コストコは今チョコレートパラダイス!?GODIVA マスターピース(アソートメント)が登場です

家にチョコレートを欠かさない我が家。先日購入したデラファーレのチョコレートもおいしくてあっという間になくなってしまいました。

>>コストコにチョコレートが勢揃い!ベルギーチョコ“DELAFAILLE”を購入

というわけで、新たにチョコレートを購入すべくコストコへ(笑)。クリスマス用チョコレート売り場に行ってきました。

すると、うれしいことに前回よりもチョコレートの種類が増えていたのですー!もうわんさかチョコレートが並んでいたのですよ(笑)。

その中から、今回は久しぶりにチョコレートの定番『GODIVA・ゴディバ』のチョコレートを購入しました。

ゴディバ マスターピース 45個入り 1,578円(税込)

こちらの商品はチョコレート1粒ずつが個包装になっているので、ちょっと便利なのです。ガラスのキャニスターに入れて飾ってもいいし、友人とシェアだってしやすい。小分けしてプレゼントにしてもいいですね。

ゴディバって?

ところで、ゴディバと言えばベルギー王室御用達チョコレートとして有名ですね。昨年創業90周年を迎えた老舗でもあります。

生まれもベルギー・ブリュッセルで、その第1号店は世界遺産グラン・プラス広場で営業を続けています。ところが、現在はトルコの大手企業(ウルケル・グループ)の傘下に入っているのです。知っていましたか?

ベルギー生まれのメーカーなので、全てベルギーで作られているチョコレートだと思っている人も多いかも・・・。ところが、実際は違うのです。いろんな国で作られているんですよ。

ちなみに、トルコ企業の前はアメリカのキャンベル社の傘下だったので、日本にもアメリカ産のゴディバチョコレートが出回り『甘ったるいゴディバ』を食べて、「あれ?これゴディバ?」と感じた人もいるかも知れません。明らかにベルギー産のものとアメリカ産のものは味が違いましたから。もちろん価格も違いました。

余談ですが、キャンベル社に買収されたときには、ベルギー本国の人から「ハートを売った」と言われたんだとか・・・(苦笑)。

ということで、今回購入したこちらのゴディバも原産国がトルコ(=個包装)ということで、価格もお安いのです。

なんと、1粒35円ですよーー!安ーーい。

私のイメージとしては、基本的にトリュフ類はベルギー産・板チョコや個包装されたものは海外産という感じです。

ただトルコ企業の傘下に入ってからは、より本場ベルギー産ゴディバの製法に合わせて作られているとかで、お味も本場ゴディバに近いのだとか。

うーーん。ちょっと期待してしまいます(笑)。

トルコ産ゴディバの味

さて、トルコ産マスターピースのお味はどうなのでしょう?

まずは箱を開けると、個包装のゴディバがこんな風にドサッと入っていました。

取り出すと、3種類の味ごとにパッケージの色が違っています。

  • オレンジ・・・キャラメルをミルクチョコレートでコーティング
  • ブラック・・・ダークチョコガナッシュをダークチョコレートでコーティング
  • ゴールド・・・プラリネをミルクチョコレートでコーティング

チョコレートにはゴディバの刻印があったり、ライオンのモチーフがデザインされていたり、オイスターの形だったりしてかわいいです。

ではでは、恒例の断面をどうぞ。

しっかりとキャラメルやガナッシュが入っていますねー。おいしそうです。

では、実食。

 

おお、どれもおいしいーーー!

 

ゴディバ特有の濃さと甘さはありますが、おいしいです!

キャラメルに関しては、かなり甘さが倍増している感じはありますが(笑)、でも口の中に残ってしつこい感じはありません。少し余韻があり、そのあと消えてなくなります。

ダークチョコレートは文句なし!

プラリネに関しては、肝心のプラリネの味がミルクチョコレートの味にかき消されている感があり、3種類の中では1番残念な味です。それでもやっぱりおいしいのですが。

さすがはゴディバ。これはいい!

それに加え、1粒のサイズ小さめなところもいい(笑)!

ゴディバのトリュフ系はそれなりのサイズがあり、ひと口で食べるには躊躇してしまうのですが、こちらのマスターピースは、それと比べると若干小さくパクッとひと口で食べられるサイズですよ。厚みがうすいのです。(上記写真参照)

つまり、価格もサイズも手頃感があるということですね!

これが1粒35円ですから、気軽に食べられるんじゃないかと思います(笑)。と言っても、市販の板チョコに比べたら高いのですが・・・。

この商品もクリスマスシーズン限定の取扱いかも知れません。食べてみたいなと思う人はお早めにどうぞ。ゴディバの商品は他にも数種類あったので、そちらもぜひチェックしてみてください。

原産国を見ると、おおよその味が想像できるのではないかと思います(笑)。

おすすめ度:★★★★☆