コストコ大容量ビーフ活用レシピ“牛肉のしぐれ煮”

先日ご紹介したコストコのアメリカ産チョイスグレードの牛切落とし肉、カレーに使っても柔らかくておいしかったー!

>>最近のお気に入り!コストコ“アメリカ産チョイスグレード ビーフカタロース切落とし”でホットドッグを作る

調理法を選ばずおいしく食べられるなら、牛肉メインで味わえる料理に使おう!ということで、久しぶりにしぐれ煮を作りました。

しぐれ煮ってなに?

ところで、しぐれ煮ってどんなものか知っていますか?そんなの知っているよ!と言われそうですが、一応知らない人(我が家の息子とか)のために説明すると、

佃煮です(笑)。

もともとはハマグリで作られた醤油ベースの生姜入り佃煮をしぐれ煮(時雨ハマグリ)と呼んでいたようですが、現在ではアサリや牛肉などいろいろな素材で作られたものもしぐれ煮と呼んでいます。

海苔の佃煮や昆布の佃煮など、ふつうの佃煮も好きですが、生姜が入るだけでガラリと味が変わるしぐれ煮はもっと好き(笑)。すこし食欲がないときでも食べられるんですよね。

また、濃いめの味付けはお弁当のおかずやおにぎりの具材にもぴったり!作り置くこともできるので、多めに作っておくと重宝します。・・・と言いつつ久しぶりに作ったんですけどね。

とにかく、作り方は超簡単!

だれもが失敗せずに作れるシンプルさ!では、簡単牛肉のしぐれ煮レシピをどうぞ。

材料(作りやすい分量)

牛肩ロース切落とし・・・300g(部位はお好みで)

生姜・・・40g

醤油・・・50ml

砂糖・・・大さじ3

酒・・・大さじ3

みりん・・・大さじ2

  1. 牛肉は切落としを使うので、軽くほぐしておきます。もしくは3〜4cm幅にザクザクと切ります。
  2. 生姜は皮をむき、太めの千切りにします。
  3. 鍋に調味料と生姜を入れて火にかけます。フツフツと沸騰してきたら牛肉を加えて中火にします。
  4. アクが浮いてきたら取り除きます。
  5. ときどき混ぜながら、水分がなくなるまで15〜20分ほど煮詰めれば完成です。はじめは色がイマイチですが、水分がほぼなくなってくると照りが出てきます。

市販のもので、たまに醤油味が濃すぎると感じるものがありますが、このレシピの味付けはごはんによく合うと思いますよ。ぜひ作ってみてください。

それと、個人的に生姜は歯応えが残っている方が好きなので太めにしていますが、細く切ってももちろんOK。お好みで変更してください。

まだまだ暑い日が続きそうです。しっかり食べて体調管理をしたいですね。

 

こちらの記事もどうぞ!