粉々シリアルのおいしい食べ方“チョコクランチ”

じゃ〜〜ん

 

さて、これは何でしょう?

そうです! このグラスに入っているのはフルーツグラノーラです。

朝食用によくシリアルを買うのですが、いつも最後に残る粉末状シリアル(元は違うけど)が食べにくいなーと思っていたのです。粉々になったシリアルって口の中でもさもさしますよね、あれが苦手。

だからそれをごまかすように、ヨーグルトにかけて食べたりしていたのですが、でもある時からチョコクランチにしちゃえば、パクッと食べられるじゃん! と気付き、ちょくちょく作るようになりました。

レシピ

材料(8〜10個分)

  • 好きな粉々シリアル・・・50g
  • 板チョコレート・・・1枚(ブラックでもミルクでもお好みで

作り方

  1. 耐熱容器に手で小さく割った板チョコレートを入れ、500Wのレンジで約1分30秒温め、溶かします。
  2. 溶けたチョコレートにシリアルを加え、スプーンなどでよく混ぜます。全体にチョコレートが混ざればOKです。
  3. オーブンペーパーの上にスプーンですくって丸いかたちに置き、そのまま冷蔵庫で冷やして固めます。

あっという間においしいおやつが完成しましたー!

見た目の雑さとごろっと感がまさにハンドメイドという感じですが、息子達はおいしければ何でもいいらしく速攻でなくなっていました。

フルーツ入りじゃなくシンプルなコーンフレークだけで作れば、お手製チョコフレークも簡単にできちゃいますね。今回は50gずつで作りましたが、シリアルとチョコレートは1:1の割合がちょうど良いんじゃないかと思います。

牛乳をかけて食べるには粉々になりすぎているなーと思ったら、チョコクランチを作ってみませんか? おすすめの消費方法ですよ(笑)!

>>もっと沢山のシリアルが残ってしまったら、こんなものも作れます。

\follow me!/