コストコで買ったインスタント麺!“Pulmuone(プルムウォン) キムチうどん”

3月6回目のコストコショッピングで買った『キムチうどん』、早速食べてみたのでご紹介したいと思います。

kimuchi udon

Pulmuone(プルムウォン=プルモン) キムチうどん 526.6g(2食分) 868円(税込・2021年3月)

パッケージカラーが、まさにキムチ色(笑)。ある意味わかりやすい商品ですよね。

中には麺も具材もスープも全て入っているので、鍋一つで作ることができるインスタント麺となっています。しかも、キムチまで入っている!!

実際に食べてみたら、辛いけれどスープがおいしくて、それがちょっとクセになる『キムチうどん』でした!

コストコでキムチと言えば『宗家キムチ』ですよね〜。最近は『株漬け』や『カクテキ』などもよく見かけるので、それだけ人気があるということ。

この『キムチうどん』のファンになる人も、結構いると思います〜(笑)。

どんなもの?

まずは、Pulumone(プルムウォン)について簡単に。

1981年、ソウル江南の狎鴎亭洞(アックジョンドン)に韓国初のオーガニック店(=八百屋)をオープンしたのが始まり。

その後様々な商品を手掛け、1990年代にはアメリカ法人を設立するなど順調に企業を拡大してきました。現在は、数々の買収を経て韓国のトップ豆腐メーカーとなっています。

私の大好きな『安曇野きぬ』を製造しているアサヒコも、2014年にプルムウォンに買収され完全子会社となっていました! 今回初めて知ったので、ちょっとビックリ(笑)。

コストコでは冷麺や卵スープなども販売されていたので、ここの商品を食べたことがある人も多いと思います。

kimuchi udon2

中には2人分の『キムチうどん』が入っていますが、ご覧のように全て韓国語表記!! 日本語が書かれているのは、パッケージだけなんですよね。

なので、作る時にちょっと戸惑いました(苦笑)。

ちなみに、うどんから時計回りに『うどん・キムチソース・スープ・乾燥具材』と並んでいます。

 

原材料

めん・・・小麦粉・食塩・植物油脂・乳化油脂/加工デンプン・グルテン・pH調整剤・増粘多糖類・(一部に小麦・大豆を含む)
キムチソース・・・キムチ・唐辛子粉・牛骨濃縮液・青唐辛子エキス・植物油脂・ニンニク・たん白加水分解物・食酢・豆もやし抽出エキス・酵母エキス/酸味料・増粘剤(加工デンプン・キサンタンガム)・調味料(核酸等)・とうがらし色素・乳酸Ca・香辛料抽出物・(一部に小麦・えび・牛肉・大豆を含む)
スープ・・・アミノ酸液・砂糖・醤油・水あめ・食塩・かつお調味液・カタクチイワシ抽出物・うどんベース・かつおぶしエキス・昆布エキス・食酢・混合野菜エキス・あさりエキス・カタクチイワシ塩辛・たら骨抽出物・たん白加水分解物/調味料(核酸等)・カラメル色素・増粘剤(キサンタンガム)・(一部に小麦・大豆を含む)
乾燥具材・・・油揚げ・砂糖・乾燥わかめ・乾燥ねぎ/炭酸(K.Na)・着色料(カロチノイド・ウコン)・調味料(核酸)・膨張剤(一部に小麦・乳成分・卵・えびを含む)

賞味期限

2021年6月5日

 

guzai

乾燥具材には、油揚げ・乾燥わかめ・乾燥ねぎが入っていますが、この見た目が『天かす』にしか見えないのは私だけではないはず(笑)。 でもきっと、豆腐が揚げられたものなんしょうね!

 

調理方法(1人前)

  1. 鍋に水300mlとキムチソースを入れて沸騰させる
  2. そこに、うどん・スープ・乾燥具材も加えて更に2分間煮込む
  3. 食べる時によく混ぜて食べる

 

kimuchi3

今回は肉を入れずに、椎茸のみ追加しました。

kimuchi4

 

完成〜!

 

まるでお湯を注いで作るカップ麺のように、簡単にできました。煮込む時間が短いのは魅力です。

kimuchi udon5

うどんは、思いの外激しくツルツルと滑って、かなりつかみにくかった(苦笑)。選んだ箸が間違っていたのか? こうしてつかむのだけでも、力が要ります。

kimuchi6

キムチソースの中に入っていた『白菜キムチ』は、かなり漬かっている古漬で、思っていた以上に小さめでした(苦笑)。まぁ、こういったインスタント商品にはよくあることですが、パッケージのイメージとは違いますね。

どんな味?

うどんはコシがあり、プツンと切れる感じで食べ応えがあります。キムチそのものはかなり酸味が強く、古漬らしい味。この酸味は、もしかしたら苦手な人がいるかもという気もします。

でも、

 

スープはおいしい!!

 

辛いのに、すごくあっさりとしているんですよ。海鮮の風味と適度な酸味があってコクもある。これは飲み干したくなる味です。

普段、うどんもそばもラーメンもほとんどスープを飲まないんですけど、この『キムチうどん』は結構飲みました(笑)。それくらいおいしくて、クセになる味だったんですよ。濃過ぎない味が、より飲みやすかったのかも知れません。

作る前は、大人にはちょっと量が少ないんじゃないかと思いましたが、食べてみると意外とボリュームはありました。ここに豚肉などの具材をプラスすれば、お腹もより満足できると思います。

まとめ

コストコで購入できる『キムチうどん』は、海鮮風味と辛みの効いたスープがクセになる、本場韓国の味が楽しめるうどんでした。

調理時間は短く、しかも簡単! 鍋があれば作ることができて賞味期限もそれなりに長いので、ストックしておくと重宝すると思います。

ただ、ピリッとした辛さはあるので、お子さんに食べさせる場合は注意が必要です。元々辛さに強くはない私は、途中で生卵を加えました〜。この食べ方、なかなか良かったのでおすすめ(笑)。

今回肉類は加えずに作りましたが、豚肉などの脂身のあるものを加えると、更に旨味がUPしてまた違った味が楽しめると思います。

おいしいスープなので、水分多めの野菜は加えない方がベターかも知れません。

おすすめ度:

*Twitter では、リアルタイム情報をつぶやいたり、最新記事更新のお知らせなどをしています!
follow me, please
* Pick Upした商品は、Instagramで!
follow me, please

logo1
logo
foods stock
choco logo resize
mask logo
mark logo resize
costco logo resize
delica ranking resize
dish logo resize
kimuchi udon
\follow me!/