りが前面に出ているんですけど、水と合わせると、レモングリーンティーはちゃんとレモンの香りがします。

どんな味?

グリーンティーアップ  

おいしいです。

  どちらもほんのり甘くて飲みやすい。個人的にはもっと抹茶が濃かったら良かったのにと贅沢なことを思ってしまいましたが(笑)、あっさりとしておいしいのは間違いないです。

「どちらが好き?」と聞かれたら、「宇治抹茶の方」と答えます(笑)。レモンは確かにレモン風味なんですけど、やはり人工的というか飲み終わった後に口の中に残る味は、あまり好きな感じではなかったんですよ。

まとめ

デパ地下で人気の森半の『グリーンティー』が、自宅で手軽に飲める『インスタントティー』の2種セット。水に溶けやすく、手軽に抹茶が楽しめる優秀品です。 またバッグに入れて携帯することもできるので、お弁当と一緒に持っていくのもおすすめ。これからの季節に活躍してくれると思います。 1杯の価格は、およそ28円。デパ地下のティースタンドで『宇治抹茶グリーンティー』を頼むと 150円。やはりこの差は大きいですね(笑)。 ということで、お茶好きの人や気になる人はぜひ。恐らく期間限定品だと思います。 おすすめ度:★★★☆☆  
モリハン