非常食におすすめ!“ノザキのコンビーフ”

我が家がローリングストック法を取り入れているのは、以前から何度か書いていますが、今日は最近追加したものの中でおすすめをピックアップ。それが、こちらです。

川商フーズ ノザキのコンビーフ 4缶(100g×4) 1,068円(税込・2019年11月)

この特徴ある缶詰を見ると、昔小さかった頃「開けさせて!」と母に頼んでやらせてもらった記憶が蘇ります(笑)。

みなさんご存知のように、コンビーフの缶は普通の缶切りで開けるのではなく『巻き取り鍵』で開ける仕様。これが子供の私には楽しかったんですよ!

これです!

ただくるくると巻いて開ける単純作業なんですけどね、きれいに巻くことに一生懸命になっていました。

きっと私と同じように、楽しい開け方だと思っている人も多いはず(笑)。便利なプルトップタイプに比べると、明らかに危険なんですけどね(苦笑)。それでも現在までこのタイプが残っているのは、根強いファンがいるからでしょう。

*製造設備の老朽化のため、2020年3月『巻き取り鍵』の缶から新しいパッケージに変更。買い置きするなら今のうち(笑)?(2020.1)

ノザキコンビーフnew出典:https://www.jiji.com/

100%ビーフのコンビーフ

今回購入したノザキのコンビーフは、もちろん牛肉100%。オーストラリアやニュージーランド産の牛肉で作られています。ちなみにコンビーフと呼べるのは牛肉で作られたものだけで、他の肉で作られたものはコンミートと呼ばれ区別されています。

そもそもコンビーフというのは、昔から海外で保存食として食べられている塩漬け牛肉のことで、ほぐした牛肉=コンビーフというわけではないんですよね。つまり、塩漬けした牛肉なら大きな塊だってコンビーフになるのです(笑)!

まぁどっちにしても、コンビーフは保存食!!

缶詰なら長期保存ができ(ノザキのコンビーフは3年間保存可能)、独特の味ではあるものの開けるとそのままでも、加熱しても食べられるので、今回非常食としてストックしておくことに決めました(以前は非常食にしようという考えはなく、4缶も多過ぎると購入を控えていました・笑)。

お気に入りの食べ方

コンビーフは牛肉なので、基本的にはどんな料理にも使え、おいしく食べる方法は色々とあります。炒め物や丼物などに使ってもいいし、あんかけにしてもおいしい。

でも今日は久しぶりに購入したので、大好きな『コンビーフハッシュ』を作りました。

海外では缶詰もあるくらいメジャーなコンビーフハッシュは、小さく切って茹でたじゃがいもとコンビーフを一緒に炒めたもののこと。とっても簡単に作ることができる料理です。

が、

手抜きしたいので、茹でるのも省略(笑)!

小さめに切ったじゃがいもを使えば、コンビーフが焦げる頃には火が通って食べられる状態になっています(笑)。

コンビーフは卵との相性も抜群なので、こんな風にハムやベーコン代わりに使ってもOK。パンを添えれば立派な朝ごはんになります。

まとめ

ローリングストックに加えるために購入した『ノザキのコンビーフ』は、久しぶりに食べると100%ビーフならではの旨味と柔らかな食感が楽しめるおいしいものでした。

今まで滅多に食卓にのぼらない食材だったのですが、ローリングストックに加えたからには、今後は他のものと同じようにローリングさせつつ消費したいと考えています。

コストコではローリングストックに向いた食材が色々と揃っているので、万が一の災害時に慌てないようにしたいと考えている人は、ぜひ活用してほしいなと思います。

近年全国で災害が多く発生しているので、普段からの心づもりが本当に大切だなと痛感しています。我が家に小さい子供はいないもののペットがいるし、成長した息子達はそれぞれ家以外のところにいる時間が長くなりました。

家族が別行動している時こそ、何かあった場合はどうするのか? ということを話し合っておく必要がありますね。先日の救急車騒ぎではないですが、やはり未来は何が起こるかわかりません。常に備えておきたいなぁと思います。

おすすめ度:

*Twitter では、リアルタイム情報をつぶやいたり、最新記事更新のお知らせなどをしています!
follow me, please
* Pick Upした商品は、Instagramで!
follow me, please

logo1
logo
new logo 3
new coupon
mask logo
pharmacy
\follow me!/