コストコ新商品!“アジア茶房 濃香粒挽き黒ごまプリン”

先週のコストコショッピングで無事に買えた! とご報告した『濃香粒挽き黒ごまプリン』を食べてみました!

黒ごまプリン全体

雪印メグミルク アジア茶房 濃香粒挽き黒ごまプリン 12個 998円(税込・2021年1月)

今回購入した黒ごまプリンは、雪印メグミルクの『アジア茶房シリーズ』の一つ。他にはコストコに入荷中の『杏仁豆腐』と『マンゴープリン・杏仁マンゴー ・黒ごま白ごまプリン』の合計5種類があります。

スーパーには滅多に行かない私にとって、コストコに登場するデザートは激しく気になるもの(笑)。今回もまさか入荷するなんて想像もしていなかったので、見かけた時は大好きな「ごまだー」とテンションが上がりました。

ただ1ダース売りなので、見かけたからと言ってすぐには買えず気になりつつもスルー。帰ってから後悔〜(苦笑)。とにかく、無事に購入できてホッとしました。

次に行った時にはなかった。

というコストコあるあるは何度も経験しているのに、懲りない私です(笑)。

どんなもの?

黒ごまプリン2

この『粒挽き黒ごまプリン』、初代は2013年9月に発売がスタートしたようです。

なめらかな口どけ・たっぷり楽しめるボリューム・黒ごまの香り・ミルクの優しい甘みが楽しめる商品として登場したわけですが、その後の2016年には更に『粗挽きの黒ごまペースト』を使用することで、ごまの粒感をプラス、より黒ごまの風味が楽しめるようにとリニューアルされました。

ということは、粒々しているんだろうか?

と想像してしまいますが、実際はそんなことはなくツルんとしたプリンでした。

黒ごま表面

こんな感じですよ。粒っぽさは皆無です(笑)。色はしっかり黒ごま色ですけどねー。

すくった黒ごま

こうしてスプーンですくった感じは、『とろける杏仁豆腐』よりも少しザラついていて、コストコで販売されている『大豆まるまるおっとうふ』に近い感じがしました。

ツルんとしていて、トルゥっとした食感

そんな感じで、すごくなめらかです(なんじゃそりゃ! というツッコミはなしで・苦笑)。

 

原材料

糖類(砂糖・水飴)・乳製品・植物油脂・黒ごま/ゲル化剤(増粘多糖類)・乳化剤・香料・重曹・(一部に乳成分・ごまを含む)

 

どんな味?

カップアップ黒ごま

 

おいしいよー!

 

『とろける杏仁豆腐』もおいしかったけれど、こちらもおいしい。

封を開けてもさほどごまの香りはしなかったのに、ひと口食べてみると『黒ごま』らしい味がフワッと広がりました。ミルキーでしっかりとごま味のするプリンといった感じでおいしいです。

同じごま原料の『ごま豆腐』に比べると、断然軽い!・・・とここで初めて気付いた濃厚ではなく濃香ということに!!!

 

ええーーー、びっくりーー!

 

皆さん、私の間違いに気付いていましたか? (*購入品紹介での商品名は修正しました・苦笑)

そうか、そういうことだったのか!! ずっと濃厚粒挽きだと思っていたけれど、味が濃いではなく香りが深いプリンなんですねー!! だから濃香なんだ!

それならすごく納得(笑)。口に含んだ時の黒ごま風味から感じる香りは強いですから。でも、封を開けた時の香りは、マジでそんなに強くはないんですよ〜(笑)。

まとめ

コストコに新登場した『濃香粒挽き黒ごまプリン』は、黒ごま風味とミルク風味のどちらも楽しめるおいしいプリンです。

1個140gとそこそこボリュームがあるけれど、普通のプリンよりも軽くて食べやすく、気が付けば食べ終わっていたという感じなので、きっと大人から子供まで楽しめるプリンじゃないかと思います。

我が家では、どちらかと言うと『とろける杏仁豆腐』の方が人気があるんですけど、個人的には『黒ごまプリン』の勝ち(笑)。賞味期限が70日と長いので、冷蔵庫のスペースを圧迫しない程度にストックしておきたいなと思っています。

もしかしたら、既に完売しているかも知れませんが、再入荷の可能性も高いので、気になる人はぜひチェックしてみてください。

おすすめ度:

*Twitter では、リアルタイム情報をつぶやいたり、最新記事更新のお知らせなどをしています!
follow me, please
* 紹介しきれなかった商品は、Instagramで!
follow me, please

star1
mask logo
mark logo
costco logo
黒ごまプリン全体
\follow me!/