フレッシュないちごで作る“ハードなストロベリークッキー”

桃のシーズンがやって来ましたね。つい先日も買い物に行くと、ドーンと店先に桃がずらりと並んでいました。

一瞬買おうかと思いましたが、その桃の横でシーズン終わりのいちごが窮屈そうに並んでいて(笑)。結局、小さい粒のいちごを買って帰りました。

今日は、そのいちごでジャム作りではなくお菓子作りをしたいと思います。いちごはデザートに使いやすく、我が家でも色々と作っていますが、今日はご紹介するレシピはクッキーです。

小粒のいちごで作りたい!ストロベリーコンポート

2016-01-10

おやつにいかが?とっても簡単“いちごのパンナコッタ”

2019-06-26

いちごのクッキーは、通常ストロベリーパウダーなどを使って手軽に作ることができますが、フレッシュないちごでも作ることができます。

仕上がりはハード系、卵を使わないシンプルなレシピです。

材料(作りやすい量・およそ30枚分)

いちご・・・100g(ヘタを取ったもの)

バター・・・60g

グラニュー糖・・・60g

薄力粉・・・200g

  1. いちごは洗ってヘタを取り、水分を軽く拭いておきます。
  2. フードプロセッサーに、冷蔵庫から出したてのバターとグラニュー糖を入れて混ぜます。つぶつぶ状態になればOK。
  3. そこにいちごを加え、さらに5秒ほど混ぜます。(混ざったのが上記画像)
  4. さらに薄力粉も加えて、全体がまとまるまで混ぜます。
  5. 混ぜ終わった生地は、かなり柔らかめ。扱いにくいのでオーブンペーパー などに打ち粉(分量外)をして取り出します。
  6. ひとかたまりにしたら、ラップに包んで冷蔵庫で1時間以上冷やします。
  7. オーブンを170℃に予熱開始。
  8. 冷やした生地を半分にし、それぞれオーブンパーパーの上にめん棒を使って、厚さ3mmほどに伸ばします。くっつきやすいので、打ち粉をしながら伸ばしてください。
     
  9. 伸ばした生地にフォークなどで穴をあけます。
     
  10. オーブン(1枚ずつ焼く場合は下段で)に入れ、35分ほど焼きます。
     
  11. 焼けた生地は完全に冷まします。冷めると硬くなるので、包丁で適当な大きさにカットします。この時、自然に割れますが気にしない。むしろ、それが狙い(笑)。チョコバーク風ですよ!

後味にほんのりいちごが感じられる素朴な味のクッキーです。マリービスケットやビスコを超硬くしたような味かな(笑)。画像ではわかりにくいのですが、一応断面はピンク色をしています。

このクッキーは天板に大きく広げて焼くだけなので、さほど手間はかかりません(生地の扱いやすさはイマイチですが・苦笑)。ぜひ作ってみてください。