秋はやっぱり栗スイーツ!“簡単モンブラン”の作り方

毎年10月になると、必ず食べたくなるモンブラン。昨年も同じころにモンブランレシピをご紹介しているのですが、今年もまた作りましたよ!

>>秋ですから。モンブランタルトを作りませんか?

モンブランを手軽に作るには市販のマロンペーストがマストなのですが、残念ながら作りたいと思ったときにストックがなく、でも食べたい 作りたいのでストックしていたマロンクリームで代用しました。

やわらかいマロンクリームは若干扱いにくいのですが、それでもまた違ったモンブランが楽しめるので、良しとします(笑)。

ポイントは、混ぜる生クリームの泡立て方。それさえ守れば、おいしいモンブランができ上がりますよ。

サバトン マロンクリーム 250g 723円(税込・TOMIZ価格)

いつものように、製菓材料はTOMIZ(富澤商店)で調達したもの。このサバトンのマロン製品は、どれも味が濃厚でおいしいのです。お菓子作りには欠かせないアイテムです。

今日は、コストコで購入して作ったギラデリのブラウニーを土台に使いますが、スポンジやタルト、市販のクッキーなどで代用可能です。

それでは、簡単モンブランのレシピをどうぞ。

材料(6個分)

サバトン・マロンクリーム・・・1缶(250g入り)

生クリーム・・・50ml

ラム酒・・・小さじ1/2

チョコブラウニー・・・5cm角のもの3個

粉砂糖・・・適量(溶けないタイプ)

<メレンゲ>

卵白・・・1個分

グラニュー糖・・・50g

<ホイップクリーム>

生クリーム・・・70ml

グラニュー糖・・・5g

なんだか、この段階でチョコレートソースをかけてもかわいい気がする(笑)。そして、これがホイップクリームと混ぜたマロンクリームです。

硬さ加減の目安にしてください。

  1. メレンゲを作ります。オーブンを100℃に余熱スタート。
  2. ボールに卵白を入れ、メレンゲ用グラニュー糖10gを加えて泡立てます。残りのグラニュー糖を2回に分けて加え、しっかりと角が立つメレンゲを作ります。
  3. オーブンペーパーに6糖分したメレンゲを並べ、オーブンで90分焼きます。焼けたら冷ましておきます。
  4. 次に土台の準備。チョコブラウニーを厚さ1/2に切ります。表面の凸凹が気になる場合は平らになるように切り落とします。
  5. ホイップクリームを作ります。生クリームにグラニュー糖を加えてよく泡立て、九分立てにします。(泡だてすぎに注意)
  6. ボールにマロンクリームと泡だてた生クリームを入れ、ゴムベラを使って混ぜます(画像参照)。途中でラム酒も加えます(お子さんが食べる場合は省いてOKです)。
  7. でき上がったマロンクリームをモンブラン用口金をつけた絞り出し袋に入れ、絞り出す直前まで冷蔵庫で冷やしておきます。
  8. お皿に土台のブラウニー・メレンゲ(安定させたい場合は、少量の生クリームをつけてください)・生クリームの順にのせ、最後にマロンクリームを絞り出し、溶けない粉砂糖をかければ完成です。冷蔵庫でしっかり冷やしてからどうぞ。

不思議なことに、モンブラン用の口金を使うと、多少いい加減に絞り出しても

 

モンブランに見える(笑)!!

 

ね?

どこから見てもモンブランですよね(笑)。

完成したーーと思うとすぐに食べたくなりますが(私は!)、しっかりと冷やした方が食べやすいしおいしいので、必ず最低1時間は冷やしてくださいね。

それと、このマロンクリームはやわらかいので、絞り出すときは手早くするのがポイントです。時間をかけるとダラリと垂れてしまうので気をつけて。

ぜひ、栗のおいしい季節に作ってみてください。

 

こちらの記事もどうぞ!