コストコ期間限定商品!?“ロシア産 定塩時鮭切身”を食べてみた

コストコには『定塩銀鮭切身』『アトランティックサーモン』が定番商品としてありますが、先日たまたまロシア産の時鮭(トキシラズ)に遭遇したので買ってみました。

ロシア産 定塩時鮭切身 148円/100g (購入価格1,886円)

コストコの鮭にはロシア産だけでなくチリ産や国産がありますが、ほとんどが紅鮭や銀鮭だった気がするので、時鮭に出会ったのははじめてかも知れません。

時鮭って?

若い頃は、品種の違いかと思っていたのですが(笑)、時鮭というのは『夏に水揚げされる白鮭』のことなんですよね。そして、一般的にはちょっと特別で割高なイメージ。

特に北海道で漁獲された時鮭は、なかなかの高値で販売されています。というのも、時鮭は卵や白子を持たないので脂ののりが良く、秋鮭とはまた違った味わいがあるからです。




ちなみに、時鮭は一般的にロシアで生まれた鮭が北海道に回遊してきた鮭のことを言います。つまり今回購入した鮭は、いわゆる『時鮭』とは違い、日本に回遊する前にロシアで漁獲されたもの、ということになります。

もしかしたら、日本まで回遊しない分『脂ののり』に違いがあるのかも知れませんね。

どんな鮭?

相変わらずの分厚さ半端ないコストコの鮭、迫力があります(笑)。ご覧のように、身の色が淡いピンク色をしていて、時鮭らしい色をしています。明らかに紅鮭や銀鮭とは色が違いますよね。

これが1番の特徴で、あとは味が少し淡白なところと言われています。さて、この時鮭は特徴通りの味なんでしょうか?

どんな味?

実際に焼いて食べてみると、

  • 身は程よく柔らかで塩分控えめな味
  • 脂ののりは、1部を除いてさほど強くない




という印象を受けました。ちょっと想像していたのとは違いました(苦笑)。おいしいのですが、銀鮭ほどの脂ののりがない背の部分とクドイほど脂がのったハラスに近い部分の差が大きく、足して2で割りたい感じでした(笑)。

 

うん・・・

 

普通の味です(笑)。

 

すごくおいしい鮭だわーとは思いませんが、普通においしい鮭ですよ。

まとめ

夏の鮭『時鮭』は、漁獲数が少ないためあまり出回らない商品。いつもの秋鮭とは違った味わいを楽しめるもの、という位置づけでは満足できるものでした。

ただ、味はおいしいものの、身の脂のりが少ない部分と多い部分があり、全部食べきった時に「ああ、おいしかったー」とはならなかったのも事実。

とは言え、背の部分をカットしてフライにすれば最高においしいだろうし、トロトロと脂が多めの腹に近い部分を焼いてごはんにのせれば、それだけでいくらでも食べられそうな味なので、うまく調理分けすればさらにおいしく食べられる鮭だと思います。

家族の感想も同じようなものだったので、リピ買いはないかなーと思っていますが、100g単価が1番お安いのでその点は魅力です(笑)。

また、今回出会った『時鮭』はコストコに新登場したばかり。スタッフの方に伺うと、今後定番化するかどうかはわからず、期間限定の販売になるかも知れませんとのことでした。

ということで、ちょっと気になる人はお早めにどうぞ。味は間違いなくおいしいのでぜひ食べてみてください。

おすすめ度:★★★☆☆