秋ですから。モンブランタルトを作りませんか?

少し前は寒い!と思っていたのに、ここ数日は夏に逆戻りしたような暑さです。うう、この気温差に体がついていかないですーー(苦笑)。

でも、暦の上ではすっかり秋ですからね。秋らしいものを楽しまなくては!

先日デパ地下をのぞいてみたら、食料品売り場には栗がたくさん!栗おこわや栗ようかん、栗きんとんやモンブランまでいろいろと揃っていました。

どれもおいしそー!食べたいー!

というわけで、早速モンブランを作ることにしました(笑)。ちょうど飾りに使えそうな栗を買っていたので、それも使います。

>>イタリアの栗

今回、簡単に作れるようレシピをアレンジしました。本来栗を茹でて裏ごししてクリームを作るのですが、なかなか大変なのでその作業は省きます!

代わりにお世話になるのは、サバトン(SAVATON)のマロンペーストです。このサバトンにはマロンクリームもあるのですが、モンブランを作るときは、ある程度硬さがある方が扱いやすいのでペーストを使います。

そして、いつものように材料はTOMIZ(富澤商店)で購入しました。製菓材料から乾物などいろいろ揃うので重宝しています。

>>TOMIZ(富澤商店)オンラインショップ

では、簡単モンブランのレシピをどうぞ。

材料(6号サイズタルト型1台分)

クッキータルト・・・1台

<マロンクリーム>

マロンペースト(サバトン)・・・240g(小1缶)

生クリーム・・・80ml

ラム酒・・・大さじ1

<メレンゲ>

卵白・・・1個

グラニュー糖・・・70g

<ホイップクリーム>

生クリーム・・・200ml

グラニュー糖・・・20g

飾り用栗・・・5〜10個

なかない粉糖(あれば)・・・適量

  1. ボールに卵白を入れて軽く泡立て、その後グラニュー糖を加えてかためのメレンゲを作ります。
  2. オーブンペーパーにメレンゲを取り出し、タルトの直径よりも小さめに形作り(上記写真参照)、100℃に予熱したオーブンで約2時間焼きます。焼けたらそのまま冷ましておきます。
  3. ボールにマロンクリーム用の生クリームを入れ、軽くとろみが出るくらいまで泡立てます。
  4. 別のボールにマロンペーストを取り出し、木べらなどを使って軽く混ぜます。そこに泡立てた生クリームを2回にわけて加え、その都度よく混ぜます。最初はペーストが硬くて混ぜにくいのですが、だんだんやわらかくなり混ぜやすくなります。
  5. だいたい混ざったところでラム酒を加え、さらに混ぜます。きれいに混ざったらモンブラン用の口金を付けた絞り出し袋に移しておきます。
  6. 新しいボールでホイップクリームを作ります。生クリームとグラニュー糖を泡立てしっかりとした硬さのホイップクリームにします。こちらも丸い口金を付けた絞り出し袋に移します。(面倒な場合は、そのままでもOKです)
  7. クッキータルトに冷ました焼きメレンゲをのせ、ホイップクリームで覆います。こんもり山型になるように。飾り用で準備した栗の半量を小さく切り、ホイップクリームに埋めるようにちりばめます。
  8. 次は全体を覆うようにマロンクリームを絞り出していきます。ぐるぐると円を描くようにでも線を描くようにでもどちらでも!
  9. 最後に残した半量の飾り用栗をのせ、粉糖をかければ完成です!冷蔵庫でしっかり冷やしてからどうぞ。

いつものことですが、絞り出しは苦手なのできれいなモンブランには仕上がっていません(苦笑)。でも、マロンクリームとホイップクリームと焼きメレンゲのコラボは最高ですよ!

混ぜる作業がなんどかあるのでいつもよりは手間がかかりますが、モンブランが仕上がるとやっぱり達成感があります(たとえきれいに絞り出せなくても!笑)。

そしてさらに手間をかけてもOKなら、クッキータルトにチョコレートを塗ってから焼きメレンゲをのせてもおいしいですよ。さらにクッキータルトを使わず底をスポンジケーキなどにすると食べやすくなります(笑)!

ぜひ、秋らしいモンブランを作ってみてください。

こちらの記事もどうぞ!