コストコで買った冷凍食品“かねます 明石焼”

3月2回目のコストコショッピングで買っていた『明石焼』、やっとこさ食べてみたのでご紹介したいと思います。

akashiyaki

かねます 明石焼(関西風・国内製造) 8人前(6個×8袋入) 878円(税込・通常価格1,098円・2021年3月)

購入時に予想はしていたけれど、パッケージがそれなりに大きく最初は冷凍庫を圧迫(苦笑)。早く食べなければと思いつつ、他に食べるものがあるとなかなか食べられず、結局今頃になってしまいました(苦笑)。

実際に食べてみると、しっかりと出汁が感じられるおいしい『明石焼』でした。ただ1食分が6個と食べる前は適量だと思っていたのに、

そんなことはない!

かなりのボリュームがあり、味が単調という影響もあるかも知れませんが、完食するのは大変でした〜。

どんなもの?

akashiyaki

セット内容は、6個入のパックと粉末だしがそれぞれ8つずつ。

食べる時は『明石焼』の方をパックごとレンジで加熱(切り口部分を3cm開ける必要あり)、粉末だしの方にはお湯 130mlを加えて混ぜるだけと簡単です。

以前ご紹介した『たこ焼き』もそうですが、レンジ加熱だけで食べられる手軽さはやっぱり魅力ですよね〜。

akashiyaki2

これが温め完了した『明石焼』。

まさしく明石焼ですよ!! この黄色い卵カラーはやっぱり『たこ焼き』とは違いますね。

私が生まれて初めて明石焼を食べたのは、かなり小さい頃だったと思いますが、それでも「なんて柔らかいんだろう」と感動した記憶があります。

そのせいか、高校時代に友人達と「どっちが好き?」という話になった時、周りは「それは、たこ焼きでしょ。」と言う中、私は「いやいや、明石焼の方がおいしいよ」と言っていたくらい(笑)、中身は同じ『タコ』でも少し別格なイメージがあったのです。

akashi

製造している『かねます』は、明石焼の本場兵庫県明石市ではなく、大阪府東大阪市にある会社です。1990年より冷凍お好み焼を大量に生産できる設備開発をスタートさせ、後の1992年に会社を設立しています。

設立当初は市販用・業務用の冷凍お好み焼きを製造販売していましたが、2000年より中国の協力工場で明石焼の生産もスタート。2008年より国内製造の『明石焼』の生産もスタートさせています。

今回購入した『明石焼』は、国内製造の限定商品となっているので、恐らくコストコや業務用品を取り扱うスーパーなどでのみ販売されていると思います(コストコだけかも?)。

 

原材料

たこ焼・・・鶏卵・たこ・小麦粉・植物油脂・風味調味料(かつお節)・醸造酢/調味料(アミノ酸等)・加工でん粉・トレハロース・増粘剤(キサンタン)・着色料(クチナシ)・(原材料の一部に小麦・卵・乳成分・大豆を含む)
粉末だし・・・ぶどう糖・食塩・かつおぶし粉末・混合ぶし粉末(かつおぶし・さばぶし)・植物油脂/調味料(アミノ酸等)・酸味料・(一部にさばを含む)

 

akashiyaki5

こうして出汁に浸けて食べるわけですが、実は6個の内2個が、ちゃんとお箸で持つことができずポロポロと崩れてしまったのです。もしかしたら、レンジでの加熱ムラが原因なのかも知れませんが、かなり食べ辛かった(苦笑)。

octopus

中のたこはこれくらい。パッケージ画像とは大きく違い、どこ? と探してしまうほど小さいです(苦笑)。

明石焼を浸す『粉末だし』は、画像のように溶けきっていないのか底に少し残った状態でした。インスタント麺でよくある感じです。ぐるぐると何度も混ぜてみましたが、規定量のお湯ではこれが限界でした。

もしかしたら、これで正解なのかな(笑)?

どんな味?

しっかりと出汁が効いていて

 

おいしいです。

 

卵がたっぷりと使用された生地は、ふわふわと柔らか。欲を言えば、ポロッと崩れることのない程度の弾力が有れば良かったかなとは思いますが、味は文句なし。

食べる前は、1人前6個だしそれくらいなら食べ切れると思っていましたが、『明石焼』や浸け出汁の両方がかつお風味ということもあり、食べていると段々味に飽きてきてしまって(苦笑)。

何と言うか、ひたすらだし巻き卵を食べているような感じなんですよ。それに、見た目以上にボリュームがあるし。最後は、正直キツかった。

食べ終わってから、途中で胡椒をかけたりネギをたっぷり加えて『味変』すれば、もっと食べやすかったかも!? と思いましたが、時既に遅し。次回食べる時は、忘れずに途中追加したいと思います。

家族にも概ね好評だったので、冷凍庫スペースと相談しながらリピ買いできたらと思っています。やはり小腹が空いた時に、レンジ加熱だけでOKな冷凍食品はストックしておくと便利ですからね(笑)。

まとめ

コストコの冷凍食品『明石焼』は、冷凍でありながらかなり本格的な味。レンジで加熱するだけで、出汁の効いた柔らかな明石焼が楽しめます。

加熱状態によって、若干『明石焼』の卵生地が崩れてしまうこともありますが、味は誰もが懐かしいと思えるかつお風味なので、大人から子供までおいしく食べられると思います。

普通のたこ焼きとは違い、ソースやマヨネーズなどで味変することはできませんが、ネギや七味や胡椒などをプラスして、違った味を楽しむのもアリだと思います。

『明石焼』そのものの味がだし巻き卵と似ているので、もしかしたら大根おろしやポン酢と合わせてもおいしいかも知れません。これも今度試してみよう(笑)!

明石市まで食べに行けない! という人は、ぜひ食べてみてください。

おすすめ度:

*Twitter では、リアルタイム情報をつぶやいたり、最新記事更新のお知らせなどをしています!
follow me, please
* 紹介しきれなかった商品は、Instagramで!
follow me, please

star1
mask logo
mark logo
costco logo
akashi
\follow me!/