コストコで買った韓国フード!“bibigo(ビビゴ)クリスピー チーズハットグ”

2月4回目のコストコショッピングで買っていた『クリスピー チーズハットグ』を食べてみました!

bibigo snack

CJ bibigo(ビビゴ) クリスピー チーズハットグ 480g(80g×6本) 948円(税込・2021年2月)

初めて見かけた時、アメリカンドッグ? と思ったのですが、チーズが入っているしちょっと違うなーと。

調べてみたら、『ハットグ』は直訳すると『ホットドッグ』という意味で、どうやら韓国風のアメリカンドッグのことらしい。

日本では、東京のコリアンタウンから流行り出したようで、中の具材はソーセージやチーズなど様々。また衣にじゃがいもをまぶして揚げるバージョンが大人気なんだとか。

今回購入した『ハットグ』も、衣に玄米とじゃがいもが加えられているようなので、まさに流行りの『ハットグ』っぽい商品なのかも知れません。

実際に食べてみると、確かにかぶりついた瞬間クリスピーでした! 今まで食べたことがありそうでなかった、そんな感じの食感でした。

ただチーズは入っているけれど特別な味というわけではなく、衣のクリスピー&もっちり食感が楽しめるタイプのアメリカンドッグだなと思いました。

どんなもの?

hatgu

この『ハットグ』は冷凍商品。中には個包装の『ハットグ』が、全部で6本入っています。1本のサイズ(串部分省く)は、およそ12〜12.5cmほど。大き過ぎず小さ過ぎない感じです(笑)。

 

チーズハットグの特徴

  • 24時間低温熟成させたもちもちの生地
  • ほんのり甘いメープルシロップの隠し味
  • 玄米とじゃがいもを加えた特製パン粉
  • とろ〜りとのびるモッツァレラチーズ
  • プリッとした魚肉ソーセージ

 

パッケージに記載されている特徴を見る限り、一般的なアメリカンドッグと違うところは、『特製のパン粉の使用』『チーズ入り』『魚肉ソーセージの使用』という3点のようです。

では、早速調理開始! 調理方法は以下の2種類です。

 

  • 電子レンジ(時短調理)・・・袋から取り出し耐熱皿に乗せ、ラップをかけずに温める。1本の場合500Wで2分。
  • 電子レンジ&オーブントースター(カリカリに仕上げる場合)・・・まずは上記の電子レンジの方法で温めてから、180℃に予熱したオーブントースターで3〜5分焼く。

 

普段なら楽さ優先でレンジ加熱のみにするところですが、クリスピーさが売りのようなので2段階調理にしたいと思います(笑)。

レンジ

Microwave oven

レンジから取り出した『ハットグ』はふわふわ、そしてしっとりとしています。

レンジ&オーブントースター

toaster

ふわふわだった生地は、オーブントースターで焼くとこうなります。

違いが画像でわかりますか? 余計な水分や油分が飛んで、表面がサクサクになっているんですよ。

toaster2

 

いい感じ〜〜。揚げたてみたい!

 

これだけ仕上がりに違いが出るなら、よほど時間がない場合を除いては『電子レンジ&オーブントースター』調理がおすすめかも知れません。

cheese hatgu

中のモッツァレラチーズは、こんな風にしっかりととろけていました。

sausage

もう少し下でカットしてみると魚肉ソーセージだけが出てきました。

パッケージの商品説明でもあるように、モッツァレラチーズはトップだけに入っていて、串に刺さっているのは魚肉ソーセージのみとなっています。

 

原材料

・・・ミックス粉(小麦粉、砂糖、食塩、その他)・パン粉(小麦粉・じゃがいも粉・玄米粉・その他)・卵白粉(小麦粉、メープルシロップ)
・・・魚肉ソーセージ・モッツァレラチーズ
揚げ油(大豆油)/加工でん粉・ベーキングパウダー・調味料(アミノ酸等)・pH調整剤・炭酸Ca・香料・着色料(クチナシ・ビタミンB2)・イーストフード・酸味料・香辛料抽出物・甘味料(アセスルファムK)・(一部に小麦・卵・乳成分・大豆を含む)

 

どんな味?

ketchup

食べ方も色々な方法があるようですが、ホットドッグやアメリカンドドッグと同じようにケチャップやマスタード、マヨネーズなどをかけて食べるのが一般的なようです。もちろん、そのまま食べてもOK。

今回は初めてということで、まずはそのまま食べてみました。

 

まぁまぁおいしい。

 

思ったほど味は濃くなく甘くもないといった感じで、良い意味でクセがないなという印象を受けました。ただ、クリスピーさはバッチリで、衣の表面はサクサク、でも中は独特のもっちりさがありました。

生地UP

この食感は、いわゆるアメリカンドッグとは違い、ぎゅっと噛み締めなければいけない感じなんですよね。ちょっと表現するのが難しいんですけど、軽い生地ではないことは確かです。でもって、隠し味のメープルシロップは全く気付かないほど隠れていましたが、ふんわりと甘い生地でした(笑)。

次にケチャップをかけて食べてみました。

 

普通においしい。

 

チーズはとろりとしていておいしいし、魚肉ソーセージも・・・いやおいしくないかも〜(苦笑)。

魚肉ソーセージは元々あまり好きではないので、余計にそう思ったのかも知れませんが、この『ハットグ』の特徴でもある『プリッとした魚肉』の食感がどうも個人的にはイマイチでした。

何だろう、キュッキュッと噛まなければいけない感じで、弾力のあるかまぼこに近い食感でした。それがもっちりとした衣と合っているのかどうか私にはよくわからなくて(苦笑)。おまけに、食べ始めは問題なかったオイリーさも、途中からしんどくなってくる始末・・・。

おいしいけれど、沢山は食べられないなぁ。

家族にも食べてもらいましたが、「普通においしいよ」「イマイチかなぁ」「普通」といった感想しか返ってきませんでした。なので、恐らく我が家では今後リピ買いすることはないと思います(苦笑)。

後で考えると、食べ方が間違っていたのかもという気もしています。

テイクアウトで買って食べる時のように、熱々をパクパクと一気に食べる!! きっとそんな食べ方をしたら、オイリーさを感じる間もなく食べ切っていたのかも知れません。

とにかく、でき立ての熱々を頬張る! これに限ると思います。

まとめ

コストコで人気の韓国ブランド『ビビゴ』の新商品『クリスピー チーズハットグ』は、ユニークな衣とチーズ&魚肉ソーセージが手軽に楽しめる商品です。

サイズ的には小腹が空いた時や夜食、お子さんのおやつなどにちょうど良い感じ。それなりにボリュームがあるので、急いでいる時や忙しい時の食事の代わりとして食べるのもアリかも知れません。

パッケージ背面には食べ方も乗っているので、色々アレンジは可能。好みの食べ方を見つける楽しさもあります。

ただ、味的にはおいしいけれど特別感はないので、いつものアメリカンドッグの衣をクリスピーにしたものだと思うとちょうど良いかも(笑)。

『ハットグ』を知らない、どんなものか気になるという人は1度食べてみてください。

おすすめ度:

*Twitter では、リアルタイム情報をつぶやいたり、最新記事更新のお知らせなどをしています!
follow me, please
* Pick Upした商品は、Instagramで!
follow me, please

logo1
choco logo resize
mask logo
mark logo resize
costco logo resize
delica ranking resize
dish logo resize
bibigo snack
\follow me!/