コストコでスナックバーを購入!“NATURE’S BAKERY(ネイチャーズベーカリー)フィグバー”

少し前からコストコのお菓子コーナーで見かけるようになった『フィグバー』。最初はプロテインなどが入ったシリアルバーと一緒に並んでいたので、てっきりそういうものだと思い込んでいたのですが、よく見ると違いました(笑)。

全粒小麦フィグ(いちじく)を組み合わせた、健康的なスナックバーだったのです。

figbar全体

NATURE’S BAKERY フィグバー 1.37kg(2個入×24本) 1,398円(税込)

3種類のフレーバーがセットになったもののようですが、基本は『フィグ』ベース。それぞれ8本ずつ、全部で24本入っています。

では、早速どんなものかチェックしたいと思います。いちじくは大好きだから、おいしいといいなぁ。

このジャム最高!コストコの“オーガニック フィグ スプレッド”

2019-03-08

NATURE’S BAKERYって?

まずは、製造している NATURE’S BAKERY(アメリカ・ネバダ州)について。

2011年、パン職人の父と息子のふたりが設立。シンプルで栄養価の高い、そして健康的なスナックは、明るく楽しい日常には必要だという考えから、全粒穀物とフレッシュフルーツで『フィグバー』をはじめとするスナックを開発しました。




現在、定番のフィグバーだけでなく、グルテンフリーのフィグバーなども製造。健康意識の高い人だけでなく、そのおいしさから徐々に人気が高まっているようです。

バーの種類
  • 全粒小麦フィグバー
  • オートミール(オーツ麦)クランブルバー
  • グルテンフリーフィグバー
  • ブラウニーバー

今回購入したものは、全粒小麦フィグバー(全7種類)の中の3種類ですよ。

どんなもの?

フィグバーボックス

では、中身のチェック!

3種類フィグバー

手前から、オリジナルフィグバー・ブルーベリーバー・ラズベリーバーとなっています。パッケージの色で種類は判断できますね。

フィグバー中身取り出し

そして、中のバーがこちら。

ちょっとイメージと違ったー(笑)。縦に長いのが2本入っていると思っていたのでビックリ。このサイズ感(4cm×5cm)なら食べやすそうですね。

フィグバー横

で、これがそれぞれの中身を並べたところ。

 

どれも同じに見える(笑)!

 

確かにパッケージのバー写真も違いはないなぁとは思っていたけれど、見た目も香りもほぼ同じって、ある意味すごくないですか(笑)?

ちなみに、右からオリジナルフィグ・ブルーベリー・ラズベリーです。



原材料

オリジナルフィグ・・・全粒小麦粉・砂糖・イチジクペースト・玄米シロップ・植物油脂・全粒オーツ麦・食塩/グリセリン・着色料(りんごジュース)・pH調整剤・膨張剤
ブルーベリー・・・全粒小麦粉・砂糖・イチジクペースト・玄米シロップ・ブルーベリージャム(砂糖・米でん粉・ブルーベリー・りんごパウダー)・植物油脂・全粒オーツ麦・食塩/グリセリン・香料・増粘剤(ペクチン・ローカスト)・pH調整剤・着色料(りんごジュース)・膨張剤
ラズベリー・・・全粒小麦粉・砂糖・イチジクペースト・玄米シロップ・ラズベリージャム(砂糖・米でん粉・ラズベリー・りんごパウダー)植物油脂・全粒オーツ麦・食塩/グリセリン・香料・増粘剤(ペクチン・ローカスト)・pH調整剤・着色料(りんごジュース)・膨張剤

フィグバーの特徴

ところで、外見は同じに見えるフィグバーには共通の特徴もあります。まぁ、これは NATURE’S BAKERY 製品の特徴でもあるのですが。

フィグバー色々出典:https://www.naturesbakery.com/

nongmo非遺伝子組み換え製品。NON GMO Project の認証を取得。
ホールグレイン原材料の半分以上、全粒穀物を使用。WHOLE GRAIN COUNCIL の認証を取得。
veganマーク動物由来原料不使用。ヴィーガン認証を取得。
*ハニー&オーツバーを除く。
コーンシロップフリー異性化糖(高フルクトース・コーンシロップ)不使用。
天然甘味料ではあるものの、アメリカでは特に体に害があると言われている糖のこと。
トランスファットフリートランス脂肪酸フリー。含まれていても極微量。
コレステロールフリーコレステロールフリー。100%含んでいない。

以上、6つの共通点があるのです。

日本ではあまり気にしないようなことでも、アメリカでは気にしている人が多い(笑)。なので、こういうマーク類が記載されるんですね。要は『健康的なスナックですよ』ということが言いたいのだと思います。

usdaマーク

コストコ商品ってどんなもの?これを見ればすぐわかる!?認定マーク一覧

2020-02-10

さて、肝心のお味はどうなんでしょう?


どんな味?

フィグバー並び

 

いよいよ実食〜!

 

HPによると、甘くてソフトな食感が特徴のスナックらしいのですが。

実際に食べてみると、どれも・・・

 

甘くてソフトでした!

 

そのままです(笑)。少し繊維質を感じる全粒小麦のクッキー部分とフィリングのフィグが絶妙なバランスで、すごく

 

おいしいです。

 

余計なものが入っていないので、口の中でしつこく残る甘さもないし、とにかく食べやすい! 夫はイマイチな反応でしたが、息子達は大絶賛でした。

味の違いは、見た目と同じくさほど大きくはなく、ほのかにブルーベリーとラズベリーの味が感じられる程度。いちじく好きなら全く問題なし!

でも1番わかりやすかったのは、ブルーベリーかな。いちじくの甘さプラスブルーベリーの酸味が感じられたので。

フィグバーフィリングアップ

それにしても、こんな風にフィリングをアップで見ても違いがわからない(苦笑)。手前からオリジナルフィグ・ブルーベリー・ラズベリーなんですけどね。みなさん、わかります?

まとめ

健康的で、しかもいちじく入りなら食べてみたいと買ってみた『フィグバー』。それは、いちじく特有のプチプチとした食感と自然な甘さ、そして全粒小麦の香ばしさが楽しめるおいしいスナックバーでした。

小腹が空いた時はもちろん、お子さんのおやつやアウトドア時、とにかく小さいパッケージなので、どこにでも持っていくことが可能。好きな時に食べられるバーだと思います。

このバーの特徴であるソフトさは、食べるともっちりとしていて比較的しっかりと噛むことになるので、それなりに満足感が得られます。また、1本(1/2パック)でおよそ100kcal とカロリー管理がしやすいのも有り難いですね。

ということで、ドライフィグをそのまま詰めたようなフルーティさが楽しめるバーなので、いちじく大好きな人はもちろん、そうでない人もぜひ食べてみてください。おすすめです!

おすすめ度:★★★★☆

 

figbar全体